FC2ブログ

【1087】110630 XMOS(USB Audio 2.0 Reference Design)到着・・・(^^; 

今、σ(^^)私の周りで最もホットなのは、エレアトさんのUDAとDSD-DACで、DSDファイル(PS3とかSACDとかが面白いことに?)をそのまま聞くって話なので、何を今更?って感じなんですが・・・

今から1ヶ月以上前のこの時は、全然そんな事、考えてもいなかったんですよね・・・

あっ、でも、DSDファイルの音の凄さは、1年以上前に聞いてはいるんです・・・

【719】100508 KS邸再訪問(6)期待のUSB-DAC前説・・・(^^; [2010/07/17]
【720】100508 KS邸再訪問(7)期待のUSB-DAC試聴・・・(^^; [2010/07/18]
【721】100508 KS邸再訪問(8)期待のUSB-DAC試聴2・・・(^^; [2010/07/19]

ちょっと、一般離れし過ぎていると言うか・・・音は、半端なく、めっちゃ凄かったんですが、実現方法が、σ(^^)私には難しすぎ?敷居が高すぎて・・・

この体験から1年以上経った時点でも、PCオーディオの可能性は感じるものの、流通含めて、まだまだ、時期尚早と思ってましたから・・・それこそナンチャッテPCオデオで済ませてたわけです・・・

でも、時の流れは、予想以上の速度で・・・それどころか、加速度的にスピードを増して普及を始めたようで・・・もう、逃げてばかりではいられない・・・って、焦りがふつふつと・・・

とは言え、天邪鬼な・・・と言うか、変わり者のσ(^^)私としては・・・今から、普通のPCオデオを始めても・・・って気持ちもあって・・・やるならLinux系OSでとか・・・ubuntuか?なんて・・・

嘘です!・・・あんな、呪文だらけのOS・・・σ(^^)私の手に負えるわけが無い・・・(^^;

っと、そんなσ(^^)私に、救世主・・・丁度、初っ端のゲル浮揚の実験に入る直前に・・・

【1056】110524-29 遂に ALIX 3D2 & VoyageMPD の導入・・・(^^; [2011/06/28]

ま、こんなありがたいサポートのおかげで、わけも分からず、繋いだだけで、少々どたばたしたものの、σ(^^)私的には、いとも簡単にVoyageMPDの無加工鮮烈系サウンドを体験させていただいて・・・

【1069】110611 とりあえず、ALIX3D2&VoygeMPD+UDIF7を電池駆動してみたら・・・(^^; [2011/07/11]
【1070】110611 ALIX3D2&VoygeMPD + UDIF7の電池駆動で意味無き妄想?・・・(^^; [2011/07/12]

おまけに、送出し系の電池駆動ってお楽しみ実験のお陰で、その可能性を感じ・・・

更には・・・ちょっと変な話?・・・脳内変換、スローモーションサウンド・・・なんて(^^;

おいおいおい!・・・って感じですね(^^;

さて置き・・・そんなALIX3D2&VoygeMPD+UDIF7サウンドを楽しんでいたんですが・・・

元々、PCオーディオ用のNAS環境は、お試し用&通勤時のiPodTouch用にCDからリッピングしたデータが少々・・・後は、最近HDTracksなどからダウンロードしたハイレゾデータ・・・

そうなんですよ・・・このハイレゾデータが、貧乏性ゆえ、ついつい192K/24bitをダウンロードしちゃってるもので・・・UDIF7で再生できない・・・

ってわけで、いっそフェーズメーションの新しい192K対応のDDCかDACに行くのが筋ってもんですが・・・無駄遣いが祟って、そんな余力は、逆立ちしても出てこない・・・

その他に、手軽なものは・・・ラトックのRAL-24192UT1は・・・まだ高価(^^;

ってわけで、探していて、辿り着いたのが・・・

XMOS(USB Audio 2.0 Reference Design)・・・192k 24bitをサポートしてて・・・PCとUSBでアシンクロナスで接続できて・・・、USB Audio Class 2.0対応で、ASIO2.1ドライバも用意されている・・・

何より、多くのメーカーが、このXMOSのチップを使っていることもあり・・・おまけに、これで1.5万もかからない・・・ってわけで、選択の余地無し・・・

丁度、お仕事の方では、主要メンバーが一人減り、お荷物が一人増え、月末~月初の輻輳・・・おまけにこの暑さと、節電対応と・・・あれもこれもが、一気に・・・ズシン

なので、まあ、そんな時こそ、何か・・・(^^;

ってわけで・・・海を渡って(ひとっ飛び?)・・・到着しました・・・

【海を渡ってこの箱が】
1087-01海を渡って.jpg

で、このボード・・・実際は、開発サンプルなわけで・・・

【中身はこんな箱で】
1087-02中身はこんな箱.jpg

Development Kitってしっかり書いてますね・・・

【更にその中には2つのボードが】
1087-03更にその中にメインのボードと開発用のドータボード.jpg

でもって、その中には、更に2つのボードが・・・1つがメインのDDC基板(大きい方)で・・・

小さい方は、開発環境から、ファームの書き換えなんかを行うUSB接続用のドーターカード・・・

ま、開発に使うわけではないので、σ(^^)私に必要なのは、メインの方だけ・・・

で、早速、ALIX3D2&VoygeMPDからUDIF7へのUSBケーブルを繋ぎ直したら・・・凄い!

何がって?・・・何と!直ぐに音が出始めた・・・(^^;

で、ちょい聞きでは・・・特にマイナスイメージはないかな?・・・少し元気な方向?

ってわけで・・・しばしエージングを兼ねて聞いてたんですが・・・

やっぱり、裸では・・・それに、聞くところによると、コアキシャルにすると・・・

ってわけで、明日はその辺を・・・いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

DSDをそのまま聴く!

> 今、σ(^^)私の周りで最もホットなのは、エレアトさんのUDAとDSD-DACで、DSDファイル(PS3とかSACDとかが面白いことに?)をそのまま聞くって話

そこですよね。正にそこ!

わが家でもいろいろやりましたが、これを「みんなの当たり前」にして、DSDファイルをガンガンダウンロードできるようにする。(そういうサイトを増やす)

そうなると、みんながもっともっと幸せになれると思います。

村井さん、こんにちは。
ちゃんと鳴らせば違うんでしょうが、一般的に、緻密で綺麗で繊細なんだけど、濃さや重み実体感が少し薄まるイメージのSACDのサウンドからは、ないしょで聞かせていただいたDSD録音の鮮度の高い生々しい実体感のあるサウンドは、全く想像できなかったです・・・
この時、自作のかなり特別な機材だったんですが、エレアトさんのUDAとDSD-DACでも、近い音が聞けるなら、このレベルのソースの普及がめっちゃ楽しみになりますね!(^^;
ブルーレイソフトの普及に伴う機材の高性能化&ローコスト化の恩恵を受けて、ミュージックBDの高音質再生の実現とソースの普及と、DSDファイルのダウンロードでは、どちらが速いか・・・
σ(^^)私的には、全部ひっくるめて、高性能ネットワークAVセンターとマルチメディアサーバーみたいに何でもありのシステムになってくれると、スペースもコストも下げられるんじゃないかと、淡い期待を捨てきれずにいます・・・(^^;

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/1140-7c618026