FC2ブログ

【092】080915 I氏邸訪問(オールLINNシステム) 

昨日、ご報告しましたように、来場者数が、延べ10,000人を越え、益々突っ走って・・・・やばいな、ネタないぞ~!・・・・まあ、ぼちぼちとやっていきますんで、今後ともお付き合いをよろしくお願いしますm(_ _)m 

それでは、ファンの皆様お待たせいたしました。本日は、お宅訪問シリーズ第2弾!です。

先日、DYNAUDIOのショールーム「on and on」にお誘いくださった、大先輩のI氏のお宅へお邪魔してきました。
I氏とは、戯れる会つながりで、懇親会の席で話しかけていただき、一度聞かせてもらいに行くよとの言葉どおり、8月の下旬に同じ戯れる会のM氏とともにお越し頂きました。
その時の模様が、ファイル・ウェブのコミュニティの記事にアップしてあります(あっちこっちでしゃばってるなぁ)が、この時をきっかけに、少々自分の求める再生音・音楽がどんなものかを見失ってしまっていました。

そんな中、素晴らしい刺激を頂いたのが、先のDYNAUDIOのショールーム「on and on」の中村氏の再生音楽でした。その時の模様は、以前「【N008】DYNAUDIOのショールームへ(感激体験)」にアップしてあります。

という事で、前置きが長くなりましたが、そんな感激体験に導いてくださったI氏の再生音楽をお聞かせいただくということで、とってもo(^^o)(o^^)oo(^^o)(o^^)oワクワクしての訪問となりました。

I氏のお宅は、首都圏に数分の最寄駅から徒歩で数分というとっても便利な立地の住宅地にあり、とてもうらやましい環境でした。オーディオルームは、2階い角部屋で、防音などの改修をされた専用ルームでした。広さは12~4畳くらいでしょうか?(σ(^^)の感覚は当てになりません。)

【オールLINNシステムフロント】
http://blog-imgs-18.fc2.com/m/t/t/mtt2/20081023212709.jpg','','resizable=no,location=no,menubar=no,scrollbars=no,status=no,toolbar=no,fullscreen=no,dependent=no,width=820,height=620'))">092-1オールLINNシステムフロント.jpg 

ドアを開けて、部屋に入ると、シンとした雰囲気で、いやな響きのないとても居心地の良いお部屋に、アナログもCDも、もう全く入口から出口まで、オールLINNのシステムたちがσ(^^)を迎えてくれました。
残念ながらというか、何やっとんや状態のσ(^^)は、帰る間際に辛うじて写真だけは取らせて頂きましたが、この整然と並ぶオールLINNシステムのそれぞれの機種名をお聞きしてきませんでした。←お馬鹿!

【オールLINNシステムコンソール】
http://blog-imgs-18.fc2.com/m/t/t/mtt2/20081023212755.jpg','','resizable=no,location=no,menubar=no,scrollbars=no,status=no,toolbar=no,fullscreen=no,dependent=no,width=820,height=620'))">092-2オールLINNシステムコンソール.jpg 

さて、話しを戻して、お部屋の方はと言うと、窓も二重窓(ペアガラスとかではなく、サッシが2重)で、壁も落ち着いた色調の珪藻土ということで、大変S/Nのいいお部屋に感じました。
その他、色々と対策を重ねられているらしく、カーテンも床にくっつかない長さがポイントだとか、石井式ルームで有名な松浦氏のアドバイスも受けられたとか、ノウハウの詰まったお部屋です。
さて、早々に音を聞かせていただくことになり、普段アナログを聞かない私のために、まずはCDからと、何曲か聞かせて頂きました。
もう、のっけからビックリ。
これまで、σ(^^)は、オーディオ関係のショウなどで聞いていたLINNのイメージから、中高音が繊細で少しボリューム感があり、低域は若干ゆるく多めで、どちらかというと高域よりのドンシャリ系統の音(失礼)だと勝手に思い込んでいました。

ところが、とんでもありません。
非常に暖かく、優しく、たおやかな音色で、その音の余裕にまずは驚きました。
これは、音が丸いわけではなく、中高音は非常に繊細で明瞭ですが、エッジを強調したりして輪郭をはっきりさせるような所がなく、自然で繊細なまま緻密に構成されるような感じでした。また、低域は、アタック音も正確で、変に滲まず、しっかり量感を伴ってたおやかに届きます。

ペッテリサリオラが、先日ディナの中村さんに演奏いただいたよりも更に大人の重みのある演奏を聞かせてくれた。また、ピアノの音の何と艶やかでしっとりしていることか。ジャズを聴くには、σ(^^)にとっては、ベースとシンバルが少し大人すぎる(きっとこれが本来のバランスで、σ(^^)が強調を好むのだと思う)感じがしたが、正装でレディと一緒に楽しむには、これくらい大人びた雰囲気がいるような気がする。

その後、続いてクラシックを聞かせていただいたが、何とも心地よい。ホールの広がりにあわせた響きに酔い、一方で、ボーカルやソロ楽器の音色に聞き入る感覚は、リラックスしながら脳はフル回転のアルファ波出しまくり状態ではないか?

