fc2ブログ

月別アーカイブ

 2024年03月 

【5005】231124 大阪ハイエンドショウ(終)・・・(^^; 

インフラノイズさんのブログのWhat's Newに連投、WTPスピーカーのポテンシャルアップで、GEのモノカートリッジがShureに取って代わった理由が分かるかも?・・・(^^;


さて、3か月遅れの大阪ハイエンドショウのおさらい・・・最後のちょっとを(汗

2階へ降りて・・・ステラ・ゼファンのブースへ・・・

【ステラゼファンの送出し】    【無指向性のSP】
5005-01ステラ・ゼファン送出し 5005-02無指向性SP

お馴染みのマッチョな担当の方の長い説明のあと・・・まずはCDで電子楽器の演奏ですと・・・Boris BlankのElectrifiedから1曲目のタイトル曲を・・・

低域が軽いのはこのSP構造から?・・・その割にバスレフ的な印象を持ったのは、音源の作りがそうなのかも?・・・でもさすがに無指向性、広がりは凄く、SPの外にも定位・・・話題になるのもわかりますね・・・(^^;

おつぎは、レコードで鮫島由美子の椰子の実を・・・ジャーマンフィシックスと似てて、定位はそこに立ってる感じだけど、高域の抜けはもう一つ?・・・

音圧を感じた向きには合わないSP?・・・ま、σ(^^)私なんぞお呼びでない超ハイクラスゾーンな機器ですから・・・(汗

つづいては、隣のイベントホールへ・・・

【ファルコンのデモ?】
5005-03ファルコン

お、そろばん玉なSP!・・・ファルコンの無指向性でデモをされてて・・・坂本冬美のずっとあなたが好きでしたをかけられてましたが・・・真空管アンプで駆動されてたのかな?・・・なんかすごいエコーで・・・坂本冬美ってこんな声だっけ?・・・(大滝汗

ってわけで・・・別館は一通り回ったので?・・・本館へ・・・

【トライオード】
5005-04トライオード

本館はトライオードのみ・・・おお、凄い人!・・・TIASもそうですが、真空管アンプの人気が凄いのか?トライオードの人気が凄いのか?・・・何となく、ショウでの出音からすると、トライオードの人気が高いんでしょうね・・・(^^;

スペンドールのSPをトライオードの真空管アンプで駆動して・・・鈴木勲の黒いオルフェをレコードでかけられて・・・ちょっと今のσ(^^)私の耳には荒々しいかな?と思ったんですが・・・プリアンプを追加して、元のアンプをフルボリュームでパワー的に繋いで同じ曲を・・・

おお、荒々しさが整理され、心地よい音に・・・ま、真空管のよさをたっぷり効かせたって感じのサウンドなので・・・やはり、今のσ(^^)私の方向性とは違うみたい(汗

と言うことで・・・ちょっと疲れたのでもうこの辺で・・・

そうだ、最後にもう一度、SOULNOTEの音を耳に残して帰ろうと・・・(爆

【再度にSOULNOTEに再び】
5005-05最後にSOULNOTEに再び

お、椅子も戻され、人が一段落してる・・・(@@;

朝は、一気に人が集中したんですね(汗・・・で、ブライアン・メイ & ケリー・エリスのDust in the Wind (Live from the United Kingdom)がかかってて・・・いいなあ、この音源!

【Brian May and Kerry Ellis The Candlelight Concerts】海女損から拝借m(__)m
5005-06Brian May and Kerry Ellis The Candlelight Concerts

そのほか、お馴染みの曲を聞きつつ・・・加藤さんとお話しして・・・テープ音源の話もちらっとして・・・元気をもらって(爆・・・音を耳に残して・・・

今回の、大阪ハイエンドショウを後に・・・(^^;

で、そのまま自宅へ戻って・・・とりあえず最後にSOULNOTEで聞いた数曲を、自宅で聞いてみると・・・

う~ん・・・中低域の厚みが足りない・・・高域の抜け、音数が少ない・・・全体に空間の響きとか低域の空気感が薄い・・・(悲

待てよ?・・・で、集合住宅限界音量で再び・・・(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)うんうん

音量が上げられないのなら、部屋のSN、システムのSNを上げるしかない?・・・実家でなら、これくらいの音量は平気で出せるのに・・・(滝汗

ま、それはともかく・・・ショウのおさらいはこれにて終了・・・(汗

次回は?・・・週明け火曜から・・・拙宅環境の話~年末年始へと・・・(爆

まあ、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/

【5006】231125-26 ラック改修&追加ボード&オイルフィニッシュ・・・(^^; 

