FC2ブログ

【1103】110716 3Dプロジェクター・・・ソニーの逆襲?(その2)・・・\(^^)/ 

さてと・・・某所へ、最新3Dプロジェクターのシュートアウトに行ったときのお話って言っておきながら・・・これまでの、σ(^^)私の3Dプロジェクターに対する印象のお話になっちゃって・・・

おまけに、3Dは暗いという弱点だけで終わっちゃいましたが・・・

早速続きへ・・・

現状、σ(^^)私が3Dプロジェクターに求める、最も重要なポイント・・・

もう1つの弱点は、残像による画面のチラツキとそれによる疲労・・・

3Dでは、前回も説明した通り、右の画像と左の画像を切替えて表示(フレームシーケンシャル方式)、左右の目を3Dめがねで切替え(アクティブシャッター方式)て視聴するといいましたが・・・

この画面の切替途中の映像が、残像として交じり、逆の目で見えてしまうと、クロストークと言う現象が生じます・・・

ま、要は、反対側の目用の映像が残像として残るので、映像がチラチラするってことですね・・・

で、このクロストークによるチラツキが、3D視聴を、非常に疲れるものにしていると・・・

あっ、これが、一般的かどうかは知りません・・・σ(^^)私の場合は、これが一番疲れる原因だと言うことです・・・(^^;

でもって・・・これまで、2Dでは、各社とも(勿論3D先行のソニーも)、画面の描画は、線描画と呼ばれる方法だったらしく・・・この方式では、右用画面から、左用画面に書き換えるには、1行ずつ書き換えて行くのだそうで・・・

この書き換え途中の映像が、反対側の目に見えてしまうと、当然、クロストークになるわけです・・・

なので、この書き換え中に、ランプを消すことで見えなくしたりしていたそうな・・・

ところが、これまでの2Dでは、この間も映像を表示していたので・・・3D描画時のランプ消灯の分、暗くなる結果に・・・だから、先行のソニーのフラッグシップVPL-VW90ESは、暗かったと・・・

ところが、ここでビクターが、一発逆転・・・渾身のXシリーズで、この点を、一気に解決!・・・

なんと、画面表示をデジタル駆動して、1行ずつではなく、1画面を一気に面描画することで、このクロストークを激減させ、完全に他社に先行したわけです・・・

で、数ヶ月後発売の三菱は・・・ソニーのSXRDデバイスを使って・・・駆動部分もソニーから提供受けたのか?線描画のまま・・・と言うか、端から3Dはおまけで、2D画質重視の路線を取ったのか?・・・ソニーより、かなり明るくなったものの、ビクターには全然及ばなかった・・・

どちらかと言うと、三管ライクな発色で、マニアックな細かい調整機能が特徴だった・・・

ってわけで、σ(^^)私には、3D性能が最重要だしたので、この時までは、ビクターがダントツ!

ところが・・・今回、ソニーが、フラッグシップ機VPL-VW90ESの半額の弟機を出してきた・・・

で、デバイスは、兄貴のVPL-VW90ESと同じSXRDパネルを採用・・・

デバイスとしての性能は、ビクターのDILAより、画素間の隙間の少なさから、滑らかな映像が出しやすいソニーのSXRDの方が優秀なんじゃないかな?と思ってたんで・・・

これで、もし3D性能が高ければ言うこと無し!・・・となる筈なのですが・・・

果たして、どうだったんでしょうか?・・・

その結果は・・・もし、主催者側が、販売促進のために画質調整などのてこ入れをしていなければ・・・ソニーの新型廉価機種のVPL-HW30ESが、確実に3D性能が高いように感じました!(^^;

最も明るいと思っていたビクターより更に明るく・・・おまけにデジタル駆動、面描画のビクターより、クロストークが気にならない!

これは、完全に期待大ですね!\(^^)/

あっ、当然、発色や画質については、ビクターのX7や三菱の9000Dには及びません・・・

2D、3Dともに、色味については、かみさんと坊主も一致で、三菱が良かったですね・・・

でも、これは仕方ありません・・・この辺は、やはり、それなりに物量、手間がかかる基本性能の差ってことでしょう・・・

でも・・・σ(^^)私の場合、3D性能が最優先!・・・

ってわけで、現時点のσ(^^)私的なダントツは、ソニーのVPL-HW30ESってことに・・・(^^;

本当は、この機能を取り入れた兄貴のVPL-VW90ESの後継機が出れば・・・ハハハ、切り無いですね!

ま、楽しい状況になって来ました!

ちなみに、デモに使われていた、ディズニーの最新3Dアニメ・・・塔の上のラプンツェル・・・

これのランタンを飛ばすシーンがめっちゃ楽しい!・・・

手で触れられそうなくらい、目の前まで飛んで来るんです!・・・

製作側も、3Dの新しい表現の世界のノウハウを積み重ねているんですね!・・・

今後が、益々楽しみ!(^^;

ってわけで、このお話は、これでお終い・・・明日はまたお馬鹿なお遊びのつづきに・・・(^^;

いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/1156-bcce2fd8