FC2ブログ

【1086】110625-26 ゲル浮揚実験Part4(テスト終了?:SPのゲル浮揚)・・・(^^; 

さてと・・・このφ(..)メモを書いた時点(今から1ヶ月前)で、このテーマでお遊びを始めて、既に1ヶ月が経っていまして・・・

機器のゲル浮揚の実験のはずが・・・いつの間にやらハンドジャッキの製作がメインという有様・・・

まったく!相変わらず、音楽を聴かずに、何をやってるんや?・・・ですね(^^;

きっと、音楽にきちんと向き合って、しっかり入り込んでいないからなんでしょうね・・・

ついつい音の不思議や工作の楽しさに走ってしまって・・・

いつか、ホントにこの性分から抜け出せるんでしょうか?・・・ええっ!あきませんか?(^^;

ま、相変わらずのお遊びの中から、ある日突然に・・・はっ!と息をのみ・・・なるほどと感じる気付きに出会えさえすれば、良いんじゃないか?なんて思いつつ・・・

結局、相も変らぬ、お遊び実験のお話のつづきに参りましょうか・・・

ってわけで、オールフェルト敷きでの予備試聴をし・・・結構鳴っているのに大喜び\(^^)/

じゃあ、ここから、いよいよゲル浮揚に切替ますか・・・

【ハンドジャッキをセットしてフェルト撤去】
1086-01ジャッキをセットして.jpg

ってわけで、大活躍のハンドジャッキで70Kg近いSPをリフトアップして、フェルトを撤去・・・

その下の木製ボードの上に、2枚重ねのゲルを5箇所設置・・・

【ゲルを2枚重ねでセット】
1086-02ゲルを2枚重ねでセット.jpg

ゲルをセットしたボードを、ハンドジャッキでリフトしたSPが乗る御影石の下へ滑り込ませ・・・ジャッキを下ろすと・・・

5cm角5mm厚のゲル2枚が、重さで押しつぶされて、5mm厚位に・・・

【約5mmのゲル浮揚】
1086-03約5mmのゲル浮揚.jpg

この、ゲルの動作が良いですねえ!・・・ホンの少しの上下の弾力感と、水平方向のぷにゅぷにゅとしたスライド感がたまりません・・・

いやあ、なんとも癖になる揺れでして・・・ついつい、指で押してSPがゆらゆらとスライドするのを楽しんでしまいます・・・(^^;

っとっとっと・・・ってわけで、左右で5分足らず?で、ゲル浮揚モードに変更完了・・・

で、試聴曲を順番に聞いてみたんですが・・・ザックリのイメージは・・・

高域の情報量がすこ~し減る?・・・透き通った空間が、蒸せた空間に
中高域寄りのバランスが、すこ~し中低域に・・・重心が少し下がった感じに
前後感が非常にハッキリする・・・フェルトの時が平面的に感じる
楽器やボーカルが、ポッカリ浮かぶ感じに・・・生々しいような存在感(すこしわざとらしい?)
打楽器や中低音の楽器の音に弾力感・・・バスドラやベースの躍動感UP?(すこし遅れてる?)
ピアノの余韻等に響が付加される・・・お風呂サウンド(すこし?滲む?濁る?)

ってな具合で・・・クローズアップ系サウンドの方向には、なかなか良い感じ!・・・

なんですが・・・一部、わざとらしいと言うか、あざとい感じに聞こえる部分も・・・

それに、その良さが発揮されるのも、曲によりけり・・・

大貫妙子や矢野顕子、ザ・ダイアローグ、オルガニスト、フラメンコ・・・ボーカルや小編成ってことになるのか?ポピュラーやJazzってことか?・・・

この辺りは、前後の配置がハッキリして、ボーカルや各楽器も浮かび上がって・・・若干違和感があって・・・こんなピアノの音があるか!とか、まるで風呂場みたいじゃないか!とか言われそうなところも多々あるんですが・・・この何とも、生々しく厚みのある立体的なサウンドは、何故か癖になりそうな心地良さがありまして・・・(^^;

でも、クラシックで、ここの楽器を聞いていると、チェンバロやバイオリンの高域がフェルトモードより音量が小さくなったように感じたり・・・金管がJazzっぽかったり・・・

実は、ゲル浮揚モードとフェルト敷きモードを2回、行ったり来たりしてみたんですが・・・

バランスが少し悪いのは間違いないんですが、それゆえの魅力がありまして・・・出来うるならば、出し切り系のままのオールマイティーなバランスで、グッと来るようなクローズアップサウンドになってくれると嬉しいんですけどねえ・・・まだまだ、腕も経験も未熟で・・・

ってわけで、ホントは、SPはフェルトモードに戻して、プレーヤーを浮揚さしたら?とか・・・

プリだけ浮かしたら?とか・・・ちょっと色々やらないと・・・

なんですが、この時の週末はこれで時間切れになっちゃいまして・・・

で、結局今は、ゲル浮揚モードでしばらく楽しんでみることに・・・(^^;

なので、つづきはあるか?ないか?・・・分かりません・・・多分、またやるでしょう(^^;

ってわけで、明日はどうなる??・・・いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/1139-7ab0b38e