FC2ブログ

【1145】110821 何も聞こえなくなった邸訪問:調音材の効果あれこれ・・・(^^; 

さて、「天井から降ってくる音」をテーマに、FH(フロント・ハイ)スピーカーによる、積極的な再生と言うことで、SACDマルチチャンネルのSL/SRの信号を、パラレルにFHスピーカーから再生した場合から・・・ドイツのmDGレーベルの2+2+2方式による、音源そのものがFH対応となったものと聞かせていただき・・・

これを、何も聞こえなくなったさんお得意の、ルームチューニング材で再現しようと言う試み・・・フロント正面の天井付近へ、小さな丸棒調音材を設置して、その天井サラウンドの効果を体験させていただいたわけですが・・・

今度は、部屋のコーナーに設置された、三角の反射パネルの有無についての実験へ・・・

ってわけで、その結果は、マルチのサラウンドとしては、σ(^^)私には、無しが一番素直に聞こえたんですが、これは、皆さん受け取り方が違うようで・・・この状態で、センター天井付近に、丸棒調音材を取り付けると、両サイドが寂しく・・・

で、真ん中つけるなら、両サイドはあった方が良かったとのことで・・・

【コーナーとセンターの調音材有り】1144-03
1144-03天井方向の調音材.jpg

コーナーの三角調音材を再び装着して、コーナー有り、センター有りで再び再生・・・

やはり、これがクラシックを聞くには良いような感じ・・・恐らく、何も聞こえなくなったさんの思われる響のよいホールのイメージなんだろうなあと言う気がしました・・・

っと、今の再生が、マルチチャンネルの再生だったので、今度は、2チャンネルステレオで・・・

う~ん、恐らく、実際のホールのイメージより、響きが少なくなっちゃうんでしょうが、σ(^^)私には、これが一番ナチュラルな感じに聞こえました・・・

じゃあ、リスニングポジションの後壁天井近くに、もう1つの丸棒調音材を置いてみましょう・・・この実験は、初めてなんだそうですが、SB(サラウンドバック)スピーカーに相当するはずとのこと・・・

【リスポジ後の壁の上部に丸棒調音材】
1145-01リスポジ後壁上部に丸棒調音材追加.jpg

で、同じピアノコンチェルトを、2チャンネルステレオで再生・・・

ちょうど、σ(^^)私が陣取っていたリスポジのソファー右後からは、左手の天井付近になるんですが・・・随分印象が違って聞こえます・・・それこそ、頭上から音が下りて来ますし、フロントも少しクッキリした感じが・・・

っと、これはマルチチャンネルの再生と変わらないくらいの感じになりました、前だけじゃなく、後も、部屋全体が響いてる感じで、凄いですね・・・これなら、もうマルチは要らないですね・・・とのコメントまで・・・

それじゃあ、もう一つ調音材の有無確認ということで、メインの「凛」パネルを撤去・・・

【隣の和室へ凛パネル撤去】
1145-02凛パネルを撤去.jpg

一番効果の大きい、フロント左右の「凛」パネル無しでの再生は?・・・

あ~ん、中低域が、軽く薄くなる・・・が、部屋が広くなったような気が・・・うん?(@@;

この状態で、スピーカーの振り角を調整したりして、センター付近の音を調整すれば、このサウンドが好きと言う人も結構いるかも知れませんね・・・とのコメントも・・・
(実は、この結末と同じ結果の体験を、この数週間後に・・・(@@;)