さて、恒例の実家のフォローとメンテに戻って(汗・・・それもそっちのけで、実家の農作業小屋で、やりたかったけど出来てなかったラックの改修を・・・(滝汗

と言うもの・・・大阪の自宅ではうるさ過ぎて電動工具が使えないし・・・でもって、先のボード2枚作製で、実家リビングでやったら、切削屑が部屋中に舞って、大変なことになったので・・・(大滝汗

で、やりたいのは・・・デフォルトの2×4棚フレームの間隔では、ボードを支える位置の前後幅が狭くて・・・棚フレームの間隔を広げたいのと・・・その加工を加えることで、足フレームの左右の揺れを抑えたいなと・・・(汗

ってわけで、雪起こしが吹いた前夜から、一気に寒くなったので、気が乗らないながら・・・金曜の夜から実家に戻って、朝から農作業小屋で作業することに・・・(寒

ところが・・・作業するには甥っ子が一時置きしてる廃棄予定の家財を退けて・・・コンクリート床の砂埃を退ける必要が・・・で、気が付けば半日経過・・・(@@;

ってわけで、昼飯食べて・・・ブルーシートを敷いて、作業開始・・・

【棚フレームに切欠きを】
5006-01棚フレームに切欠きを

まずは、棚フレームに、足フレームの切り欠きを・・・

ジグソーで切ろうとしたけど、鋸刃の長さが、厚みより短くて断念・・・鋸で手切りを・・・でもって、真ん中の切り欠きをどうするか?・・・ここは小屋にあったノミで切り欠き解決!・・・(汗

で、棚フレーム4本の加工を終えて・・・いよいよボードの制作を・・・

まずは、4隅の切り欠きを鋸で手切り・・・

つづいて、真ん中の穴開け・・・4隅にドリルで穴開け・・・ジグソーで穴の間を切り繋いで・・・って、このジグソーが曲者?・・・刃に材の硬さで横に力が加わり・・・補助木を添えても真っすぐ切れない・・・(大滝汗

結局、トリマー処理するからと、フリーハンドでボード4枚の穴開け加工をすることにして・・・工作台に補助木をクランプで留めつつ・・・トリマー加工に移行・・・

【穴とトリマー加工】
5006-02穴と切欠き加工

前回の経験を生かして?・・・補助木の置き方を活かして、取っ手の切り欠きと穴の側壁加工をつづけて出来るようにして・・・1枚目は時間かかったものの・・・2枚目以降はスムーズに・・・

とは言え、やはりガイド治具がしっかりしてないので、加工精度は低く・・・ま、見えないところだからいいか・・・と、諦め(大滝汗

【加工が終わると暗くなってた】
5006-03加工が終わると暗く

で、完全に日が暮れて・・・大阪の自宅に戻り・・・まずは、棚フレームの組付けを確認して・・・(汗

【組付けを確認し】
5006-04組付けを確認し

棚フレームのオイルフィニッシュを実行し・・・

【棚フレームのオイルフィニッシュから】
5006-05棚フレームのオイルフィニッシュから

時間が無いので・・・拭き取ってべた付かなくなったら・・・

【夜中に棚の組み立て】
5006-06夜中に棚の組み立て

夜中に棚を組み立てて・・・(大滝汗

【機器を仮設置するも?】
5006-07機材の仮設置も

機器を仮設置したんですが・・・(汗

う~ん、これだと棚板の色との差がなくなり、見た目がつまらないなと・・・(爆

で、翌朝いつものホームセターに濃い目のオイルを買いに行ったらなくて・・・ホームセンターの梯子?・・・で、3件目でやっとゲット!・・・(滝汗

【ボードにオイルを】
5006-08ボードにオイルを

新たに加工した4枚は、エボニーでオイルフィニッシュを・・・

【ベランダで乾燥】
5006-09ベランダで乾燥

で、2度塗りして・・・乾燥してたら夕方までかかっちゃった・・・(汗

でもって・・・ラック下段に仮置きしてたX-3とB-3の端材ボードを・・・加工したボードに入れ替えて・・・

【ボードを入替え】
5006-09ボードを入替え

ここで、上段のS-3のボードが、重量とスパイク位置の関係から、中央でかなり反ってることが判明・・・(@@;

