FC2ブログ

【1146】110821 何も聞こえなくなった邸訪問:持参CDあれこれ試聴・・・(^^; 

ヤバイ・・・連休のオフ会疲れで、うたた寝が過ぎて、時間が・・・ちょっと短いですがm(_ _)m

さて、主となる掉尾音材の天井左右のコーナーの三角形のぱねるや、フロントSPの更に外側の「凛」パネルなど、女調音材を撤去してのサウンドを聞かせていただき・・・贅沢な音響空間から、随分ワイルドな音になって来ましたね、なんてコメントが・・・

で、昼食タイムとなり、大人数ゆえ、リビングとダイニングと、隣の和室に分かれてお昼をいただき、そこかしこで、それぞれ拘りのサウンドについてのお話を・・・

で、午後のメニューの最初は・・・まず、凛パネルを戻して・・・各自の持参CDを聞かせていただく

まずは、某サイトで史上最高の空間情報との紹介のあったCDとのことで、こちらが・・・

【史上最高の空間情報のCDとの噂は?】
1146-01空間情報満載のCDとのこと?.jpg

CDなので、ステレオ再生・・・コーラスの広がりが、上方から感じれはするものの・・・史上最高という言葉に当たるかと言うと・・・(^^;

次は、ハルモニアムンディの50周年記念BOXからの1枚・・・

【ハルモニアムンディのBOXから】
1146-02ハルモニアムンディのBOXから.jpg

非常にクリアなカスタネット?の音が、非常に心地良く・・・快感!・・・豊かな響と男声と女声の掛け合いに弦と太鼓の伴奏・・・続いて2曲目冒頭も・・・非常に心地良いサウンドですね・・・

同じBOXからオーボエコンチェルト・・・こちらも非常に解像度の高い、クリアな録音で、オーボエの音色が暖かいけれどカチッとした感じ・・・チェンバロも克明に・・・

続いては、30年前に生録された音源と言うことで・・・蝉の鳴き声・・・ああ、今日のテーマの、上から泣いている音が降ってくるかという事ですね・・・う~ん、暗騒音も上に引っ張られている感じ・・・それと、調音材を入れると、音数が減る(反射させる響で、気配のような微細な音が埋もれる)とのコメントもあった・・・

続いて、部屋の中から外へ出て行く時の空間が広がるところまでの同じく生録音源から・・・確かに、空間が広がる瞬間は、良く分かったが、果たして、空間の配置などは録音時の形で再現されているかは、その場にいなかったので??・・・
(この体験も、上のコメント同様、この後、考えさせられることに・・・)

お次は、ピンクフロイドの狂気をSACDのマルチで・・・音が部屋をグルッと回っていく奴・・・ちょっと回っていくところが少し変?回りませんね・・・後ろに行かないですね・・・とのコメントが・・・

やはり、丸棒調音材による、響のコントロールは、ホールの残響には非常に効果的だけれど、音源が回るようなソースを正確に再現するのは難しいところがあるようだ・・・

お次は、ステレオで、1957年の録音のバイオリンを・・・チャイコフスキーのバイオリンコンチェルト

【古い録音のバイオリンの音は?】
1146-03古い録音のバイオリン.jpg

バイオリンの真ん中の弦の音が篭らず綺麗に鳴るかどうかがポイントだそうで・・・綺麗に鳴ってるんではないでしょうか?・・・少し高域がキツイですねとのコメントも・・・(^^;

続いて、同じチャイコフスキーのバイオリンコンチェルト、ジョシュア・ベルで、最新録音のSACDマルチで再生・・・ほう、とても、柔らかく滑らかな音色で、心地良いサラウンド・・・バイオリンのソロパートは、とても暖かい演奏で、表情も豊か・・・

次は、リンのSACDマルチで、キャロルキッドのWhen I Dream・・・うん、中域が柔らかく少し高域にキラッとアクセントが?少し作った感じの声に・・・若くなったとのコメントも・・・

なので、CDをと言うことで・・・こちらの方が、ボーカルが生々しい感じで、ギターのエネルギー感が強い・・・ABCレコードが出した、マークレビンソン監修のアナログとCDのBOXのCDだとのこと・・・

SACDマルチとCDとでは、エネルギーバランスが違うとのことで・・・同じリンのSACDでキャロルキッドのものがあるとかかった・・・元々こちらは、かなり若い頃の録音のようだ・・・これもCD層をかけられたが・・・

こちらは、声質にはあまり大きな差はなかった・・・ボーカルは、CDの方が下がりますねとのコメントが・・・SACD2チャンネルは、楽器が明瞭で、ボーカルも前に出てくる・・・

っと言う事で、一通り持参CDがかかって・・・それじゃあ、例の実験をやりましょうかと・・・

と言うことで、ブツが部屋に運び込まれ・・・残念ながら、今日は時間切れ・・・

ってわけで、つづきは明日・・・いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/1200-32222bcd