FC2ブログ

【1177】110918 naskor邸訪問:調整用CD~ピアノの音は?・・・(^^; 

いやいや、naskorさんスミマセンm(_ _)m・・・お宅訪問の感想文のはずが、1ヶ月以上経ってから、おまけに自分ちの鳴り方の違いばっかり洗い出すようなお話になっちゃて・・・

でも、どうしても、今回、このおさらいをやって、キチンとφ(..)メモっとか無いことには・・・せっかく素晴らしいサウンドで、たくさんの大きな気付きをさせていただいたのに・・・それを活かせないままになりそうなので・・・(^^;

ってわけで、つじあやのに始まり、次々と聞き覚えのある曲を聞かせていただき・・・ああ、これが気配を感じらると言うことかと気付くと同時に・・・その録音やアレンジと言うかミックスの特徴?までが、凄く聞き分け易くなっているなと言うことにも気付き始め・・・

そんな気付きを感じるにしたがって、改めて、このシステムが、そういうところを、克明に出し切るように調整されているんだな・・・ということが分かって来たわけです・・・

で、そんな特徴を更に確認するべく、次にかけられた曲は・・・

【Bob Ravenscroft Trio】
1177-01Bob Ravenscroft Trio.jpg

Bob Ravenscroft TrioのIntersections 1 から・・・

ああ!このCD・・・何故かうちにあって・・・どこで、誰に聞かせてもらって手に入れたのかが全然思い出せなくて・・・(^^;

もろヨーロピアンジャズってところでしょうか?・・・何でも、naskorさんはこのところ、ヨーロピアンジャズにドップリだそうで・・・

っと、Rayさんが・・・低域がかなり良く出るようになったなと・・・前は、ウワ~ンって言う広がりの低域だったのが、低域としての量と位置を保って出て来るようになったとコメントが・・・

トラポのクロックの電源変更に伴って、音の調整をされた時、色々変えて聞かれた結果、個性は強いが、吉田苑さんのインコネが、一番楽しめるようになったとのこと・・・

確かに、ベースの音程が楽に聞き取れ、シンバルの感触が生々しい・・・ピアノも音が弄ってなくてとても自然に聞こえる・・・

naskorさんは、非常に録音も良いし、演奏に緊張感があるんで・・・ダラッと聞く時はそれなりで良いんだけど・・・真剣に聞くときには、緊張感のある演奏のものがお好みだそうで・・・

で、次は、naskorさんが調整の時使われるCDとのことで・・・

【maレコーディングスのCD】
1177-02maれコーディンクス.jpg

maレコーディングスのCDで、マイケル・ゴダードのアルバムから・・・

ジャケットに移っている楽器なのかな・・・豊かに心地良い音色に、シバンルを擦るような音・・・拍子木みたいな音や鈴の音・・・パーカッションの叩いた音と空間への響から、部屋のサイズを越えた音響空間・・・やはり、大前提、SNが高くて音が澄んでいる・・・

Rayさんから、これで、奥行き感も出ていますねと・・・naskorさん的には、まだ、足りないとお感じのようで・・・多少出てますけど、もちょっと出ると良いなと思っているとのこと・・・(^^;

カラカラってなる木か竹の楽器の質感、チ~ンと鳴る鐘の質感と余震が出るように調整しておられているとのことで・・・

お次は、amberさんのご紹介のCDだそうで・・・

【amberさん紹介の色んな鐘のCD】
1177-03amberさん紹介の色んな鐘のCD.jpg

amberさんから紹介を受けた、色んな鐘の音色が入ったCDだそうで・・・

鐘の音に続いて、教会での合唱なんですが・・・

Rayさんから、物凄く余韻が伸びるようななったね・・・鐘の音が消えていくところが、最後まできっちり聞こえる・・・前は、もっと刺激的な音だったとのコメント・・・

やはり、これも、トラポのクロックの電源の変更とインコネの変更の効果のようで・・・テンポがゆっくりになって・・・ゆっくりになると上質な音に聞こえると・・・音楽のテンポが、ゆっくりになって、物凄く聞きやすくなったと・・・

っと、Rayさんが、左のピアノの横のソファーに座って、ここの方が、位置関係が良く分かると・・・で、σ(^^)私も聞かせてもらうと・・・左のSPの音がピアノで遮られるからか?・・・フロントの奥行き感と、音の位置関係がよりハッキリ聞こえました・・・ちょっと不思議な感じ(^^;

う~ん、このどのポジションで聞いても、そんなに大きく音の印象が変わらないのは・・・うちは、やっぱりソファーがかなり邪魔をしている気がして来ました・・・

で、次は、naskorさんが、この少し前に、オフ会に行かれて、そこで非常に大きな刺激を受けられて、このシステムを再び調整され、大分鳴るようになって来たと、この曲を・・・

【大西順子のクルージン】885-01
885-01大西順子のクルージン.jpg

大西順このクルージンから、1曲目を・・・インコネを変えて、ちょっと左手の音が出るようになったとのことでしたが・・・

いやいや、十二分に鳴っているじゃないですか!・・・ベースの胴鳴りが聞こえたまま、ピアノの低弦もグッと沈んで聞こえるし・・・シンバルも気持ちよく伸びてるし・・・めっちゃご機嫌・・・

うちでは、とてもこんなに低域がしっかり出てませんし、こんなに鳴ってませんもの・・・って、うちと比べるなって?(^^;・・・いやあ、例のあのサウンドと比べる方はどうかと思いますが・・・(^^;

で、お次は、ピアノの鳴り方の違いを・・・と言うことで・・・

【内田光子のモーツアルト】
1177-04内田光子のモーツアルト.jpg

いやあ、naskorさんが、こういうCD(SACDのCD層を)を掛けられることが、何か、凄く新鮮な感じ(^^;

Jazzのピアノとの対比の意味でとのことでしたが・・・確かに、大西順子のダイナミックなピアノと比べると、弾き方も、録り方も、全く違いますね!

それにしても、そういう違いを、ホントに良く出す・・・キッチリ鳴らし分けるシステムですね!

っと、それじゃあ、ここからは、持参のCDをとのことで・・・

おっとっと・・・残念ながら今日は、これで時間切れ・・・

ってわけで、つづきは明日・・・いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/1231-3dd3743e