どうやら部材の横強度が低く、ボードの支持位置とS-3のスパイク位置の関係から・・・一番弱いボード中央で凹るようで・・・(大滝汗

なので、仮に端材の補助木を敷いて仮補正を・・・(爆

ってわけで・・・本日の工作φ(..)メモはここまで・・・次回は、ここで見つかった問題対応?・・・(滝汗

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/

【5007】231202 もどきボード補強と重ね塗り・・・(^^; 

ところで・・・SOULNOTE S-3もA-3も専用のボードが付属してるのに、なんで開発者指定のボードを使わないの?・・・(爆

それは・・・単に貧乏性で、直接スパイクをぶっ刺すのは、勿体ないから・・・ってわけではなくて(汗・・・X-3とB-3には付属してないし・・・E-2にも・・・(滝汗

それと・・・開発者がコストアップを承知の上で、それでも敢えて付属にした専用ボードだから、なおさら・・・あとで入れ替えて、なるほど!やっぱり開発者の意図するサウンドはこんなに凄かったんだ!って・・・お楽しみが出来るじゃないですか!・・・(爆

って後付けの理由はともかく・・・最近、何でもかんでも面倒で、ほとんど体を使ってなかったので・・・久々に何か工作してみたくなって・・・(爆

ホントはリスポジ右のレコードプレーヤー側のラック内機材のの整理とラックの改修とか・・・リスポジ左の拡張押入の音源ラックの拡張、出し入れデッキの追加とかもやりたいんですが・・・やっぱ腰が重くて・・・(大滝汗

ってわけで・・・既に時空歪みな日記になってますが、年始にヒジヤンが来阪することが決まってたこともあって・・・ようやく重い腰を上げて・・・まずは、SOULNOTE機材のラック更新からスタートしたわけで・・・(滝汗

で、久々にトリマーまで使って工作してみたんですが・・・出来上がってくると・・・棚フレームとボードの色がまだ似てて、何か気に入らない・・・(爆

そこへ、S-3用のボードが・・・ボードの支持位置とS-3のスパイク位置の関係から・・・一番弱いボード中央で凹ちゃってたのが発覚!・・・(冷汗

ってわけで・・・まずはこれの対策をと・・・オイルフィニッシュの重ね塗りを2回追加して・・・ボードの補強をと・・・(汗

【ボード裏に補強板を】
5007-01ボードに補強板を

S-3用のボードの裏に、ホームセンターで見つけた補強板をねじ止め・・・(爆

【エアジャッキを置いて】     【その上にS-3を】
5007-02エアジャッキを置いて 5007-03その上にS-3を

で、そのボードの上にエアジャッキを置いて、S-3を乗せ・・・エアジャッキのエアを抜きつつ・・・S-3をボードのセンター位置に・・・で、スパイクをぶっ刺す!(汗

【ボードごとラックに設置】
5007-04ボードごとラックに設置

で、ボードごとラックに運び、3点インシュの上にそのまま設置・・・(^^;

【おつぎはA-3】          【ボード下のインシュ】
5007-05おつぎはA-3 5007-06インシュの上に

おつぎはA-3を退けて・・・ボードの重ね塗りをしてから・・・S-3同様に、エアジャッキでボードセンターに乗せて・・・ボードごとラックへ・・・

【再設置完了】
5007-07再設置完了

ってわけで・・・インシュの位置を出来るだけボードの端の方へ・・・(^^;

一応この時点では、補強したS-3用のボードも、凹んだりしてないみたいで・・・(汗

画像では、少し分かり難いですが、色味も棚フレームよりボードの方が濃くなったし・・・一応これで完成かな?(^^;

で、本日の日記φ(..)メモはこれにてお終い・・・次回は?・・・息継ぎ(滝汗

と言うことで・・・いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/

【5008】231203 レコード箱追加&テープ三昧・・・(^^; 

さて、年明け早々の予定が見え始め・・・って、いつの話しとんねん!って昔の話ですが・・・昨年12月から、怒涛の年明けイベント対応が始まっていたんです・・・(大滝汗

何と言っても、年明け早々にヒジヤンが来阪する際、サウンドクルーさんも同行されるとのことで・・・押し入れに入り切らず、溢れた音源や、休眠機材を何とかしないと・・・足の踏み場もないし・・・(大滝汗

