FC2ブログ

【991】110305-6 USB-DDC遊び:USBケーブルの製作(その1)・・・(^^; 

さて、フェーズテックのUSB-DDC(UDIF7)基板をケースに入れて・・・バッテリー駆動で楽しんで・・・本命のお楽しみアイテム・・・Voyage MPDをセットアップしたALIX 3D2の到着を、首を長~くして待っておりますが・・・まだ来ません(^^;

今回の企画が、あまりにタイムリーで、魅力的だったため、希望者殺到・・・ゆえに配布の作業が想定外の大仕事となったようで、難航しておられそう・・・申し訳ないことですm(_ _)m

ってわけで、少しはVoyage MPDの予習くらいやっとかないと・・・と思いつつ、ネットで情報を漁るも・・・Linuxの呪文に、馴染めず、腰が引けてしまう・・・(^^;

で、結局、現実逃避・・・これも準備だからと、またまた工作を・・・

何やるの?ってわざとらしい!・・・もちろん、USB-DDCですから、メインはUSB・・・

なので必然的にケーブルが必要・・・

これまでは、PC用の周辺機器のおまけについてきた汎用USBケーブルを使ってました・・・

でも、周辺では、USBオーディオインタフェースでも、ケーブルの効果は明確で、ワイヤーワールドの赤が推奨されてまして・・・少なくとも紫でないと駄目との噂も・・・

実際、昨年の6月に、フェーズテックのUSB-DAC(HD-7A)を試聴した時、その効果は体験済み・・・

【754】100605 フェーズテックUSB-DAC試聴:その1・・・(^^; [2010/08/21]
【755】100605 フェーズテックUSB-DAC試聴:その2・・・(^^; [2010/08/22]

でも、だからと言って、そのまま真似ても面白くない・・・(^^;

っと、ここ最近、アコースティックリバイブの信号線と電源線を分離したケーブルが非常に良いぞ!との情報がちらほら・・・

ほらほら、遊ぶならこれだ!・・・ここは一つ、そのアイデアをいただこう!(^^;

ってわけで、まずは、線材とプラグを調達しよう・・・

【まずは部材調達を】
991-01部材調達.jpg

でもね、実は、先にもう一つ、元々使ってみようと思っていた線材があったりして・・・(^^;

それは・・・後で出てくるから、ここでは置いといて・・・

これに対向するなら、単線ものがいいかな?ってわけで・・・

今回、AuとAgの合金の単線と、USBのプラグを調達してきました・・・

っと、ところが、時間がとれず、調達だけ済まして、しばらく放置してたら・・・

どこから聞きつけたか?(^^;・・・何故か、刺客が送られてきた!(@@

【刺客がやって来た】
991-02刺客がやって来た.jpg

おっと、こうなると・・・ヤバイヤバイ!・・・早いとこ、他の対抗馬を用意しないと!

ってわけで・・・慌てて工作開始・・・(^^;

でも、いきなり長いのは止めておいて・・・まずは、もう一つの実験アイテム用を・・・

【まずは予行演習】
991-03まずは予行演習.jpg

まずはプラグに線材をはんだ付け・・・

ってわけで、まずは、超短い版ってことで、15cmものの製作を開始・・・

プラグに線材をはんだ付け・・・で、信号線のペアと、電源線のペアを分けまして・・・

それぞれを適当にツイスト・・・ハハハ得意のいい加減(^^;

ってわけで、巷で評判のよさげな線材・・・ご存知、AuとAgの合金の単線・・・

この線材を、アコースティックリバイブのアイデアをいただいて・・・電源線と信号銭線を分離して・・・のUSBケーブルのショートタイプ(15cm)を作りました・・・

【練習用に作った超・ショート君】
991-04練習用に作ったショート君.jpg

出来上がった超・ショートタイプのUSBケーブル・・・

まあ、今回も得意の実験用ですので・・・プラグに線材をはんだ付けして・・・シールドの網線かぶせて・・・絶縁テープで巻いただけ・・・というお粗末な作り(^^;

まあ、これで信号が通れば、本命の2mものも行けるだろうとの安直な考えですので・・・

ってわけで、明日は、こいつを繋いで・・・ってお話を・・・

いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/1041-33249a56