FC2ブログ

【1180】110918 naskor邸訪問:NS-DNI01効果体験(2)~響の色々・・・(^^; 

さて、相変わらず、全部入りの長々と捉え所の無いお話ですが、結局、いつも通り、タラタラ続きます・・で、・naskor邸でのオモシロ体験のつづき・・・

突如、HYさんが取り出した中村君の新製品・・・デジタルラインのアイソレーショントランス?NS-DNI01の驚きの効果・・・

一気に、PCオーディオに切り替えたように、フワッと空間が広がった・・・(@@;

と、Rayさんが・・・これの7曲目が、これに合うと思いますよと、出されたCDは・・・

【Engleskyts】
1180-01Engleskyts.jpg

こちらのEngleskytsというアルバム・・・パイプオルガンとコーラスのデュオだそうです・・・

冒頭、ヴァン~ヴァ~ンって、地底から湧き上がって来るような音が。何の音かわかっら無かったんです・・・いえいえ、再生音が、元の音と違うからというのではなくて・・・こんな音の出し方のパイプオルガンの演奏を聞いたことがなかったからです・・・

ある意味、先に聞かせてもらったツイマーマンの強烈なピアノの音のように、パイプオルガンのリードやパイプの先からでてくる音が、そのまま聞こえてくるような演奏・・・

それにしても、その響きがヴォワ~っと、部屋の前の壁より向こうへも・・・左右や上下からも・・・低音の響きが、教会だか、ホールだか分かりませんが、部屋全体に広がるような感じに・・・で、ボーカルが前壁のあたりの上の方に・・・

と、Rayさんが・・・これは、中二階で歌っているんで、高いところから声が聞こえて正解なんですとのことで・・・その感じがキッチリ出ているとのこと・・・これ、、NS-DNI01を付けた方が、合う感じがしますよねと・・・

いやあ、ほんとにそうですね・でも、NS-DNI01の効果なのか別としても、とにかくこのCD、凄いですね!・・・(@@

と、naskorさんが・・・これ、こいつ(NS-DNI01)を外したら、凄く寂しくなるんちゃうやろか?外したらどうなるんやろう?と、不安一杯に、取り外して・・・まず、Engleskytsを・・・

ほう!・・・ふわっとした空間の外側の音は減ったものの・・・出音自体の密度と実体感が増して・・・NS-DNI01装着した時より、響きの消えていくところが少し早く、小さくなった感じなんですが・・・どちらかというと、こちらの方が自然な感じが・・・

っと、皆さんからも・・・もわ~っとした響きは無くなったけど・・・響の質としては、こっちの方が自然ですねとかのコメントが・・・

ボーカルが始まると・・・こっちの方が、歌を歌っているところがハッキリして・・・ホール感は、こっちの方がある感じ・・・ボーカルの位置が、高いところだというのが、よりハッキリしたと・・・でも、空間は、随分小さくなった・・・

ただ、皆さん共に、どちらが良いとは言えないね・・・好みの問題になるでしょうねと・・・

まあ、この値段で、この広がる空間の方向が好みの人には、これだけ効果があれば、コストパフォーマンスは高いですねという結論に・・・(^^;

っと、お次は、Rayさんが・・・響繋がり?で、このCDを・・・

【色んな洞窟での演奏】
1180-02清水靖晃&サキソフォネッツのCELLO SUITES 4.5.6.jpg

清水靖晃&サキソフォネッツのCELLO SUITES 4.5.6. ってアルバムからの再生・・・

ほう!・・・なんと、心地良い響きの空間と、優しいサックスの音色・・・

なんでも、色んな洞窟でサックスの演奏を録ったCDなんだそうで・・・

っと、今度は7曲目を・・・

おお!・・・3~4mの距離まで近付いた感じ・・・結構近くで録っているみたいで・・・サックスの音がハッキリして、響きが取り巻く感じ・・・

で、また違う曲に・・・

ああ、今度は、最初と今のの中間位の距離で録っているのかな・・・洞窟の広さが分かる感じ・・・

これに、さっきの中村君(NS-DNI01)を付けたら、響きすぎるやろうねとのコメントも・・・

っと、お次は、もう1枚Rayさん持参のCDから・・・

【アーチー・シェップ・カルテット】
1180-03アーチィーシェイプカルテット.jpg

アーチー・シェップ・カルテットのトゥルー・バラードから再生・・・

おお!・・・洞窟の広大な響から一転、サックスをそこで吹いているかのような濃い演奏・・・ベースもピアノも程よいエコーのついたスタジオ録音ものなんですが・・・こう言う雰囲気・・・めちゃ好きですねえ!・・・なんか、ほっこりしますもの(^^;

Rayさんからは、いいじゃない!ベースもキッチリ締まって出てるしとのコメントに・・・naskorさんは、ラッパの音”らしい”音は出てますけど、”らしい”音ですと・・・

いや、充分、咽ぶようなサックスの音に、ドップリ浸れる素晴らしいサウンドだと思うんですが・・・ご自信の、こう鳴って欲しいという音ではないそうで・・・(^^;

と、ここでちょっと、お茶タイム・・・で、今日の時間切れ・・・m(_ _)m

ってわけで、つづきは明日・・・いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/1234-28941c84