FC2ブログ

【1053】110521-22 コンセントBOX製作第二弾(2)とXLRケーブル製作第二弾・・・(^^; 

さて、相変わらずの工作話・・・コンセントBOX製作も、なんだかんだで2つ目ですし・・・おまけにそのお話も、こま切れなもんですから、一体いつまで続くんだ~?って、突っ込まれそう(^^;

いやいや、お楽しみはここからです・・・ハハハ、しつこくお馬鹿!(^^;

ようやく、コンセントプレート・・・と言うか、蓋の穴あけが完成したところまでお話しましたが・・・今回、ここから一工夫することに・・・

まあ、結果的に、ちょっぴり失敗したんですが・・・(^^;

マスがある方が良いかなと思って、ハンズで20mm角のアルミ棒を買ってきました!

と言うのも、前作のコンセントの取り付けネジを受ける部分には、長尺ナット(20mm2本)をケース裏からネジで固定して、その上に4mmのステンネジで固定してたんですが・・・残念ながら、この長尺ナットが鉄だったんですね・・・

なので、ここを非磁性体で、マスを持たせるためにアルミにしようと・・・

ハンズで買って来た20mm角のアルミ角棒から、台座部分を2本切り出して・・・

【アルミ角棒から切り出し】
1053-01アルミブロックを切り出し.jpg

ところが・・・15mm角なら切り欠きも要らなかったんですが・・・

ハンズへ行ってから、思い付きで材料を入手して来たもんですから・・・

長さを揃えて配置してみたら、ケースのリブにぶつかって入らない・・・(@@

なので、仕方なく、ぶつかる所を切り欠いて・・・

【切り出したブロックに切り欠きを】
1053-02切り欠きを入れて.jpg

ねじ穴を開けて、タップを切って・・・

【ねじ穴をあけてタップを】
1053-03穴を開けてタップでネジを切る.jpg

で、何とか台座部分をアルミブロックに仕上げました・・・

という事で、オール、非磁性体のコンセントボックスが完成・・・

【オール非磁性体のコンセントボックス完成】
1053-04オール非磁性体ケースに.jpg

ちなみに、特に非磁性体への拘りがあるわけでもなく・・・その効果の実体験をしたわけでもありません・・・おまけに、このボックスがつながるのは、鉄箱入りステップダウントランスですから、何をかいわんやですね・・・(^^;

とは言え、これで2つ目も出来たので・・・先日ステップダウントランスに繋いだ試作版のコンセントBOXをクロック用に玉突きして・・・

ついでにアース関連もちょっと弄ってみるかな?・・・って妄想は、ひとまず後回しで・・・

お次の作業は・・・再びケーブル製作・・・もう、ほんっとしつこいね!・・・ハハハ(^^;

一応、昨日は、プリ~パワー間で・・・今度は、UX-1とプリの間・・・

え~っと・・・最初、UX-1とプリ間、プリとパワー間(バイアンプ対応用のパラ配線)は、どちらも、オーディオクエストの切り売り銅単線ケーブルを使って自作したXLRケーブルだったんですが・・・

今年の初め、ちょっと変化を求めて、正月のお買い物で実験材料として手に入れた、巷では評判のヨサゲなAuAg合金の単線で・・・UX-1とプリの間のXLRケーブルを作ったものの・・・

その評判とは裏腹に、完成直後の音は・・・何故か今一の出音だった・・・

これでは、ちと寂しい・・・って訳で、線材の制振構造を変更して、じっくりエージングしたお陰?・・・前の銅単線よりは音数も増えて、少しましになったんで、これまで常用していたと・・・

で、先日ご紹介した、拙宅プレオフ会~オフ会の自作USBケーブル実験で、AuAg合金の単線に少し癖を感じ、一方で、銀の極細より線のサウンドが、なかなか良い感じだったもんですから・・・

こりゃ何とかならんかなと、再び押入れの買い置き線材の残骸を引っ張り出してみると・・・

【あり合わせでもう1本】
1053-05あり合せでもう1本.jpg

一部違う種類の線材を組み合わせて、足りない分を延長すれば、60cm長位なら辛うじて作れそう・・・

ってわけで、信号線を、絹巻き銀より線と、銀の極細より線にして、アースラインを絹巻き銀より線の長さ足らずを延長して、各3本の銀より線のケーブル材料を捻出・・・

【緑が絹巻き銀より線・白は極細銀より線】
1053-06緑は絹巻き銀より線白は極細銀より線.jpg

でもって、今回も、内部の信号線の保持方法による音の変化まで手を出すとトンでもなく面倒になるんで・・・あり合せ線材(銀より線)の音の傾向を知るための試作品なので・・・省略!(^^;

と言うことで、結局、3本の銀より線に、銅の錫メッキ網組線(最近こればっかり)を被せて・・・

【あり合せの銀より線XLR】
1053-07あり合せの銀より線XLR.jpg

これで、あり合せ銀より線のXLRケーブルの完成\(^^)/

となると、当然音の印象は?ってなりますよね・・・(^^;

これがね・・・偶然の産物!?・・・意外にいいんでないかえ!って感じ・・・

滑らかさと濃さもあって、硬さも失わない・・・白い貴婦人のイメージが呼び起こせるかも?(^^;

ただ、繋いで直ぐの印象だし・・・電源周りのてこ入れも意外に貢献しているかも?・・・

まあ、今のプラシ-ボ全開状態でなら、かなりの向上に思える・・・\(^^)/

しばらくエージングをかねて、じっくり聞いてみて・・・

そのうち、銅単線と、AuAg合金単線と、銀より線の比較もやらないと・・・(^^;

っと、またまた・・・「そのうち試さないと」アイテムが増えちゃいましたが・・・

そう言えば、オール非磁性体のコンセントボックスの玉突きが・・・

ってわけで・・・つづきは明日?・・・いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/1104-3eba3e26