FC2ブログ

【1032】110502-5オフ会の余韻~GWのお遊び:アンテナ分配器・・・(^^; 

さて、今回、プレオフ会~本オフ会と、非常に多くの成果や、気付き、ヒントが得られました・・・ひとえに、お越しいただいた、皆様の暖かいご協力によるもので・・・ありがとうございましたm(_ _)m

プレオフ会は、後から急に決まったとは言え、ある意味、この8ヶ月取り組んできた、出し切り系サウンドの期末テストのごときオフ会だったわけですが・・・

今思えば、σ(^^)私の下手なこだわりで、せっかくのパフォーマンスを、伸び代のほとんどないAVアンプの黒助君(SC-LX83)で浪費し、せっかくのピュア系のパフォーマンスを出し切れていなかったのに、さすがスゴ耳の皆さん、辛口コメントの会と言うことになったため、1発でその弱点が明らかに・・・

お陰様で、以降、拙宅史上、最高の出し切り系サウンドとなり、お遊びネタのUSB-DDCやUSBケーブルの比較試聴でも、その差を明確に出してくれ、とっても楽しませてもらいました\(^^)/

しかし、その効果はそれだけではなかったんです・・・御影石を導入して、高域寄りだったバランスがかなりワイドレンジでフラットで、レスポンスも早く滑らかになったサウンドが・・・

プレオフ会で変更した電源ケーブルは、フン詰まりを起こしていたパワーアンプを徐々にトレーニングし、翌日の本オフ会までの間に、より一層、濃くナチュラルなになりまして・・・

その結果、本オフ会では、その向上したポテンシャルの高さを存分に楽しんでいただけたのではないかと・・・実は、本オフ会で、お越しいただいた皆さんに、以前、うちの音は、かなりカリカリ系でと申し上げていたのですが・・・

弦楽四重奏団エベーヌのダイナミックな弦の演奏や、エリック・モングレインの剃刀のような弦の切れ味が、この、プレオフ会で行った電源ケーブル変更で、一気に中低域の厚みが増して、素晴らしくバランスよく滑らかなサウンドに変身していたのです・・・(@@;

で、サウンドの方向性の異なる本オフ会にお越しの皆さんが、拙宅のこの出し切り系サウンドを、どのように感じていただけるか?って言うのが、大きな関心事であったわけですが・・・この最後の一手の効果もあり、非常に好印象を持っていただけたようで、一安心・・・

それどころか、このサウンドは、全く違う方向性という物ではなく、本オフ会にお越しいただいた皆さんにも、充分満足いただける、サウンドであったと言うことで、ここで試聴した機器の特徴や、線材の違いも、明確に鳴らし分、そのポテンシャルを充分発揮できたかと・・・

そう、つまり、ここのところσ(^^)私が求めて来た出し切り系サウンドは、拙宅システムの機器なりに、上流機器の性質を余すことなく発揮できる基礎体力を身に付けたということ・・・

正に、一旦舵を大幅変更した意味が、ここにあったわけで・・・つまりは、リビング実験工房のリファレンスサウンドができたと言うこと・・・この結果は、非常に喜ばしいことです(^^;

で、その結果、早速、USB-201を中心とするインフラノイズ製品を駆使される酒仙坊さんが求めるサウンドのエッセンスを、地続きで実体験することが出来た訳です・・・そのポイントが調音・・・

一方、拙宅のリファレンスサウンドも、ニュートラルと言う訳ではなく、少し特徴があると言うことも感じることが出来ました・・・それは、この本オフ会のコメントでもちょくちょく出てきた「銀の音」

ある意味、これが聞こえることが、今の拙宅システムの完成度を現しているんじゃないかと思うと同時に、ハイエンド系出し切りサウンドとのギャップを如実に表しているのかな?とも思う・・・

まあ、この方向のエッセンスは、プレオフ会で聞かせていただいた、白い貴婦人のサウンドが示すところなんでしょう・・・(^^;

と言うことは、その世界は、σ(^^)私が歩み寄る世界ではなく、まずは、拙宅リファレンスサウンドとしては、銀や銅、単線やより線のサウンド傾向を知っておく必要があるのかな?と感じている・・・

後は、このサウンドをベースに、どんなエッセンスを入れると、どんなサウンドになるのかということを楽しみながら経験を積んで行き、次なる目標サウンドの模索を続けようと・・・(^^;

なんて、分かったような分けの分からないことを考えつつ・・・

実際は、何やってるかと言うと・・・今日のお話の本題・・・_ええっ!ここまで前フリ?(@@!

