FC2ブログ

【1067】110604 キット屋さんの大阪試聴会(8)プッシュプル(その1)・・・(^^; 

さて、のんびり・・・いえ、実際は、毎晩、睡魔と戦いつつ、夜明けまで必死のパッチなんで、ようやくここまでって感じなんですが・・・

とにかく、ようやく、大橋店主のデモの後半、プッシュプルアンプの聞き比べに・・・

前半同様に、曲を聞きながら、アンプを切り替えていくという方法で・・・送り出しは、前半同様、TL3N⇒SV-192S⇒SV192A/Dだったかと・・・で、聞き比べるアンプは・・・

(1)SV-2300SE・・・2A3:ビーム管のUL接続のプッシュプル
(2)VP-3488SE・・・EL34のプッシュプル
(3)SV-9T SE・・・6GW8のプッシュプル
(4)SV-4アーカイブ・・・KT66:ビーム管のUL接続のプッシュプル
(5)SV-2PP(2009)・・・845のA級、トランスドライブのプッシュプル

この順番で・・・まずは、デモ曲リストの2番目、ベストボイセズから、ジーナロドウィックのParhaps Loveから・・・

(1)SV-2300SE・・・ギターの弦を弾く音はクッキリ、響きが厚く綺麗な感じで、ピアノの響も豊かになった気が・・・中域にエネルギーを感じ、ボーカルが綺麗によく通る感じ・・・
(2)VP-3488SE・・・少し高域が弱くなったか?中低域の厚みとエネルギー感が増して輪郭がはっきりした感じ・・・
(3)SV-9T SE・・・軽快さが出て来た感じで、レスポンスが良くなったような気が・・・低域が軽くなったかな・・・
(4)SV-4アーカイブ・・・エネルギーが上下とも中域側に集まって、厚みが増し、濃い音になったかな・・・
(5)SV-2PP(2009)・・・おっ!空間の抜けが一気に良くなった気が・・・奥行きがグッと深くなって高域の透明な感じがスッキリと、中低域にバランスよく厚みがついて、非常に余裕を感じる・・・

っと、ここで大橋店主からのコメントが・・・プッシュも違うもんだなあって感じじゃないですか?最初は、2A3のプッシュで、結構スイートで、まろやかに包まれるようになりますよね・・・それが、3488SEにすると、結構カチッとなって、しっかりした音で、低域が締まる・・・3番目の9Tは、今日は松下の6GW8ですが、14GW8になると、もう少しエッジがしっかりしますが、6V管がナチュラルな音ですね・・・で、SV4は、3488SEと同じ、ビーム管のUL接続のプッシュプルなんですけども、もう少し重心を下げた感じで、中庸な音で、非常に飽きの来ない音ですね・・・で、最後は845のA級のトランスドライブのプッシュプルで、これはまた独特の響きのよさがあったよねって感じだったんですが・・・

と、ここで更に、こぼれ話・・・

親会社の関係で、マークレビンソンのフィル・ムジオが来られた時、たまたまSV-2PP(2009)の試作機を聞かれ、商品化するかしないか決まっていなかったのに、これをくれと言われて、商品化されたとか・・・この時、氏は、元々自宅でJBL66000の中高域にSV-2007という845のシングルを使われ、低域に、自身の設計のNo.20.6Lを使われていたそうですが、これをSV-2PP(2009)に変え、その後、DACを192Sに変え、フォノイコも含め、増幅系を全て管球にされたとか・・・
既に、現行のサウンドは後進に委ねていて、ご本人は、プライベートでは、今のハイエンドの潮流のスコーピング、見えるような音場的な表現より、ダイナミズムや厚み、力感みたいなものが欲しいと言うことから、そういう選択になったとか・・・

で、次の曲は・・・デモ曲リストの5番目、、鈴木重子&木住野佳子のアルバムWith Youから7曲目、この道・・・

(1)SV-2300SE・・・中域のまろやかなピアノの響きが心地良い・・・低弦の厚みも充分、何よりボーカルの背景が非常に透き通るように見通しが良い感じ・・・
(2)VP-3488SE・・・少し重心が下がった感じで、しなやかさが・・・少し冷静な感じに・・・
(3)SV-9T SE・・・今度は逆に、重心が少し上がって明るく軽快に・・・ピアノの中高域が綺麗・・・
(4)SV-4アーカイブ・・・ボーカルに深みと綺麗な余韻が心地良く、暖かさと陰りも感じる・・・ピアノの低弦に厚みがあって好きかな?・・・
(5)SV-2PP(2009)・・・う~ん、この透明感が、たまりません(^^;・・・中域がクリアで通りのよさが感じれる・・・何より、ボーカルの気持ちの入り込み加減や溜めを感じる気が・・・

おいおい、ちょっと待ってよ・・・SV-2PP(2009)って?・・・げっ!あの巨大なモノアンプ!(@@

じゃあ、次はデモ曲リストの6番目、綾戸知恵のto youから10曲目、Fly Me To The Moon・・・

(1)SV-2300SE・・・ギターがクリアで倍音が気持ち良い・・・指のキュキュッって音が良いな・・・ボーカルもエコーが綺麗な響きに聞こえる感じでいいなあ・・・
(2)VP-3488SE・・・ギターのタッチがまろやかになった気が・・・このアンプ、ちょっとチャートとは、σ(^^)私の捕らえ方が違うなあ・・・
(3)SV-9T SE・・・少しこじんまり?・・・でも、クリアなイメージと、軽快さが・・・
(4)SV-4アーカイブ・・・艶やかさと余韻の綺麗さ・・・ギターの弦が凄く気持ち良い響き・・・切ない感じも少し出てる?・・・
(5)SV-2PP(2009)・・・うーん、このあま~く透明な響が良いなあ!・・・空間がふわ~っと広がるし・・・陰りや切なさも感じるし・・・全体に余裕がある感じ・・・(^^;

っとここで、大橋店主のコメントが・・・ですが、今日も夜明けが・・・

ってわけで、短いですが、つづきは明日・・・いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/1119-fa411e7c