FC2ブログ

【1144】110821 何も聞こえなくなった邸訪問:FHのSP効果を丸棒調音材で・・・(^^; 

おっと、うたた寝が過ぎて、随分寝坊しました・・・m(_ _)m

ドイツのmDGレーベルのマニアックなSACD・・・2+2+2方式って、独自の方式で、センターとサブウーファーのチャンネルに、FH(フロントハイ)のL/Rチャンネルの音を入れているという・・・驚異的にマニアックなレーベルですが・・・

その2+2+2方式を、その通りに再生された曲を聞かせていただき・・・FHの有り無しで、効果の違いを体験させていただきました・・・いやあ、なかなか面白い!(^^;

っと、ここでオフ会の話題は、何も聞こえなくなったさんのシステムについて・・・

詳しくは、以前もご紹介した、氏のHP「マルチチャンネル・ピァオーディオの世界」や、価格.comの掲示板「オーディオの基礎の掲示板」をご覧いただくとして・・・

ソニーのSACDマルチチャンネルプレーヤーのアナログ出力を、マランツのプリメインアンプ3台をボリューム連動機能を使って、ピュアオーディオのクオリティーで、マルチチャンネル再生をされていますが・・・参加された皆さんの興味は、どうやって各チャンネルを合わせているかについて・・・それと、ソニーのプレーヤーについて・・・ご本家のソニーが、もう止めちゃったみたいですね、マルチ・・・

今は、何社かが出しているユニバーサルのBDプレーヤーでしか、同じことは出来ないですね・・・

それに、一部のトレンドでは、DSDファイルそのままをネットワークダウンロードしてPCオーディオでマルチチャンネルを再生されていますね・・・まだ、もっとマニアック?(^^;

さて、次の曲は、レスピーギのローマの松・・・

【金管が後から聞こえる】
1144-01金管が後から聞こえる.jpg

同じmDGレーベルのライブ録音で、ラッパが後から聞こえるそうな・・・氏が、この曲をシンフォニーホールに聞きに行かれたら、実際に金管が2階席で演奏されたそうで・・・何でも、譜面にそのように指定されているのだそうで・・・他の参加者の方もご存知でした・・・そんな曲があるんだ(@@;

おお、クラリネットがかなり前方奥の方で演奏している感じで、ステージの奥行きが深いですね・・・でもそのクラリネットの音は、とてもクリアで、綺麗な響です・・・

各楽器が個々に非常に細かな音まで克明に聞こえるのは、マルチマイクも使ってるかな・・・響も綺麗で、その配置からは、そのように音作りしているのかと思えるほど・・・っと、鳥の声が上の方で・・・その高さに近いところで楽器の演奏が・・・これは、ワンポイント録音では出ないのでは?・・・(^^;

しかし、その奥行き感とステージ後方の演奏が雛壇上に上がっている感じは良く分かりますね・・・

それに、ルームチューニング材がかなり配置されいて、ステレオ2チャンネル再生でも充分音が回り込みますから・・・以前より、部屋で出している響きの配分が多い気も・・・

っと、ここで、小休憩・・・ラック収納の機器類に扇風機で風を・・・クーリングですね(^^;

で、次は、FH効果を得るための新兵器?の実験・・・

で、まずは、2チャンネルステレオを基準にと言うことで、先程のピアノコンチェルトを、ステレオで再生して・・・

【FH効果を得る丸棒調音材】
1144-02FH効果を得る丸棒調音材.jpg

次に、この新兵器を、正面の壁の天井間近に設置して・・・再び再生・・・

おお!全然違いますね!・・・楽器の音像が少し上がって・・・響きが上の方から聞こえる!

たったこれだけのサイズの調音材で、空間がこんなにも変わるなんて!・・・(@@

【天井方向の調音材】
1144-03天井方向の調音材.jpg

で、何も聞こえなくなったさんによると・・・この調音材を2つ、FHスピーカーの位置に設置すれば、FHの効果と同じ様な効果が得られるのだとのこと・・・なるほど(^^;

参加者からは、2+2+2より、こちらの方が自然な感じがして好みとか・・・2+2+2方式は音量調整が難しそうなどのコメントがありましたね・・・

と、ここで氏から、天井コーナーの三角の調音材を外して音を聞いてみますと・・・

【コーナー調音材の撤去】
1144-04コーナー調音材の撤去.jpg

先の実験のセンターの丸棒とコーナーの調音材を撤去され・・・

このコーナーの三角は、装着後にお伺いしたんですが、部屋での会話の響きが綺麗に伸びる感じで凄くびっくりした記憶が・・・(^^;

と、参加者から、部屋のコーナーは、音が集まって、その角がホーンドライバーのように機能して、その壁面をホーンのようにしてまた音が出るので、この三角の調音材の裏は、吸音材にした方が良いとのアドバイスが・・・

ほう!・・・良いこと聞いた(^^;・・・自宅でも何れ、何か吸音系のものを付けて実験せねば!・・・

で、左右の天井コーナーの三角が撤去されて、再びピアノコンチェルトを再生・・・

ふ~ん、響きが随分減って、スッキリ?した感じ・・・空間の広がりは、σ(^^)私には、こっちが自然に感じるかな・・・中央がはっきりする感じ・・・

コーナーがあると部屋の両サイド密度が上がって相対的に中央の音量が下がるのかな・・・

っと、コーナーが無い方が、中央付近の音が太くなるので、ジャズにはいいのでは?逆に、クラシックには、響きが綺麗なコーナー有りの方が良いのでは?とのコメントが・・・

じゃあと、センターの丸棒調音材だけを付けてもう一度再生・・・

センター付近の音像が少し上に持ち上がる・・・両サイドが寂しく感じます(^^;

響きが濁るように感じるとのコメントに・・・氏から、どれが好みですか?の問いが・・・

すると、真ん中つけるなら、両端があった方が・・・密度のバランスが、両方有りの時が良かった・・・とのコメントが・・・

おっと、ここで時間切れ・・・中途半端ですが、つづきは明日・・・

ってわけで、いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/1198-f89b3a19