FC2ブログ

【1121】110724 Ray邸訪問(Wellfloat試聴):最終話・低域堪能あれこれ・・・(^^; 

いやあ、バーレスクのRay邸サウンドバージョン・・・素晴らしかった\(^^)/・・・映像系ソースのサウンドの重要性を改めて体験させていただいたようです・・・m(_ _)m

さて、この後の、セリーヌディオンの映像を拝見しつつ、映像系に興味津々の某氏とプロジェクターのデバイスの違いのお話や、3Dの映像のお話をしつつ・・・

この後は、映像系は終了し・・・サラウンドソースに・・・

最初は、DVDオーディオでパーカッションを・・・Ray邸は、この系統のサウンドが素晴らしい・・・

続いては、同じくDVD-Aの竹竹・・・竹の楽器ばかりの演奏・・・このディスク、σ(^^)私は、単身赴任中にパイオニアの旧試聴室に伺った時にお土産で頂いたんですよね・・・

竹の筒をパーカッションにした独特の音・・・竹の笛の音・・・こんなに音のバリエーションがあるのかと感心するばかり・・・

で、お次は、パーカッショニスト高橋 美智子さんのアルバムで・・・確か、ウルトラ・パーカッションだったかな?・・・

ジャンの音が凄い!・・・パーカッションの極低域が鳴ると、凄く空間の大きさが感じられるんですよねえ・・・うちも、こんな風に違和感の無いSWを鳴らしたいなあ・・・って、つくづく思います(^^;

パーカッションって、人間の体のリズムを揺さぶると言うか・・・ある種、トランス状態に入りやすい気がするのは・・・原体験のせいかな?(^^;

っと、何だか、前衛音楽オンパレード・・・サルの惑星シリーズみたいに・・・(^^;

で、パーカッション繋がりか?・・・今度は、2チャンネルへ行って、マーラーの3番を・・・

【マーラーの3番】
1121-01マーラー3番を.jpg

まずは、右のシカゴ・ハイティンクの盤から・・・出だしの太鼓が、非常に自然で・・・でも、この低域の感じが出るのはRay邸ならではなんですよね・・・過去、何枚Rayさんちで聞かせていただいて、ポチッとして、ガッカリしたことか・・・マンション仕様には、ただただ憧れのサウンド・・・(^^;

お次は、左のシカゴ・ショルティーの盤から・・・ふ~ん、録音が新しいとのことですが、そう言われると、オーディオ的に好まれそうな、マルチマイクで、ここの楽器を克明に録りました・・・みたいな

でも、やはり、この太鼓の音には何とも言えない魅力を感じてしまいますね・・・

さて、お次は・・・どなたかがお持ちになったCDから・・・・幻想交響曲・・・

【幻想交響曲】ああ、これも手ブレ・・・m(_ _)m
1121-02幻想交響曲.jpg

金管のところではそんなに思わないんですが・・・弦の低域の響が凄く空間を感じます・・・以前のRay邸でのオーケストラものより、随分バラけて鳴るようになった気がするんですが・・・

それにしても・・・手ブレ補正もかかっているはずなのに・・・こうも反応が鈍く、ブレブレやピンボケが多いと困っちゃいます・・・と、撮影の腕が無いことより、機器に八つ当たり?(^^;

お次は・・・オルガン・・・(@@;・・・あの広いRay邸のエアが揺れる感じ・・・あの、映画、宇宙戦争の重低音のように・・・

なんだか、低音フェチ大会の様相を呈してきました・・・

お次も、どなたかの持参CDから・・・ガムランのような、何か民族音楽?・・・続いて・・・ッボ!ヒュ~ッ・・・パーン!パツパツ・・・おお!花火です!

凄いです!・・・天井のほうで鳴ってます・・・

っと、続いて非常に大きそうな太鼓・・・何か、長岡さんの推薦CDのような感じ・・・(^^;

さてと・・・お次は・・・リファレンスレコーディングスのサンプラー?・・・Tutti!から、5トラック目・・・火の鳥かな?・・・いやいや、これも低域、太鼓の快感を味わう曲?(^^;・・・凄い!

