FC2ブログ

【1159】110828 daisuke邸訪問:拘りの機器達が奏でるサウンドは(中編)・・・(^^; 

さて、まずは前半、ポピュラー~Jazzを何曲か聞かせていただいて・・・

ハイエンド機器でのサウンドに、思いの音との方向違いでもあったのか?・・・送出しの可能性を最も引き出し甲斐のあるPCオーディオに転身され、日々こつこつと対策を積み重ね・・・遂には、驚く程にSNが高く、タイトで超高解像度なサウンドを実現・・・

そんな感じの印象を受けたわけですが・・・お次は、クラシックをと・・・

【マーラーの3番】
1159-01シカゴ響のマーラー3番.jpg

前回、Ray邸でかかって話題になったマーラーの3番をかけられた・・・

うおおお!・・・すごい!・・・冒頭の金管が壮大で朗々と鳴るし、弦もソリッドにはっきりと・・・グランカッサの打音~ホールへの響まで、凄くキチンと迫力を持って聞こえる・・・かっこいい!(^^;

と、Rayさんが・・・やっぱりこれは、オケラで合わせてはるよ、金管が物凄く安定して出ますね!これは凄いですよね、解像度も、音の安定感も・・・と、絶賛!

いやあ、確かに凄い!・・ポピュラーやJazzのときに感じた、中高域寄りの絵寝る犠飛ーバランスは、全く感じない・・・SNを上げて、カリカリに締め上げたことで、微細な音も克明に聞こえると同時に、おけ全体がクッキリ見えるようなサウンド・・・

っと、Rayさんが再び・・・あまりに解像度が高すぎて、Jazzは疲れる感じがするんですけど、クラシックの場合は、ホントにいいですね!SPの後にずうっと個々の楽器が広がって、音が安定してて全然疲れないし、弦もすごく綺麗・・・こう言うクラシックは憧れるなあ・・・うちのSPではこう言うなり方は絶対出来ないんです・・・と、再び絶賛!

いやあ、σ(^^)私もホントに驚きです・・・こんなに、細部と全体の両方が、どちらに気をもって言ってもキッチリ聞こえるなんて・・・積み重ねてこられた調整が、全て活きて、行き渡っているって感じですねえ・・・

実は、こちらで合わせてるんです・・・こっちのソースの方が解像度がもっと高くて・・・

【LSOのマーラーの3番】
1159-02LSOのマーラー3番.jpg

と、かけられたのは、LSOライブのマーラーの3番・・・SACDのCD層をリッピングしたものを・・・

ああ、めっちゃ滑らか・・・と、思ったと同時に、凄くやわかいねとコメントが・・・

こちらの方が、もっと奥行きがあって、澄んでいる感じがするんですと・・・

ああ、なるほど・・・SPより後方にオケが深く展開してますね・・・シカゴのは、全体に少し前に出てきてましたね・・・ホールの最前列近くと、1階席真ん中~ちょっと後ぐらいの違いなのかなあ・・・あ、金管のやかましくなるところを、かなり神経を使って抑えていると言うか、SNを上げて滲みも抑えている感じが・・・

と、Rayさんが、シカゴの方が解像度があるんじゃないの?と・・・

うん、シカゴの方は、音を締め上げ磨き上げて、粒子がクッキリ見えきっている感じで、LSOのは、更に音数が多いので、その粒子の間の少し後にも粒子があって、間が繋がっていると言うか、埋まっていて、滑らかに感じるような気がしますね・・・SACDの層で菊とそんな感じに聞こえる気がしますから・・・

次は、クラシックからまた戻るんですけど・・・Mt.T2さんがよくかけられてるギターをと・・・

【エリック・モングレイン】943-01
943-01やっと分かったエリックモングレイン.jpg

エリックモングレインのEquilibriumから1曲目をかけていただいた・・・

げっ!やっぱ、ビチバチ・・・このソースのオーバーデコレーションが、モロ分かりに・・・行き過ぎな感じ・・・痛くはないけど、SN上げて締め上げて・・・弦のトランジェントって言うより、金属の厚みのあるリボンを叩いてるみたいな・・・(^^;

と、続けては、フェイキーのファンタジーを・・・

ああ、やっぱりこう言う曲では、エネルギーバランスが中高域より・・・と言うか、声の下の方、中低域が相対的に寂しい感じ・・・中高域は猛烈なスピードで飛んでくるけど、中低域は遅れてくるから?・・・1K~2Kは程ほどだけど、3~4K辺りがきつい?・・・800~2K辺りににもアクセントが・・・スコーカーとツイーターの間辺りにじゃじゃ馬的なところがありそうに感じてしまう・・・でも、すごい音数だなあ!・・・相当苦労して、このやんちゃなところを抑えておられるような気がするなあ・・・

前のCDPの方が効きやすかったんでは?と訊ねたら・・・こっちは、今に比べるとクオリティーがが低くて、全体に被って、団子状態で、聞き辛かったとのこと・・・

っと、Rayさんが、オケラの時は、ツイーターとか悪さしてる感じは無いよね、ポップスとかの鳴り方と、全然雰囲気が違うよねと・・・

すると、Rayさんが、これをかけてと、USBメモリで、自宅でリッピングされたデータを・・・

その中から、高橋美智子のウルトラパーカッションの1曲目がどう聞こえるかと・・・

おお、金属を叩く音がめっちゃ鋭いトランジェント・・・金属を爪で引っ掻くようなゾクッと感まで・・・それにしても、細かな音までキッチリ出るなあ・・・コントラバスマリンバ?の音が部屋中を充満させる・・・音自体はボケずに、バスレフからの低音に部屋の壁が負けてる感じ・・・木琴を叩く、球のバチの硬さがリアル・・・凄すぎて、ちょっと聞き続けるのはしんどいくらい・・・(^^;

で、Rayさんが・・・これは、吸出しで、音が違うんじゃないか?と・・・同じUSBメモリにさっきのフェイキーが・・・

おお!これは、核心に迫るか?・・・って所なんですが、今日は時間切れ・・・

ってわけで、つづきは明日・・・いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/1213-9e02b803