というように、とびっきりの音楽に浸る時間を過ごさせて頂きました。

そして、最後に私を待っていたのは、私の駄耳を実験台とする強烈なテストでした。
もう私は内心、駄耳に認定証が発行されるかとドキドキ(^^;

一通り、I氏にCDとレコードの演奏を聞かせていただき、σ(^^)の持参したCDを聴いた後、最後は少しだけ実験タイムにしようかということになり、I氏がこのCDを良く聞いてみてとシャンソンを1曲かけられました。
もう一度、良く覚えておいてと、同じ曲を2回聞きました。
何か、ギターの高音弦が、音天井の方に散らばり、コーラスも何とも入り乱れて気持ち悪い感じ。
そしてI氏は、接続をプラスマイナス変えるからと、パワーアンプの入力をクロスケーブルを挿入して反転されたようでした。
改めて、再試聴スタートですが、断然普通です。ボーカルがセンターに定位し、コーラスもギターもボーカルの背後に並んでいるように聞こえます。
試聴が終わって直ぐにI氏から、どっちが好みかと聞かれ、直ぐに後者と回答しました。
何故?と聞かれて、前者の定位がバラバラで気持ち悪い旨をお伝えすると、種明かし。
どうも、このCDは逆相でプレスされているとのことで、後者が普通だと回答して正解だったようです。
という事で、駄耳の認定書の発行は免れ、とりあえず、耳は正常に機能していることを確認して頂きました。
この実験、分からない人も意外にいるとのことで、何かとっても嬉しかったりして(^^;


そして、実験パート2は、σ(^^)のGe3お出かけセットの試聴をI氏にして頂きました。
まずは、超結界からという事だったんですが、σ(^^)が聞いた印象でも、予想どうり変化が少ない。
と言うのは、I氏のシステムが、既に相当感情面に訴えかける演奏をしていたからです。
I氏の感想も、少し変ったのは分かるけれど、自分の思ういい音になったかどうかは分からない。
先程の逆相CDの実験ほどには変っていない。とのコメントを頂きました。
続いて、私の大好きな「天音」ちゃんをトライワイヤリングのSPケーブルに3本添え、雷知の紐縛りで試聴。
ん~~。ヤッパリ、先程と同じような変化、I氏のコメントも同様で、変るけど良い悪いは分からないとのこと。
どうやらGe3の方向をI氏のシステムは受け入れないことが分かりました。

【最後に番外編】

「その1」
LINNのシステムに全く無知なσ(^^)には、2ウェイのスピーカなのに、何でこんなに豊でたおやかな低音が出るの?
と不思議だったのです。しかも、何でトライワイヤリング?
パワーアンプも3台あるし?

【隠れていたウーファ】
http://blog-imgs-18.fc2.com/m/t/t/mtt2/20081023212849.jpg','','resizable=no,location=no,menubar=no,scrollbars=no,status=no,toolbar=no,fullscreen=no,dependent=no,width=620,height=820'))">092-3隠れていたウーファ.jpg 

σ(^^)ってお馬鹿ですね~!

そう、3ウェイだったのです。
知らなかった・・・・・・・(^^;


「その2」
I氏のお宅にお邪魔して、どうしても、確認したかったのが、AcousticTaoさんが訪問された時のこの画像。 
 
AcousticTaoさんの訪問記事

この画像左上の違和感たっぷりの物体は何だ?

かみさんとのラブコールの時、
「今度I氏のお宅に行くんや。」

かみさんにも、こないだ行ったAcousticTaoさんの所のブログに載ってる画像を見させる。

「左上のは何?」

「ん??」

給湯器のようにも見えるけど、何かオーディオ用の秘密兵器かもしれん!
「何やろな??」

かみさんと、ブルーツースのヘッドセットをして、同じブログを見ながら、「何やろう?」と、二人して疑問の塊になってたんです。そうそう、実は娘もコレを見て不思議がっていたようで、謎解きを待っているそうです。
更に、息子もその話を聞いて、結末を知りたがっています。
と言う事で、いつの間にか、我が家の不思議になってしまいました。(^^;

そして、ついに謎は解けました!

【我々夫婦+娘+息子の謎は解けた\(^^)/】
http://blog-imgs-18.fc2.com/m/t/t/mtt2/20081023212930.jpg','','resizable=no,location=no,menubar=no,scrollbars=no,status=no,toolbar=no,fullscreen=no,dependent=no,width=820,height=620'))">092-4我々家族の謎は解けた.jpg 

じゃじゃ~ん!やっぱり給湯器!
「何で?」

何と、2階のこのオーディオルームに隣接する洗面所の給湯用だそうで、オーディオルームになる前の部屋の生い立ちなどの関係からこのようになったみたい。
それにしても、何とも、オールLINNのオーディオシステムとのアンマッチがとってもシュールです。(^^;

と言う事で、私たち家族の謎が解け、今回のI氏邸訪問の一番の収穫となったのです・・・・・・・って、なんじゃそりゃ!
まだ、この画像は送ってないので、このブログを見てかみさんと娘、息子も喜んでいるでょう!(^^;


Iさん、ごめんなさいm(_ _)m ばらしちゃいました。

と言う事で、I氏邸ではたくさんの素晴らしい感動をいただき、家族団欒のテーマまでいただき(^^;本当にありがとうございました。是非、また遊んでやってください。m(_ _)m

デハ(^^)/

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/110-602e3357