FC2ブログ

【1048】110508 教授邸訪問:ハイクオリティーシアターの威力に・・・(@@; 

やば~!(汗・・・休日は所用で忙しくヘロヘロ・・・完璧に寝てしまった・・・夜明けまでにどこまで書けるか?・・・もう白んでる・・・厳しい!・・・(^^;

さて、教授邸の夏仕様サウンドを楽しませていただき・・・って、既に、これでもか!ってくらいの素晴らしい再生を、次から次へと・・・ようやく一息と、お茶タイムに・・・でも、出てくるのはため息ばかり・・・何か秘密は?と、ケーブルの接続周りや電源周りを見るも、以前との違いは先のケーブル(サックラ)くらいなので・・・

お茶タイムの話題は、大貫妙子の録音の良さと、ここでのその素晴らしさから始まり、女性ボーカルのサウンドの話とか・・・

教授から、再び辛口コメントは?・・・って言われても・・・(汗

で、お茶タイムの後は・・・映像編に・・・

まずは、kin-ya邸で、BDのサラウンドマルチを試聴した絢香のライブを・・・PCMのステレオで・・・

と、その前に、σ(^^)私の持参したDVDにセットで入っていた絢香のライブのCDで、2chだと本当は、どんな風に聞こえるか?・・・

って訳で、DVDにおまけ?で入っていたCDから、冒頭、Jewelry dayを聞かせていただく・・・

わちゃ~!またもや、歴然とした差が・・・コリャ聞かん方がよかったかも?・・だって、クオリティーで行くと、断然このCDの方が良いんですもの・・・凄いSNと、ほとほと感心する情報量・・・やっぱり、こんなに情報量が・・・めっちゃ透明感の高い歌・・・しかも、濃く厚みのある声・・・(^^;

教授も、これはCDの方が良いんじゃないですかと・・・

いやいや・・・ただただ聴き入るばかり・・・絢香、良いですね!・・・早く復帰しないかなあ?

曲が終わって、ついポロリ・・・こんな音だったんだ・・・(爆笑  その実、ため息が・・・

さて、それでは、気を取り直して、降ろされたスクリーンを眺めつつ・・・同じ絢香のイブをBDで・・・

いやあ、やっぱりこの青が凄いですね!・・・それにとっても滑らか・・・エッジを強調せず、色調の変化で自然に立体的に見える・・・は~!映像見てもため息が・・・

で、冒頭の歌の部分をLPCMの2chで・・・はあ・・・良いですね・・・もう、ため息全開(^^;

CDの方がクオリティーが高そうですが・・・BDの少し優しく中低域にすこーし厚みのあるサウンドの方がゆったり聴き惚れていられます・・・

続けて、三日月も・・・なんとも切ない気持ちが・・・

そして続けてみんな空の下を・・・このホールに響くエコー(リバーブか?)の最後はどこなんだ?って思うほど、綺麗に長~く伸びる伸びる!・・・(@@

は~、めっちゃ良かった\(^^)/・・・やっぱり、絢香・・・良いですね・・・とびっきりのクオリティーの大画面で、ゼ~んぶ出し切りって感じの素晴らしいクオリティーの音を、ライブさながらの音量で聴くと・・・行けなかったこのライブの疑似体験・・・良いですねえ(^^;

で、やっぱりこのBD,クオリティー高いですね・・・ってのが、共通した印象・・・CDは声が素直な感じが良くて・・・BDの2チャンネルだと、ライブらしい臨場感が楽しめて、これはこれで良いなあと・・・サラウンドは、どうも、この2チャンネルの音源をそのままサラウンドにした感じで、少し・・・とのことでした・・・

このクオリティーの2チャンネルの音を出すためには、ピュア用のメインDAC(ビマーク)を通す必要があって、先日、拙宅プレオフ会にお借りした4mのプラチナム!のデジタルケーブルを作られたんだとか・・・なるほど、この濃く滑らかで柔らかなボーカルサウンドは、そういう組み合わせを持ってしてようやく実現するんですね!・・・

映像も、暗部にノイズが無くて、凄いなあとkin-yaさん・・・

こちらも、最初、ブラビアって感じの絵だったのを、調整で、この滑らかで綺麗な絵にされたと・・・

さてと・・・それじゃあ、シアター本番行きますかと教授が次に上映したのは・・・

映画、バーレスク・・・

どひえ~!・・・絵のインパクトが強い!・・・濃く滑らかで、輪郭が自然なんで奥行きを感じやすい・・・それより、もっと強烈なのがサウンド!・・・これは、ホームシアターならでは・・・と言うか、プライベート上映用のスペシャルハイクオリティー空間・・・絶対、提供側は、個人宅でこんなクオリティーで上映されているとは知る良しもないでしょう!

クリスティーナ・アギレラのソロの熱唱・・・何か、映画とプライベートミュージカルの両方の空間を次々体験しているような不思議な感覚・・・

う~ん・・・このクオリティーでこの音量・・・おまけに、この絵・・・見なきゃ良かった・・・

今後、めげずに自宅でも楽しむには・・・この印象、感覚を覚えて、自宅での視聴の際には・・・こう鳴ってるはず・・・こう見えてるはず・・・って言う、感動のスイッチを入れて、印象を、直接よび出すしかない・・・

いやいや・・・すんごい!!

っと、夜も明けたし、あまりの衝撃を、思い出して、つづきが書けないので、今日はここまで・・・

ってわけで・・・いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

Mt.T2さん
絢香のライブのマルチCHはイマイチですね。やはり2CHが自然でGOODです。ハルクロのDACで再生しても良いのですが、2CHはやはりVIMACを使いたくてPLATINUM SIGNATURE のデジタルケーブルを特注したのが大正解でした。あとバーレスクは映像、音共に豪快豪華で良かったですね~。ノリノリです。最近はドラマ"ヴェロニカ・マーズ "に嵌っているので、BD全く見ていません。全33巻あるので当分DVD再生です...

教授、こんばんは。連日のお付き合いありがとうございますm(_ _)m
いやあ、絵も音もさすがの素晴らしい再生で、教授がVIMACのDACに拘られる理由が少し分かったか気がしました・・・あのサウンドなら、2chで充分ですが、普通は、マルチの方が良いと思われるケースも結構あるんじゃないかな?とも思いました(^^;

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/1099-741ff254