その後、年明け3週目には、恒例のレコードを聴く会が予定されてて・・・今回は、テープメインで、同じ音源のCDとレコードもあれば持参せよ!との指令が・・・(滝汗

ってわけで・・・新規導入のSOULNOTE A-3のセッティングはともかく・・・まず、年内には、溢れるものモノを何とかしないと・・・

って焦りつつも・・・腰が重くてなかなか進まなくて・・・とは言いつつも、溢れたレコードを何とかしないとと・・・

【届いたレコード箱キット】
5008-01届いたレコード箱キット

溢れた分のレコードを入れるための箱をポチったのが届いたんですが・・・組み立てる気力が・・・それに、帰宅後にトンテンカンテンやるわけにはいかず・・・週末実家へ戻った時に組み立てすることに・・・(滝汗

で、それじゃあ、次にやらないといけないのは・・・音源選定・・・(汗

ってわけで・・・手持ちのテープから、どれを持っていくかを聞き比べ?・・・(汗

っと思って、1本目を再生し始めたら・・・テープの走行にムラが・・・(@@;

【ピンチローラーのゴムが】
5008-02ピンチローラーのゴムが加水分解

で、デッキを調べると・・・ピンチローラーのゴムが、加水分解で、ふにゃふにゃネバネバに!・・・(大滝汗

なので・・・先日入手した予備のピンチローラーをREVOXに入れ替えたんですが・・・

【4953】231019-20 予備キャプスタンとカーボンナノチューブコーティング・・・(^^; [2023/11/30]

ずっと以前?・・・このREVOXをゲットした際、仮自作したピンチローラーがあったはずと・・・探してみると・・・

【3377】170829 模様替え準備&REVOX B77mk2の仮ピンチローラー製作・・・(^^; [2017/11/05]

お、やっぱり・・・なので、前回REVOXに装着したばかりのピンチローラーを外して・・・これをSTUDERに装着・・・REVOXには、昔作って一時的に使ったピンチローラーを取付て・・・

【修理完了】
5008-03修理完了

ってわけで、これで修理完了!・・・(^^;

【テープ聞きまくり!】
5008-04テープ聞きまくり

ここからは、つぎからつぎへとテープを聞きまくり!・・・(^^;

で、一応レコードを聴く会に持参する候補の絞り込みが完了・・・最終選考は、CDとレコードも引っ張り出して、聞き比べもしてからってことに・・・(汗

ということで、これにて、本日の日記φ(..)メモはおしまい・・・(^^;

次回は?・・・LANアキュの用途について?・・・(汗

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/

【5009】231210 AppleTVにLANアキュライザーの効果!・・・(^^; 

さて、このタイムスタンプのころ(爆・・・年末進行でヘロヘロで・・・その影響もあって・・・疲れの癒しに?・・・Netflixでミュージックビデオをあれこれ見てて・・・ふと、これも配信だしなあ・・・(汗

ひょっとして、LANアキュ(LACU-1)って映像にも効くんじゃね?と・・・(滝汗

でもって、Apple TV 4KへのLANリベラメンテのプラグ付近に、LANアキュ(LACU-1)を試して超ビックリ!(@@;

映像の滲みが激減、白のピークがアップして・・・字幕がクッキリ!・・・おお!

って体験を、きちんと日記に出来て無いことにきづいちゃったんで・・・あらためてそのおさらいをすることに・・・(爆

ことの発端は・・・夜中に部屋の電気を消して、Netflixで、宇多田ヒカルのAIRスタジオセッションを見てて・・・

【AppleTV4KのLANプラグに】
5009-01AppleTV4KのLANに

白いブラウスが、ソフトフォーカスな感じで生地の素材感とか気にも止めて無かったんですが・・・これも配信だからほっとして?と、LANアキュ(LACU-1)を、Apple TV 4KのLANケーブルのプラグ付近に装着して見たら・・・

【LANアキュ(LACU-1)を装着したら】
5009-02LANアキュ(LACU-1)を装着

何と!・・・宇多田のシャツのシワの様子や生地感がはっきり見えて・・・(@@;

って、これはあくまで変化のポイントであって・・・もちろん、宇多田の肌感や立体感、生気までクッキリスッキリと見えるようになって・・・ホントにビックリ!(@@;

全体的にはピントをぼかしたところからピントを当てたところまでのボケ具合のグラデーションと言うのか?ダイナミックレンジと言うのか?・・・ボケ具合の自然さが、前後感、距離感を凄く分かりやすして・・・画面の場への没入感が凄くアップ!