しかし、コンサートホールのイメージからは遠ざかるとのことで、この辺り、それぞれ追い求めるサウンドの違いが、コメントに現れる感じが・・・

じゃあ、更に、フロントセンターの丸棒調音材も撤去して見ると・・・

一段とスッキリして来た感じが・・・音の消えていくところが綺麗に聞こえるようになった・・・ただ、演奏の広がり感は、寂しく感じるように・・・

やはり、上に引きづられていた音が下りてきた・・・ホールの響を追及されているから、こう言う調音材を備えたサウンドになって来たんですね・・・とのコメントが・・・

【以前とは、液晶TVのカバーが違う】 
1145-03液晶TVのカバーが以前と違う.jpg

っと、センターの液晶テレビのカバーが変わっていることに気がつき、コメントすると・・・無しで聞いてみましょうかと言うことに・・・

液晶は方式にもよるが、表面が少し柔らかく、プラズマは、ガラスなので硬い・・・なんて話しも(^^;

【液晶TVのカバーを外して】
1145-04TVのカバーを外して.jpg 

で、奥様お手製と思われる液晶TVのカバーを外して再生して見ると・・・
(実は、これもその後、拙宅サウンドのポイントに・・・(^^;)

フロントのセンターが濃くなりますねとか・・・定位が曖昧になるとか・・・結構、人によって好みが分かれる感じでした・・・

何も聞こえなくなったさんから、やはり響かせるなら、周りから響いてもらわないと・・・真ん中で響いてもらうと困ると・・・

なるほど・・・ホール感を求める人と、直接音のエネルギー感を求める人との違いって感じ?・・・

ライブハウスのイメージと、コンサートホールのイメージか・・・1階中央とか2階席とか・・・求めるイメージが違うんですねとのコメントも・・・

っと、ここで、昼食に・・・何と、この大人数なのに、奥様お手製の野菜のカレーが・・・お気遣いいただいてすみませんでしたm(_ _)m・・・お世辞抜きに美味しかったです\(^^)/

ってわけで、今日はここまで・・・つづきは明日・・・

いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

ご苦労さまです。Mt_T2さんの記事を読むと当日の様子が思い出されます。丹念に記されていて、読んでよく分かります。有難うございます。

ルーム音響はやればやるほど組み合わせが倍倍で増えていくので、自分でも何をやっているのか分からなくなりますね~

私もシンフォニーホルのある席を基準にしてやっていますが、当日の耳の調子で良く聴こえたり悪く聴こえたりします。

今、CDステレオを聞いていましたが、部屋いっぱいに広がります。集中を求めるのとは正反対も方向です。ここまでやってやりすぎと違うか? と思うこともあります。

  • [2011/09/25 22:41]
  • URL |
  • 何も聴こえなくなった
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

ところで、前のテレビカバーを取ると反射音が増えて、好みによっては取るほうが良いと思う人がおられると思います。

それは尤もなので、いま取って聞きましたが、別の問題が・・・それはテレビ画面の反射率が上がって後ろの石膏壁との間でわずかにフラッター現象が発生しているようです。木管楽器の音が引きずられるようになります。こうなるとやはりフラッター防止のためにカバーを掛けるか、後ろの壁を吸音性にするか、対策が必要みたいです。

それと、フロント上方に取り付けた丸棒のミニ梯子は、確かに上からの音が増えますが、上からの音が多すぎてうるさいと感じるのです。しかし、なかったら上からの音が少なく、コンサートホール的なバランスになりません。そこで2/3くらいのモデルを作って、聴いてみるつもりです。

  • [2011/09/25 22:54]
  • URL |
  • 何も聴こえなくなった
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

何も聞こえなくなったさん、コメントありがとうございます。
また、延々とおさらいをさせていただいております・・・恐縮ですm(_ _)m

何も聞こえなくなった邸での体験に端を発し、ここ最近の体験も交え、拙宅では、部屋の響を弄りすぎているなと思うようになっておりまして、この日の体験は、非常に貴重な体験をさせていただいたと、感謝しておりますm(_ _)m

拙宅でも、TVの影響の大きさに、改めて気付き、布を被せたりして、何を取るかを模索中ですが、全体的な趣向の変化も有り、しばらくは、色々試行錯誤が必要かと感じております・・・

何も聞こえなくなったさんの方も、更なる効果の追い込みをされているようで、今後の成果が楽しみですね!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/1199-5e1db71f