FC2ブログ

【1167】110910 フェルトチューン:空間の透明度が上がったような気が・・・(^^; 

多分、力感や躍動感は落ちていないと思うんだけど・・・空間の透明度が上がったような気が・・・

えっ?何やってるのかって?・・・前回のお話と同じ路線・・・フェルトで振動対策・・・

引き続き・・・知る人ぞ知る?Ge3アイテム「ケブタフェルトシール」の活用です・・・(^^;

何じゃそれ?ですが・・・

SPユニットの重心位置があるマグネットを下から支え(これを自立台と言う)、SPユニットのフレームが、マグネットの重みと振動で歪むのと、エンクロージャーへの取り付けネジの力で歪むので、そこから受けるストレスから、ユニットを開放するためのアイテムと言うことだそうです・・・(^^;

で、前回、自立台の上面に、ケブタフェルトシールを貼ることで、より効果的に、ユニットのストレスからの開放と振動処理が行えるように、改造を施したわけでですが・・・

その効果は、思いの外大きく・・・音像の発音体部分が、ポッと浮かび上がる感じが増し・・・

音の純度も上がり、特にセンターのボーカルやソロ楽器の浮かび方と言うか実体感が、結構増して・・・何か気持ち悪いほどの「なにか」が浮かび上がったようになったと大喜び!・・・

なので、うれしがって日記にアップしたわけですが・・・

ご覧になった皆さんの反応はやはり・・・そんな変なもので、まともな音が出るはずが無い・・・って感じですかね?(^^;

でも、喜んだ本人は、いつもの調子で、輪をかけて、次のお遊びへ・・・

ってわけで、新たなチューニング用アイテムを製作・・・

【ケブタフェルトワッシャー】
1167-01ケブタフェルトワッシャー.jpg

前回、自立台に貼り付けたのと同じく、Ge3の「ケブタフェルトシール」と言うアイテム・・・1cm×5cmサイズのフェルト・・・

これを1cm角に切り、センターに革細工用のポンチで穴を開け、これをワッシャーにする・・・

でもって、今回のターゲットは・・・

【ネットワークの取出し】
1167-02ネットワークの取出し.jpg

そうです!ネットワークが構成されているボード・・・

【表にワッシャー】
1167-03表にワッシャー.jpg

これが、エンクロージャーに木ねじ止めされているんですが・・・これを外して、このボードをサンドイッチするようにフェルトワッシャーを噛ませ・・・

【裏にもワッシャー】
1167-04裏にもワッシャー.jpg

再び、エンクロージャーにネットワークボードに取り付け・・・

って、何のことはない・・・・

【ワッシャーでサンドして取付】
1167-05ワッシャーでサンドして取付.jpg

単に、ネットワークのボードを、フェルトワッシャーで浮かせて、再度、エンクロージャーにネジ止めし直したただけであります・・・(^^;

で、うちのSPは、ツイーターとスコーカーが同軸ユニットなので、これ用のネットワークボードと・・・その下にウーファーが2本あり、これ用のネットワークボードが入っています・・・

【低域用ネットワークにもワッシャー】
1167-06低域用ネットワークにもワッシャー.jpg

で、もちろん、こちらも、同様にフェルトワッシャーでボードをサンドイッチして装着・・・

これまで、ユニットは、重心を自立台で保持することで、ユニットの固定を、15kg/m程度の軽いトルク(単に落ちない程度)で固定し、ユニットのフレームにストレスを与えないようにしてあり・・・

同時にユニットとエンクロージャーの間に、このフェルトシールを挟むことで、相互の振動を遮断しています・・・ほんまか?(^^;

ってわけで、この考え方を、応用して、エンクロージャーの振動がそのままネットワークボードに伝わるのを防いでやろうと、フェルトワッシャーでサンドイッチして取り付けたと言うわけで・・・

で、その音は?・・・効果は?・・・ってのが、冒頭の1行というわけで・・・

まあ、この、無理やり付けたような理屈からのプラシーボか?って気もしないではないですが・・・

次々CDを変えながら聞いていくと・・・やはり、静かに澄んだ空間がイメージできる感じに・・・

で、SNが上がった分、細かな音の変化も聞き取り易くすなった気が・・・

そんなわけで、ザックリ、空間の透明感が上がったようなサウンドになったかと・・・

今の所、ゲルで感じた音のピークが無くなったり、丸くなったり、力感がなくなったりすることも無いような気がするんですが・・・

果たして、実際はどうなのか・・・ま、その辺を誰かに聞いてもらえないかなと、SNSにこぼしてみたんですが・・・結果は如何に?(^^;

で、今日のお話は、これにて終了・・・明日は・・・久し振りにシアター系?

ってわけで、いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/1221-d6e27943