目の前の75インチの4Kテレビの映像を見てるって感じじゃなくて・・・窓枠(TV画面)を隔てて、そこに見えている同じ空間に居るような感覚に・・・(滝汗

もちろん、サウンド的にも、滑らかさと濃さを維持しつつ、エッジやキレも明瞭になり・・・歌や演奏の強弱、メリハリなどの気持ちの込め方のダイナミックレンジが広がって・・・より実在感がアップする感じで・・・これは、ステレオの音楽配信を再生した時のLANアキュの効果と同じ傾向ですね・・・(^^;

う~ん困った!・・・音楽配信と映像配信、ソースを変える度にLANアキュを差し替えるのが面倒!・・・って、ぜいたくな悩み?(爆

ま、一応同時に両方を視聴することはないし(滝汗・・・タッキーなことに、音楽再生用PCと、AppleTV4Kの間で、機器の起動状態のまま、LANケーブルを抜き差しして、LANアキュ(LACU-1)を差し替えても・・・なんと!つづけて視聴出来るんですよ!(爆

ってわけで、差換えて使えば、全然問題は無いのです!(大滝汗

というのが、本日の日記φ(..)メモ・・・で、次回、週明け火曜は?・・・年末進行疲れの反動で、ポチった音源到着の( ..)φメモメモ・・・(汗

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/

【5010】231210-14 届いたレコード聞きまくり&追加ポチ?・・・(^^; 

さて、3か月遅れのおさらい日記・・・リアルタイムでの出来事があれこれありまして・・・タイムスタンプの頃とは違っちゃってることもあり・・・早々に挽回したいところです・・・なんとか、頑張って・・・と、思った尻から・・・息継ぎ日記・・・(爆

ま、サラッと行っちゃいましょう!・・・(^^;

えっと・・・追加のレコード箱をゲットして、何とか片付けをと、日記にも書いてる尻から・・・ポチったレコードが届いちゃいました・・・(滝汗

【届いたレコード(その1)】
5010-01届いたレコード(その1)

まずは・・・伊勢正三のジャンク盤・・・レンタルのシールが・・・(滝汗

【洗っては聞いて】
5010-02洗っては聞いて

で、まずはこのシールを剥がしつつ・・・洗っては聞いて・・・(^^;

あれ?・・・画像のSPの上には、波動ツイーターが乗ってますが・・・この頃は、音の立ち上がりにインパクトが欲しくて使ってたんですが・・・ツイーター領域が前後に放射されることで、かなりの広がりが感じられるものの・・・演奏者の存在がぼやけ・・・その広がりや響きが部屋の上方に浮くのが違和感に感じるようになり・・・その後撤去したので・・・今は鳴らしてません・・・(滝汗

【届いたレコード(その2)】
5010-03届いたレコード(その2)

おつぎは・・・ボブジェームスのジャンク盤で・・・こちらもまずは、旧の自作超音波洗浄機で洗って・・・(汗

【HumminGuruで仕上げを】
5010-04HumminGuruで仕上げして

濯いだ盤の乾燥を待たず・・・そのままHumminGuruで仕上げを・・・乾燥までで終わるのでそのまま再生!・・・楽だし、予備洗いだけより、いい感じにクリアになるんで・・・止めれません・・・純水にドライウェルを滴下した極薄ドライウェル水の効果?(爆

ただ・・・それも、実はこの頃はもう一息な印象が(滝汗・・・と言いつつ勢い余って?・・・こちらもポチっと・・・(大滝汗

【フォープレイのBetween the sheets】
5010-05フォープレイのBetween the sheets

そうそう、この盤も、もう一息って感じてたんですが・・・今、このφ(..)メモを書きながら聞いてると・・・かなりいい感じに変わって来てる!(@@;

おそらく・・・A-3が鳴り始めたのもありますが・・・その理由は?・・・鑑賞音量を少し上げるようになったのと・・・一番は、アンプ用のタップに、自作のトランスのうなり防止回路を入れてたのを・・・フィルター無しのタップに変えたことかも?・・・(汗

ま、その辺りは、追々整理して行くとして・・・おつぎは?(汗

【ステファングラッペリのCD】
5010-06ステファングラッペリのCD

SS誌の229号で紹介されてたCDで・・・海女損ムジクで探したけどなかったので、ポチっちゃいました・・・(滝汗

濃さと鮮度の高い実在感がしっかりあるサウンドで・・・ジプシーバイオリン的音色のJazzスタンダード中心のアルバムで・・・何より楽しくなる!・・・音源と出音が、どちらも同じ、いい方向を向てる気がする・・・(^^;

ってわけで・・・本日の息継ぎφ(..)メモはここまで・・・(爆

次回は?・・・今のいい感じのレコード再生に寄与してるかも?な対策を・・・(汗

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/

【5011】231217 シェル除電にトライ!・・・(^^; 

