FC2ブログ

【960】110203 3D対応プロジェクターLVP-HC9000D試聴会へ(その1)・・・(^^; 

震災による被災地の復旧、原発事故の終息を願いつつ・・・身勝手ながら、自身の気持ちのバランスを取るため、本日も、一旦、非表示にしていた部分を復活させていただきます・・・m(_ _)m



さて、3Dの可能性に大きな期待を寄せつつ・・・まあ、実用性については、まだまだ未熟な分野と認識しつつも、まずは体験してみないことには・・・

っと、御託を並べても、結局は、嬉しがりの大はしゃぎのお話なわけです・・・

で、期待の3D対応のプロジェクターの中、ソニーとビクターに少し遅れて、遂に、三菱の新機種の視聴会が大阪でも開かれましたので、行ってきました・・・

場所は、シマムセンのシアター用の店舗のCYMA(シーマ)・・・で、プレゼンターが凄い!

極悪ブラザーズのごときヒゲの風貌のお2人・・・堀切日出晴氏と小原由夫氏とのこと!(@@

って、このお二人を前に、まずは、カミングアウトを・・・

これまで、映像について、少しは分かった風なことを書いてますが、σ(^^)私、音だけでなく、映像についても、デフォルトで充分満足、ご機嫌に楽しんじゃう完全初心者なんです・・・(^^;

っと、言うのも、この後の視聴会の内容の奥深さやマニアックさによるんですねえ・・・

ってわけで、いよいよその視聴会のお話に・・・まずは、シマムセンの方のオープニングの挨拶・・・

そして、早速、堀切さんと小原さんお二人の楽しいトークと共に視聴会がスタート・・・

何でも、この三菱の新しい力作プロジェクター、LVP-HC9000Dは、ソニーの反射型液晶デバイス(SXRD)を使って、三菱ならではの絵作りをして来たようで・・・昨年12月の発売予定を3ヶ月ほど遅らせても、完成度を上げることに拘ったとのこと・・・

で、まあ、面白かったのなんのって・・・小原さんと堀切さんの掛け合いと、お二人の拘りの凄さ!

特に、堀切さんのマニアックさには(@@・・・σ(^^)私の興味は、肝心のHC9000より、こちらに?

内容は、まず前半2/3が2Dの話、後半1/3が3Dの話とのことで・・・2Dの視聴から・・・

スクリーンは、OSの120インチピュアマット2EX・・・ゲイン0,975の新作・・・

迷光対策として、スクリーンの周囲には、天井まで暗幕が貼られてました・・・

で、いきなりの映像はカラーバー・・・堀切さんのこだわり全開!(^^;

今回のHC9000の特徴の1つは、シネマフィルターとのことで、物理的にグリーンの純度を上げるためのフィルターを入れる機能があるとのことで・・・このフィルターを入れると、グリーンが、三管プロジェクターのLVP-2001と同じ色純度になるんだそうで・・・フィルターが無いと、これまでの三菱の液晶プロジェクターと同じ色純度なんだそうです・・・

もう一つは、今のソースには、107%の白が入っているものがあり、それを表示させる、スーパーホワイトの機能とのこと・・・白飛びする白を、コントラストを落として無理に表示させず、キッチリ表示するんだとか・・・

で、こんな信号じゃ分からんと言うことで、沖縄の宮古島を撮ったソフトで確認・・・木々のグリーンとシアンが映えるので、海のエメラルド色が・・・淡路島沖と沖縄の違いくらい違う・・・

続いて、ビデオソフトの輪郭強調の設定について・・・これならOFFが滑らかで自然・・・ほう!(^^;

液晶の鮮鋭度が好きな人は、「中」とか、シャープネスをあげると良いとか・・・

っと、小原さんが、本体の説明を・・・以前より、シンメトリーデザインになって、一回り以上大きくなって・・・買い替えの人は、厚みと奥行きに注意してねと・・・吸排気も前で、ケーブルも横出しになって、背面はピッタリ付けられると・・・ファンも21~22dBだそうで、気にならない・・・

今回のHC9000は、ホントにかつての2001を思い起こす、暗部の階調や黒の沈み込みも、三管ライクになった・・・三菱らしい黒の表現力になったと・・・黒の艶っぽさや漆黒感が出るようになったと・・・

で、映画「パンズ・ラビリンス」のBDの、主人公のフェリアが地下の迷宮に入って行って、守護神のパンに会うところまでのシーンで・・・月明りでの青、黒側の非常に微細なグラデーションを見てと・・・SXRDをチョイスした意味が分かるだろうと・・・

虫~妖精になる奴の羽音や、空間の音が凄く映像のイメージを膨らませるサウンドに感心したんですが・・・すみませんm(_ _)m・・・映像は、元を知らないので・・・(^^;

っとここで、地下の月明りのシーンで、シネマフィルターの有無を確認・・・有りにすると、グリーンの純度が上がって、月明かりの黄色っぽい色も出てくると・・・

堀切さん曰く、このスクリーンは、パワー感もあって、とてもゲインが1以下とは思えないと・・・

何が面白いって、極悪ブラザーズの掛け合いが、めっちゃ面白い・・・(^^;

っと、今日はここまでが限界・・・つづきは明日

ってわけで、いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/1003-a6dfa73c