FC2ブログ

【1194】110918 拙宅オフ会Part1:(最終話)あれこれやり過ぎ何が何やら・・・(^^; 

あちゃ~!アップせずに寝潰れました・・・遅くなってm(_ _)m

さて、今回の出し物?のもう一つ・・・PCオーディオ?ネットワークプレーヤー?だったわけですが・・・さすがに、事前準備不足がてきめんに・・・最初の音出しから数分でトラブル発生(@@;

ここでは、ALIX3D2+VoyageMPD&XMOSの出力を、ストレートにするかDSIX(10.5世代)を入れた方が良いかを聞いていただこうと思ってたんですが・・・切替えたら、いきなり音が出なくなっちゃいました・・・

PCオーディオは、まだそれがあるからねえ・・・そうですね、ちょっと機嫌を損ねると、なかなか解決しなくて・・・と、皆さんのコメント・・・

まあ、弄らなきゃエンドレスでも再生できるんですが・・・それでは、出し物?として・・・(^^;

しばし、USBケーブルの抜き差しや、DDCの電源ON-OFFしたりしたんですが・・・鳴りません・・・

光(TOS)だと音が出るのに、DSIX経由だと出ない・・・で、ALIX3D2+VoyageMPDの電源OFF-ON

で、やっとDSIX無しなら、コアキシャル出力で音が出るようになった・・・

っと、Rayさんが・・・最初と接続とか変えた?・・・最初は響きが物凄く付いて広がってたのに、今は普通に聞こえるんだけど、接続は何か変えたんですか?と・・・

何故でしょう?なにも変えていないんですが・・・(汗
(この時は分からなかったんですが、おさらいしてて気付いたのは・・・最初は、naskor邸でも話題になった大貫妙子のUTAUの四季・・・冒頭のピアノの強いリバーブの所から聞いたのに対して・・・再開後は、大貫妙子のストレートな録音のボーカルの所から鳴り出したので、ガラッと印象が変わったんじゃないかなと・・・それとも、ひょっとすると、ずっと動き続けてっ微妙におかしくなりかけて、エコーが付いてたVoyageMPDが、再起動で、動作が軽くなって、普通の音になった?・・・よう分かりません(^^;

だけど、こう言うPCオーディオを、海苔巻君(波動SPもどき)で鳴らすと、かけかえも要らないし、ずーっと聞いていられるので、BGM的に聞くのにはいいよね・・・とのコメントが・・・確かに、非常に楽に癒されるのではないかと思います・・・

と、ここで、送出しをUX-1に代えて、同じ大貫妙子のUTAUから四季をCDで再生・・・

はあ、全然違うなあ!・・・これは、どちらが良いという問題じゃないね・・・もう、好みやね・・・と、皆さんからコメントが・・・

これまでやってた普段使いのPCで、何ら手を加えずに再生するのでは、ここまでの音にはなりませんが、このVoyageMPDでは、労せずして、ある程度聞けるレベルに・・・ま、このVoyageMPDは、知人による相当のシェイプアップ(無知ゆえ良く分かりませんが、音楽再生専用のVoyageMPDから、OS側の不要な部分を更に削ってあるようです)がされているようなので、その分もあるのかもしれません・・・

で、再びPCオーディオに切り替え、同じ曲を再生・・・

こっちがPCオーディオの方ですね、響きが随分多いですね・・・とのコメントが・・・

σ(^^)私的には、リッピングの仕方や機器によるのか、うちの環境に限るのか、よくは分かりませんが、大雑把な印象としては、PCオーディオ全般に、響きが良く聞こえ、広がりが出る代わりに、真ん中が薄まる傾向があるのかなと感じています・・・何となく、どれもクロストークが減るような感じに聞こえるんですよね・・・

このボーカルなら、CDの方が実在感があって良いなあ・・・でも、こっちのPCオーディオの方も、これはこれで心地良いなあと思うし・・・ってコメントが・・・確かに、BGM的には、こっちの方が良いと思う人も多いと思いますね・・・

っと、Rayさんから・・この機器は、USBメモリに入れたファイルも再生できるの?との質問が・・・

出来るんですが、ALIX3D2が、USBのソケットは2口あるものの、コントローラーが1つしかなく、CPU能力も非力なため、USB-DDCとUSBメモリを繋ぐと、音的にはよろしくないと聞いてるので、真剣に比較してないんです・・・

で、試しにALIX3D2に音楽ファイルの入ったUSBメモリを挿して・・・手元のノートPCからデータベースのアップデートコマンドを、ALIX3D2に送ったんですが・・・

直ぐには、更新が完了しなくて・・・オフ会ゆえに、時間に追われ、あれこれ操作したこともあって、またまた音が出なくなってしまった・・・(汗

で、結局、ALIX3D2+VoyageMPDを立ち上げなおして・・・自作ラックの材質や厚みの話をしていると、急に音が出るように・・・

っと、ハイレゾは無いの?・・・とのコメントが・・・

と言うことで、確か雑誌の付録についてきたサンプル音源の高橋アキのピアノソナタを・・・今一、分かり難いって感じだったので・・・同じサンプルから、ストラビンスキーの春の祭典を・・・多分これは、96khz/24bitですと・・・あれ?外部クロック入れてるんで、DACで44.1に落としてる・・・