さて、SOULNOTE A-3を導入し、一番楽しいフェーズのはずが・・・年明けにテープを聴く会の遠征とヒジヤンの来訪、うどん国遠征が決まり・・・何はともあれ、休眠機材や音源や工作道具や材料が溢れ、足の踏み場もない状態を何とかしないと・・・(大滝汗

いやあ、ホント今思い出しても・・・早くやらないとって焦りの割に、腰が重くて、遅々として進まず・・・そうは言っても、何とかしないとと・・・少しづつ、少しづつ・・・なんて言いつつ・・・ほとんど実家に運び込んだだけですけどね・・・(滝汗

MJ誌やSS誌、AA誌の段ボールが10箱近く・・・弄りまくった休眠ジャンクなオープンリールテープレコーダーが4台・・・同じくジャンクな休眠レコードプレーヤーが6台と・・・毎週末に実家に戻る際に、毎回ゴルバり君のラゲッジルーム満タンで・・・実家の空いてる2部屋の半分が倉庫状態に・・・(爆

で、先にゲットしたレコード箱を実家に持ち帰って組み立てて・・・大阪のリビングの拡張した押入へ音源片付け?・・・まるでパズルのように、限られたスペースにどうやって押し込むか?・・・(滝汗

いや、ホントにあれこれ試行錯誤・・・CDラックもいっぱいで、その上に追加のレコード箱を乗せて・・・これがかなりの重量で、あっちへこっちへと結構な肉体労働・・・

と、仕事は仕事で、年末進行のドタバタで、毎日ヘロヘロで帰宅・・・

なので、そのストレス解消も兼ねて・・・テープやレコード聞いて癒され・・・(^^;

でもって、いつもならこの時期は、気温が低く、カートリッジのダンパーの硬化と・・・空気の乾燥で、盤の静電気が激しく・・・レコードを聴く機会が激減するはずが・・・

ま、思ったほど気温が下がらなかったからか?・・・いや、12月は結構寒かった(滝汗

実はこの頃・・・レコード洗浄で、純水+ドライウェル1滴の効果に気付き始め・・・内袋から盤を出しても、くっつく素振も無く・・・(@@;

静電気の影響が低いから?・・・冬なのにレコードの音が普通?・・・ざわつきやビビりもなく・・・あ、振動系の軽い光カートリッジゆえのメリットもあるのかな?

【カーボン除電ブラシ】
5011-01カーボン除電ブラシ

最初は、アーム型静電気除去クリーナー?・・・カーボン除電ブラシ使ってるのが効いてるのかな?とも思ってたんですが・・・

以前は、思ったほどに静電気が取れなかったような気もするし・・・(汗

となると、やっぱり・・・純水+ドライウェル1滴の効果か?・・・ちなみに、ドライウェルの滴数を増やすと音がニュルっとするので・・・1リットルに1滴くらいで十分(汗

っと、話が前後しちゃうんですが・・・この時期の難敵?静電気を克服するためにともう一つやってた対策が、本日のテーマ・・・(大滝汗

カーボン除電ブラシは、電気的に除電効果ありそうですが・・・盤を擦ると逆に静電気が発生する・・・実は、レコード再生で針が盤を擦ることでどんどん帯電するって話があるそうで・・・大半の除電対策では追い付かないって話もあるくらい・・・(滝汗

それと・・・そもそも、カートリッジの針が盤の溝をトレースすると、その振動が、盤に戻るのと・・・針からカンチレバー、カートリッジ、シェル、アームへと伝搬するので・・・カートリッジの発電信号に、この振動系の影響も重骨してるわけで・・・

カーボン除電ブラシで盤を擦ることで、盤に振動が発生し・・・これが、カートリッジの針からの信号に影響を与える可能性もあるかも?・・・(大滝汗

そんなことも考えてて・・・思いついたのが・・・ちょっと前にマイブームだった導電性アルミテープチューン!・・・(爆

世界のトヨタが特許を取るほどのクルマのアルミテープチューン・・・SPのバスレフポートに施工したら、目に見えて埃が付き難くなって、低域の滲みが減ったのに少し量感も出るようになったって効果を体験し・・・(汗

【シェルに除電スカートを】
5011-02シェルに除電スカート

思いついたのが、スカート状の導電性アルミテープをシェルに貼り付けること・・・(汗

これなら、盤との間隔が近く、針が発生した静電気を、その直後でコロナ放電で除電出来るのでは?・・・それに、盤に非接触にすることで、摩擦による帯電や振動の発生を起こさず除電が出来るかも?なんて思って・・・(汗