で、お次は・・・おお、お馴染みのデイブ・ブルーベックトリオのテイクファイブ・・・

うひょ~!これも太鼓だ~!・・・でも、やっぱ、サックスのプハッと出る感じは、ホーンSPならではなんですよねえ!・・・軽く出てる感じなのに、音の威力が強いと言うか・・・それに、何となく、以前より澄んだ音になった気も・・・この辺りもWellfloatの効果なのかな?・・・途中ののタムとキックドラム・・・やっぱ、Ray邸の太鼓は心地良いですね・・・(^^;

っと、Rayさんが、ジョーモレノをフューチャーしたテイクファイブで、サックスが・・・ですがと

いやあ、出だしがずっとドラムソロ・・・これがめっちゃカッコ良い!・・・Ray邸ならでは・・・と思っていると・・・吉本真っ青なほど、全員でズッコケルようなヘロヘロサックスが・・・ま、最初のドラムが良すぎるから・・・でも、返って面白かったりして(^^;

っと、お次は・・・おお、これが良かった!

【シーネエイ】・・・これも手ぶれ?・・・トホホ(;_;
1121-03シーネエイ.jpg

これは良かった!・・・上品に色っぽくて・・・ジャケットの美貌どおりのイメージ・・・(^^;

ピアノの艶っぽさやベースのプリっとした感じ・・・雰囲気たっぷり・・・お酒が欲しくなりますね・・・ハハハ、勿論、帰って直ぐにポチッとしました・・・残念ながらと言うか、やっぱりうちではこんな雰囲気では鳴らなかったりして・・・(^^;

そして、最後は、1812年を・・・ソースはDVD-Aのものから・・・冒頭、教会録音のような響きの高さがあるコーラスで始まりました・・・珍しいですね・・・オケが入ると、やっと、ああ、この曲かと・・・やはり、太鼓に耳がいてしまいます・・・金管がスッキリ気持ち良く鳴りますね・・・途中子供たちのコーラスもあって・・・でも、最後には、あの迫力の大砲が!!

いやいや、たっぷりと低域の迫力と心地良さに酔わせていただきました!

毎度、あれこれたっぷり楽しませていただいてますが、オーケストラものをこれだけ聞かせていただいたのは、今回が初めて・・・やはり、Rayさんご自信が仰る通り、Wellfloatの効果でしょうか?・・・テイクファイブの熱いエネルギー感を損なわず、音がスッキリ純度が上がったような感じもあって・・・つくづく、このボード装着前後に立ち会ってみたかったなと・・・

ま、それに匹敵するであろう体験をさせていただいたので、その部分のお話は、またその時に・・・

ってわけで、今回も、随分たくさんの気付きやた貴重な体験をさせていただきました・・・σ(^^)私的には、バーレスクが、ほとんどサウンドだけで楽しめたのが、流石Ray邸という感じで、一番のお楽しみでしたが・・・帰宅してからの落胆は・・・トホホ(;_;

というわけで、どうもありがとうございましたm(_ _)m

是非、また遊んでやって下さいませ~・・・

で、明日は?・・・月初のドタバタで余裕なく、ちょっと未定・・・(^^;

ってわけで、いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

おはようございます。

拙音に対する8話にもわたる日記のアップ、大変だったでしょう。

WellFloatを得て拙宅の音楽再生環境もやっと落ち着きそうです。お聴き頂いた時はFront SPのみだったのですが、その後2台のSWに設置し低域の締まりと、中高域の音の輪郭がたってきた様に思います。

後はセンターSP、サラウンドSPへの対策ですが、これも既にオーダー済みで近々納入される予定です。しかし、過ぎたるは・・・・と申しますが、良い結果が得られる事を期待しています。

本当にお疲れ様でした。
また、貴邸のジェルの効果も体験させてくださいね。

Rayさん、今回も、また、楽しく貴重な時間をすごさせていただき、大変ありがとうございましたm(_ _)m
毎度、要点の分かり難い長々としたお話にお付き合いいただいてスミマセン(^^;

WellfloatのSW~サラウンドへの導入!・・・ここ2回のオフ会での結果からは、そうならざるを得ないだろうとは思いますが・・・さすが、いつもながらに、行動がお早いですね!(^^;

拙宅も、最近、お楽しみアイテムは、結構たまってるんですが、今一つ面白い結果にたどりつけていなくて・・・とは言え、その内、複合技でお楽しみ会をやりたいですね(^^;

また、遊んでやって下さいm(_ _)m

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/1174-d4f3b929