FC2ブログ

【1260】111106 ハンドジャッキ改であのボードにチェンジ(前編)・・・(^^; 

さてさて、相変わらず、小ネタに加えて、細切れと・・・2ヶ月以上遅れていると、騒いでいながら何やらのんびりと・・・ってわけではないんです!・・・リアルタイムの現実世界で、毎日、時間がタイトなもんで、ついつい細切れに・・・(^^;

っと、さて置き、昨日のお話の最後・・・気になること・・・って何?

実は、ここの所、ず~っと気になっていたことがありまして・・・だから、何?(^^;

いやね、以前は、カリカリ系サウンドなんてほざく程に、ギターやチェロ、バイオリンなどの弦のエッジが立っていたんですよ・・・ザリッて感じで・・・

それこそ、ピーク時は、剃刀の刃のように、触れれば切れそうなくらいに聞こえていたんです!・・・

それがどうしたことか?・・・今の優しい頼りない実体感は!・・・

一体、いつからこうなったのんだろう??・・・毎度、変化が終わる前に次の変更を加えたり、同時に複数の変更を加えたりしちゃうもんだから、全然、思い当たる所を絞れなくて・・・(^^;

最近では・・・ひょっとしたら、プリアンプの管球をムラードに変えてからかな?・・・なんて思って、元に戻してみたんですが・・・

濃さや陰影はムラードの方がでる気がして、結構σ(^^)私好み・・・ところが、カリカリ度については、全然戻った気がしない・・・(^^;

なので・・・先日の拙宅オフ会でも体験した、丸棒調音材を1次反射面に置くと、音が丸く?(滑らか)になるからか?・・・SPの振り角とかのセッティングによるのか?・・・なんて考えて・・・

結局、SPの左右の壁の前に設置していた丸棒調音材は、この問題に気付かせてもらったオフ会以来、廊下がホームポジションに・・・(^^;

ってことは、丸棒調音材じゃなくて、SPの振り角のせいかな?・・・そういや、オフ会向けに振り角を浅くしたしなあ・・・

それじゃあと、平行に近かった所から、45度配置並みに内振り角を付けてみたんですが・・・やっぱり、そんなに大きな変化は起きない・・・

っとなると・・・機器のインシュレーターのせいかなあ?・・・

そうか!・・・そう言えば、御影石を敷く前、SPの下には、あのボードを敷いてたんだ!・・・

ってわけで、改造を加えた、自作ハンドジャッキの登場ってことに・・・

何せ、ほんの2週間ほど前、SP下のボードを変更したり、インシュの実験をし易くするために、追加の改造を施したばかりですから・・・

【1244】111015 ハンドジャッキに機能追加の改造!?・・・(^^; [2012/01/02]

前回の改造では、ジャッキの下に板を敷いて高さを稼いでいましたが・・・

今回は、このハンドジャッキに土台を追加して、リフト高を少し増やしまして・・・

【最新型ハンドジャッキでアップ】
1260-01ハンドジャッキで持ち上げ.jpg

最新型では、ここまでリフトアップできるようになりました・・・

もう少し、近寄って見ると・・・

【こんな感じで持ち上がります】
1260-02こんな感じで持ち上げます.jpg

こんな感じで持ち上がりまして・・・

この改造で、これまでの、御影石ごとリフトアップする機能に加えて・・・

SPのみを6.5cmほどリフトアップ出来るようになりました・・・6.5cm?この高さは・・・ムフフ(^^;

ってわけで、この状態で、ボードを引き出し・・・

【ジャッキアップしてボードを抜き取る】
1260-03ハンドジャッキで持ち上げボードを引き出す.jpg

こんな感じで、ゲルサンドした浮揚ボードごと、引っ張り出せるようになったわけです・・・

で、そうなると、懸案の確認をやらないわけにはいかん!・・・

ということで・・・っと、時間切れのため、今日はここまで・・・つづく(^^;

ってわけで、いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/1317-2cbb4e84