施工後の印象は・・・背景のザワザワした感じが無くなって、音の見通しもよくなった気が・・・ま、アルミテープを貼ったことで、シェル回りの振動モードが変化したからかも知れませんが・・・(大滝汗

ホントは、その辺り、表面電位計とかで測定しながら、じっくり検証したいなと思いつつ・・・本日のテーマは、ここで終了・・・(爆

で、次回は?・・・届いた音源と、アイテムの話?・・・(滝汗

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/

【5012】231223-25 届いたCD&表面電位計?・・・(^^; 

インフラノイズのブログのWhat's Newに、空きLAN端子のフェルトダンプLAN端子装着のおすすめが・・・(^^;


さて、このシーズンの静電気対策・・・クルマのアルミテープチューンに始まり・・・エレクトロンディスチャージャーやケーブルによるアーシングを経て・・・

当初は、コロナ放電を追っかけていたのですが・・・いつしか材質による帯電にも着目・・・異なる材質を導電性アルミテープで繋いで電位を揃え・・・要所でコロナ放電を活用する・・・そんな仕組みによる効果?なんて認識してたんですが・・・

その後の追加アイテム・・・カーボンナノチューブ配合のワックスを塗布したことで、先の仕組みの効果がかなり増強された気がして・・・(大滝汗

ただ、残念ながら、明確な根拠となるエビデンスが無い・・・(滝汗

風切り音の低減とか、燃費の向上がありそうなんですが・・・季節の変わり目を跨いだこともあり、施工した対策が、単純に効果を発揮したとは言い切れず・・・(大滝汗

でも、感覚的な効果の手応えはあったので・・・お調子者のσ(^^)私としては・・・オーディオにも!と・・・カーボンナノチューブ配合のワックスをSPの筐体に塗ってしまいました・・・(汗

これまた、効果を裏付けるエビデンスは無くて(大滝汗・・・感覚的には、埃が付着し難くなったのと・・・SPの音離れがよくなり、音が解れつつも滑らかに広がるようになった気がします・・・(爆

ってわけで・・・ホントは表面電位計で、処理前と後の数値に差が見られるか?を確認すればよかったんですが・・・ちょっと手を出すにはお高くて・・・(滝汗

で、本日のテーマは・・・まずはこの週末の出来事・・・

毎度の実家のフォロー&メンテで戻る際は・・・前日書いちゃいましたが・・・休眠ジャンク機材を積んで帰り・・・大阪へ戻ると・・・SACDが1枚届いてて・・・(汗

【レイチェル・ポッジャーのベートーベン、バイオリンソナタSACD】
5012-01レイチェル・ポッジャーのベートーベン、バイオリンソナタSACD

こちらは・・・先のヒジヤン邸&TIAS遠征時に・・・ヒジヤン邸で聞いたSACDで・・・おさらい用に探したんですが・・・お買い得盤がすぐには見つからず・・・遅れて発見したのをポチったのが到着・・・(滝汗

【4966】231103 関東遠征:ヒジヤンち(3)・・・(^^; [2023/12/22]

ヒジヤン邸で聞いたような濃い響きはありませんが、スッキリした見通しであっさりと鳴る・・・ああそうか、濃い音に慣れると、しばし物足りなくなるんですね・・・(滝汗

っと、何故か探し物をネットでウォッチしてると出てくるんですね!?・・・お高くて手が出なかった表面電位計の格安中古品が!・・・(@@;

【届いた表面電位計】
5012-02届いた表面電位計

ただ、クルマもオーディオも、さんざん対策した後で・・・対策前のデータが無いので・・・その効果を計り知ることは出来ないのですが・・・(爆

まずは、気になってた・・・レコード盤を針がトレースすると、どんどん帯電するって話があるし・・・以前の拙宅でも、レコード再後に盤を持ち上げると、パチパチ、産毛がぞわぞわってなってたので・・・レコード再生で帯電は増えるか?を・・・

【再生前】            【再生中】
5012-03再生前 5012-04再生中

あれ?・・・う~ん、やっぱり増えないですね・・・(滝汗

【化繊のブランケットは?】
5012-05ブランケットで

果たして、ちゃんと測定できるのか?と・・・化繊のブランケットを擦って測ると・・・お、ちゃんと数値が上がる・・・さらに擦ってパチパチ言う状態だと、測定値を超えて、数値が表示されなくなる・・・なのでやっぱ再生では増えてない?(汗