じゃあ、外部クロックを外して・・・同じサンプルの綾戸智絵のアメイジング・グレイスを96khz/24bitで再生・・・で、途中、外部クロック(自作ルビ)有りにすると・・・

無い方がいいね・・・入れたら、クッキリハッキリするけどね・・・無い方が、音の深みが出ている・・・とのコメントが・・・

やっぱり・・・どうも、うちの携帯の無線基地局払い下げのルビジウムは、癖が強く出るみたいで・・・外部クロック(自作ルビジウムクロック)を入れれば良いかと言われると、そうでもなくて・・・

PCオーディオは、クロック高いほうが良いんじゃないの?・・・最初の44.1より、96の方がよかった・・・とのコメントが・・

で、今度は、HDトラックスからダウンロードした192khz/24bitのリンダロンシュタットのWhats Newをルビジウム有りで再生してみる・・・これもいいですね・・・とのコメント

じゃ、ルビジウム無しで再生すると・・・演奏は、さっき(ルビジウム有り)の方がいいけど、声は、こっち(ルビジウム無し)の方が良い・・・とのコメント・・・

で、もう一度ルビジウム有りで再生すると・・・無いほうが自然というコメントと、あった方が良いというコメントに分かれる・・・

うちのルビは、どうもボーカルものは特に、中域の高いほうと高域にエッジが立つと言うか癖が付く気がするんです・・・これは、CDプレーヤーにこのクロックを入れたときも同じ様な傾向になって・・・

ってわけで、自作ルビジウムを外して、G-25UのみのクロックをDACに供給にして、再び192khz/24bitのリンダロンシュタットのWhats Newを再生・・・

っと、こちらの方が良いんじゃないんですか・・・とのコメントが・・・

どうやら、クロックは、重要なんですが、時間精度の高いものにしたら良くなるってもんではなくて、質の良いクロック信号を入れてやらないと駄目みたいですね・・・naskorさんちで、クロックの供給電源をスイッチング電源からリニア(トランス)電源に交換したら、滑らかな密度の高い音になったと言うのと同じで・・・ノイズの少ないクロック信号でないと駄目ってことなんでしょうね・・・だから、質の良いクロックなら、クロックを上げていった方が、濃くて滑らかな音になるような気がします・・・

っと、ラックから同じリンダロンシュタットのDVD-AUDIOが見付かったので、これをかけてみると・・・

さっきのハイレゾの方が音は良いですね・・・さっきの方が、鮮度感があるね・・・ちょっとこっち(DVD-A)は、薄っぺらい・・・とのコメントが・・・

ってことは、UX-1に外部クロック(ルビ有り)192khzを入れて再生して見ると・・・

無しよりは良くなったけど、さっきのハイレゾの方が音に深みがあった・・・こっちはさら~っとしてる・・・でも、こうやって比較して聞くからそうなるんで、これを単体で聞いたら、良いと思うけど・・・それより、今のDVD-Aのルビジウム有りは、癖が無かったけどどうして?・・・とのコメント・・・

あれ?ホンとですね・・・なんでかな?・・・今までCDの時しか聞いてなかったからかな?・・・まあ、DACへのクロック供給と、UX-1へのクロック供給の差ですかね?・・(@@
(この時、時間が無くて、原因は分からなかったんですが、ひょっとすると、前日のクロックジェネレーターとルビジウムの下にゲルを敷いたのが聞いているかも?・・・その時はPCオーディオの方だけで、以前より癖がましになったと感じてたんですが・・・UX-1では、もっと目立たなくなったとか?)

じゃあ、CDも見付かったんで・・・と、同じ曲をCDでルビジウム有りで再生・・・

っと、あまりにぶっ続けで、テーマも目的もなくやってたこともあり・・・選曲が今一違いが良く分からない状況になっちゃて・・・と、時間も無くなってきたので、これにて終了・・・

あちゃあ・・・やっちゃいましたね・・・お客様を置き去りに、あれもこれも、思いつくまま(^^;

いやあ、Rayさん、HYさん、naskorさん・・・ホントにスミマセンでしたm(_ _)m

じゃあ、最後に、3D映像だけ・・・って、おいおい!(^^;

で、結局、アバター3Dと、塔の上のラプンツエルのハイライトシーン・・・ランタンが目の前まで飛んできて、掴めるか?・・・って、これがやりたくて、3Dプロジェクターを入れたっていうシーンを体験していただいて・・・ようやくお開きに・・・

いやいや、ホントに、取り留めなく、長時間お付き合いさせて、申し訳ありませんでしたm(_ _)m

でも、お陰様で、色んな所で、新たに気付きや、課題の発見をさせていただいて・・・まだ、これを書いている今時点では、整理が付いてないことが多いですが、非常に有意義で貴重な経験をさせていただきました・・・ありがとうございますm(_ _)m

これに懲りずに、また遊んでやって下さいませ・・・よろしくお願いしますm(_ _)m

っと、少し長々となって来たので、最後は少々駆け足でしたが・・・拙宅オフ会Part1のお話は、これにてお終い・・・

明日は・・・ハハハ・・・Part1ってことは?・・・(^^;・・・でも、その前に、ちょっと準備・・・

ってわけで、いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/1249-412173ef