ハイ・・・(^^;

プレオフ会~本オフ会を終えて、ゴールデンウィーク中盤のお遊びねたは・・・アンテナ分配器(^^;

プレオフ会で、吉田兼好さんが、冒頭、部屋や機材をご覧になって、最初のコメントが・・・

「これ、結構ノイズ撒き散らしますよ」・・・

【樹脂製ケースのアンテナ分配器】
1032-01樹脂のアンテナ分配器.jpg

っと、TVのアンテナ分配器のケースが樹脂であることを心配頂いた・・・

で、この時、ハムノイズ退治に明け暮れ、ノイズって奴に過敏になってた私としては・・・

やるしかないでしょう!・・・(^^;

いえね、以前から気になってたんですよ・・・ただ、私が気にしてたのは、壁コンセントの部分・・・

この画像のように、壁のアンテナコンセント側が、普通のアンテナプラグで、F型になっておらず、L字の樹脂のプラグを差し込んでいたんですよ・・・

【現在の分配器と調達してきた部材】
1032-02ホームセンターで調達.jpg

壁のアンテナコンセント以降、BDレコーダーもTVもF型プラグ(ネジ式)になっているんで、ここだけ、ただの差込だってのが、気になって・・・(^^;

ってわけで、同時に変えちゃいました・・・

TVアンテナの壁コンセントをF型にして、分配器からの接続ケーブルの端子もF型プラグ(ネジ式)に変更して・・・分配器を金属ケースの高シールド型にして・・・

これで、全部揃った訳です・・・(^^;

【分配器を高シールドのタイプに】
1032-03分配器を高シールドタイプに.jpg

と言うことで、何か変わったか?・・・って、野暮な突っ込みは無し! (^^;

要は、同軸のシールド構造の一気通貫と言う、精神的満足感が欲しかった訳で・・・

お陰で、何となく、映像の粗さが無くなり、滑らかになった気が・・・(^^;

プラシーボ満点の効果があったわけです!

ってわけで、吉田兼好さんのコメントのお陰で、簡単に大満足の結果・・・\(^^)/

どうもありがとうございましたm(_ _)m

で、その後、壁コン内部で2分配にした方が良かったのでは?とのアドバイスも頂いてたんですが・・・実は、それも考えたんですが・・・

このコンセントカバーがアルミのオーディオグレードのもので・・・

壁コン内で2分配にすると、右側を2口のものに変えないといけなくなるんです・・・

でも、今は変える余裕がない(^^;・・・ってわけで、今回は、こんな接続に・・・

と、他愛もないお遊びネタで一息・・・と言ったところですが・・・

明日も・・・恐らく一息ネタかな?・・・(^^;

ってわけで、いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

大変おもししろかったです。

My.T2さん面白い記事ありがとうございました。
御影石は、私も以前からオーディオボードとして利用していますが、良いですよね。
コードも音が変わりますが、大きな変化は私の装置ではありません。まだまだ追い込みが出来ていない証拠でしょう。
今回うかがわせていただいて、AVがよかったです。AV素人の私は、とても新鮮でした。
なんだかのめり込みそうです。
これからもお互い精進しましょう。

M谷さん、こちらこそ、長々とお付き合いいただいて、ありがとうございましたm(_ _)m
それに、今回も、あれもこれも書いちゃってすみません。
当日、この音はどうなんだろう?と思っているところへ、トレートなコメントをタイムリーにいただけたので、とても参考になり、嬉しかったです。
御影石ボード・・・現在、また新たな使い方を実験中です・・・結果の良否はまだこれからですが、いずれまた、こちらの日記にもアップしますので、お楽しみください(^^;
昨日の音はいかがでしたか?あのトラポ、到着が待ち遠しいですね!
今後とも、またよろしくお願いいたしますm(_ _)m

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/1083-1340c54f