FC2ブログ

【1169】110913 XMOS2号機到着:ただの前フリ?・・・(^^; 

ところで、タイトルのXMOSってなんなの?っていう方もたくさんいらっしゃるかも知れませんね・・・

これは、簡単に言うと、PCオーディオをやる際、PCで再生したデータを、オーディオ用のデジタル信号に変換してくれるインターフェースでして・・・要は、PCをトランスポートにしてくれるアダプターってところですかね・・・

最近は、オーディオ誌にも、DDC(Digital to Digital Convertor)とか、USB-DDCとかって登場していますが、そのまんま、これに当ります(^^;

で、そのUSB-DDCの中身の、デジタル信号処理を行うLSI・・・DSP(Digital Signal Processor)になるのかな?に、XMOSという名前のチップを使った、開発用基板なので、σ(^^)私が勝手に、この基板自体をXMOSと呼んでいるわけでして・・・

実は、このXMOSと言うDSPは、製品版のUSB-DDCとして、192Khz/24bitに対応しているものの中でもメジャーな製品・・・フェーズメーションやラトックも採用しているそうです・・・

そう、ハイレゾソースのネットダウンロードが増えつつある今、とりあえず、192Khz/24bitに対応しておいた方が・・・って選択肢で探すと、USB Audio2.0に対応していれば、192Khz/24bitに対応しているそうで・・・

そんな中で、PCオーディオの変遷真っ只中の現在、一番手頃で手軽なのは?って物色した結果・・・コストを掛けずに、そこそこのクオリティーを出すなら、Linux系のOSを出来るだけシンプルに音楽再生に特化したものが良さそう・・・って、ところに辿り着きまして・・・

ま、その経過も含めて、σ(^^)私の情報源である音と戯れる会で、そのベース機材として、ビデオ(モニター)系の回路も省いた、ワンボードPCに専用OSと再生アプリ環境を組み込んでいただけるという企画がありまして・・・

これに飛びついたのが、今使っているALIX 3D2(先のワンボードPC)に、Voyage(先のLinux系OS)+ MPD(先の音楽再生アプリ)ってわけです・・・

その辺の経緯などは、こちらの過去記事と、その中のリンクを辿っていただくと・・・ぜ~んぶ、お分かりいただけるのではないかと思うんですが・・・

その辺のお話も全部ひっくるめて、タイトルのお話に直結する経緯がこちら・・・

【1124】110731 ALIX 3D2 & VoyageMPD あっちゃ~大失敗!XMOS燃えた・・・(^^; [2011/09/04]

この中の、リンクを辿っていただくと、上に書いた経過の、それぞれのお話に辿り着けるかと・・・

ま、それはともかく・・・そのお話の最後にある通り、このUSB-DDCであるXMOSのボードを燃やしちゃったわけで・・・

で、かみさんにお願いしまくって、ようやく再発注したXMOS・・・

【長かった到着までの日】
1169-01長かった到着までの日.jpg

ってわけで、あれから約1ヶ月・・・えっと、このお話のタイムスタンプから1ヶ月ということなので・・・リアルタイムの今日からだと、2ヶ月位前に再発注して、1ヶ月位前に到着したと・・・

で、せっかくなので、その中身を・・・

【評価ボードにしては、綺麗な箱】
1169-02評価ボードにしては綺麗な箱.jpg

って、最初にこのボードが届いた時と、ほとんど同じですね・・・(^^;

なので、勿論、その中身も・・・

【中身はまんま以前のと同じ】
1169-03中身はまんま以前のと同じ.jpg

最初の奴と、全く同じ・・・あ~あ、へまら無ければ、2つも買うことは無かったのに・・・

やはり、自作モノの動作確認は、単品ごとにテスターで確認してからでないと駄目ですね・・・(^^;

と、反省はしたものの・・・この頃、少々忙しくて・・・

この箱を開けて、ALIX 3D2のUSB端子に繋いで・・・S/PDIF出力のTOS(光)ケーブルコネクタとDACの間を繋いで、動作確認だけ・・・

無事、音が普通に出る事を確認して・・・ここでお終い・・・m(_ _)m

ってわけで・・・明日は、また、ちょいと与太話を・・・

いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/1223-f335eb6a