FC2ブログ

【1058】110528-29 機器のゲル浮揚実験Part1(その2)ゲル浮揚ボード・・・(^^; 

なんやなんや・・・大風呂敷広げておいて、なことかい!・・・って毎度の突っ込みは承知の上(^^;

だって、これがいつものパターンですから、お約束どおりに・・・ハハハ

ってわけで・・・昨日のお話しで、画像のコメントにも書いた通り・・・

スピーカー(S-1EX)は、チタンのスパイク受けと御影石ボードとの間にエラストマーを敷くという、何がしたいんだか分けの分からん状態で・・・

元々、ここまでの出し切り系サウンドのセッティングで・・・御影石ボードとチタンインシュを組合せることで、σ(^^)私の思いこみ予想に反して、ハ-ド系セッティングなのに、ウェルバランスで濃く滑らかなサウンドになってたはずなんですが・・・

その間に、ゲルを挟むのはちょっと違うんじゃない?!・・・って違和感が・・・

そこで、ちょっとばかり考え・・・一部で話題のフローティングボードをヒントに・・・

ほら!やっぱりこれしかないじゃん!・・・(^^;

ってわけで、ホームセンターでカラー(黒)の棚板を2枚(\1400)・・・

【棚板にゲルを2枚重ねで】
1058-01棚板にゲルを2枚重ねで.jpg

この上に、家具転倒防止のエラストマー樹脂を2枚重ねにして・・・

と言うのも、最初、1枚で試すと、水平方向の自由度が少ないような気がしてて・・・

で、実際にゲルを置いたのは・・・S-1EXの足の下辺りと、ボードの中心あたりの5箇所に・・・

これも、最初4箇所で御影石を乗せて、叩いたら、すんごく綺麗にカ~ン!って鳴るんで・・・(^^;

気休めにでも、一番腹になりそうな中心にもゲルを置いてみました・・・

ところが、叩いた時の音に、変わりはなくて・・・ある意味、凄いぞこのゲルは!(^^;

ってわけで・・・この上に御影石ボードを乗せたのがこちら・・・

【この上に御影石ボードを】
1058-02この上に御影石ボードを.jpg

2枚重ねのゲルの上に御影石ボードを乗っけて、その上に乗ってみましたが・・・

そうです!・・・σ(^^)私自身が、上に乗って見ました・・・いわゆる試乗!(^^;

まず、水平方向へは・・・360度スルスルとスライドする感じ・・・

次に、上下は・・・飛び跳ねると着地の衝撃が緩和される感じ・・・

ボードの端に体重をかけるとジワッと傾く程度・・・

変な例えですが、免震構造の模型の上に乗ってる感じ?・・・そのまんまやん!(^^;

以前のボードの「大地4」が、その名の通り、大地のごとく、ドッシリと安定していたのに対し・・・

安定感はあるんですが・・・浮いてる感じ・・・ただ、ふわっとって感じではなく・・・

上手く表現出来ませんが・・・そう!ホバークラフトのような・・・地面すれすれに浮かびつつ、ある種の吸い付き感のようなものもある感じ・・・(^^;

で、まあ、ともかく、乗っけてみました・・・

【全体はこんな感じ】        【近付くとこんな感じ】
1058-03こんな感じに乗っけて.jpg 1058-04近付くと.jpg

今回、実際にSPをボードから下ろしたり、乗せたりするところは、画像を撮るのを忘れましたが・・・

最も、時間と労力がかかるのが、この作業・・・

以前、桐のブロックを使ってボードへ上げ下ろしをご紹介したことがありますが・・・

スライドさせて、傾け、桐のブロックを片側の底に入れ、今度は反対側に傾け、ボードを抜いて、もう片方にも桐のブロックを入れる・・・これで、ボードの上から桐ブロックの上に移動完了となるんですが・・・今度は、同じ様に、出来上がったゲル浮揚ボードの上にスライドさせながら、片側から桐ブロックを抜いて、ゲル浮揚ボードに乗せ変えていく・・・そんな感じの作業・・・

1本70kg近いSPを、持ち上げるわけではないので、めやくちゃ力が必要ってわけではありませんが、そこそこは労力を必要とするんですよね・・・この作業が比較試聴には最悪・・・(^^;

さて置き、ゲル浮揚ボードに、更に近付いてみてみると・・・

【数ミリ浮いてる感じ】             【更に近付くとゲルは少し潰れてる】
1058-05更に近付くと.jpg 1058-06ゲルの潰れ方はこんな感じ .jpg

見た目は、ロゴプリントがあれば、某フローティングボードに見劣りしないかな?・・・(^^;

ってことで、ゲル浮揚ボードの設置が完了・・・\(^^)/

で、その結果は?・・・只今、帰宅が連日深夜で、サイレント倶楽部ですので・・・

ほら!・・・やっぱり、この結末!(^^;

次の日は、午前中は梅田へ・・・午後から実家へ・・・時間が取れるかな?ってな状況で・・・

つづきは・・・またあらためて・・・m(_ _)m

ってわけで、いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/1109-75e7fc48