【再生はじめ】          【片面再生後】
5012-06再生はじめ 5012-07片面再生後

で、再生のはじめから・・・片面再生終わるまで・・・要所要所で計ってみたけど・・・多少の増減はあるものの・・・ほとんど変わらず・・・(滝汗

【カーボン除電ブラシ】
5012-08カーボン除電ブラシ投入

じゃあ、もっと盛大に盤を擦ったら?と・・・カーボン除電ブラシもトレースさせて計ってみたけど・・・やっぱ変わらない・・・(大滝汗

ってわけで・・・どうやら、極薄ドライウェル水での洗浄効果が、静電気除去には、一番効果があったような気が・・・(汗

ま、そのうち、ぼちぼち追試もしていってみようかな?・・・(爆

で、次回は?・・・実家で聴き収め?・・・(滝汗

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/

【5013】231231 大晦日の聴き収め?・・・(^^; 

さて、実は昨年末一番の作業は・・・10月後半にゴルバり君のDIYオイル交換をやったんですが・・・1月の車検時にディーラーでオイル交換して、その際、次回交換設定が、117,500kmに設定されてて・・・12月に入って、この設定距離に近づき、あと1000Kmでオイル交換せよ!って表示が・・・(大滝汗

【4954】231021 オイル交換φ(..)メモ?・・・(^^; [2023/12/01]

実際には、115,000KmでDIYオイル交換したので、次回は+5,000Kmかな?って思ってて・・・ホントは、120,000Kmでアラートが出てほしいんですが・・・(滝汗

ってわけで・・・久々にVCDSと格闘して・・・何とか120,000Kmでアラートが出るようになるだろうと思われる設定に変更を・・・結果は、その時になってみないと(爆

で、これを書いてるリアルタイムのつい先日・・・ちゃんと出ました!(嬉

ってわけで・・・年明けの来訪準備・・・って、それ以前の片付けで大忙し?だったこともあり・・・このところ、ほとんどじっくり音楽を聞けてなくて・・・(滝汗

ま、せめて年末くらいはと・・・大量に大阪から実家に運び込んだ休眠機材の中から・・・休眠してた、旧メインプレーヤーのPL-25E改をセッティング・・・

【PL-25E改をセットして】
5013-01PL-25E改をセット

で、持ち帰った音源から・・・年明けの遠征に持参するテープとの比較用音源を・・・

【持ち帰った音源から】
5013-02持ち帰った音源から

持ち帰ったのは・・・Jazz At The Santa Monica Civic '72のレコードとCDで・・・

【比較試聴を】
5013-03比較試聴を

まずはレコードから聞いて見ると・・・

ああ、やっぱ気持ちいいなあ!・・・晦日から大晦日の未明・・・田舎ゆえ、音量上げても全然気にならない(汗

確かに、システムの解像度や質はそんなに高くないけど・・・カートリッジがDL-103ってこともあり・・・太くて濃い音で、浴びる音量の快感!・・・(^^;

どんなに分かった風なことを言ってても・・・結局σ(^^)私の耳は、感じられる音量があればそれで満足しちゃうんだ・・・(大滝汗

で、CDを聞いて見ると・・・ああ、解像感とか広がりはあるけど・・・レコードに比べると、エネルギーバランスは断然、中高域方向よりで・・・(汗

そっか・・・大阪のメインシステムのバランスは、こっちに近いんだ・・・(泣

で、レコードとCDをちょこちょこ切替えて聞き比べてみると・・・うん?レコードの高域が物足りなさ過ぎ?・・・で、アームのVTAと針圧を調整して・・・お、バランスがよくなった!・・・(^^;

やっぱこうしてそこそこの音量で聞くと、レコードの中低域の濃さ、太さが一層実態感を増してくれて・・・いいなあ!・・・(^^;

ただ、ライブの間奏の拍手の音を聞くと・・・DL-103だと、やっぱちょっとσ(^^)私的には物足りないかも?・・・(汗

う~ん、このバランスを大阪で?・・・う~ん、音量が・・・ってわけで、この件は先送りすることに・・・(爆

で、この後・・・確認対象のカノンを聴き比べ・・・想定外の悩ましい結果に・・・同じはずの音源が、メディアによって全然音が違って・・・後にそれ以上に、生産国による違いの方があまりに大きいことにショック!・・・(爆

って、わけのわかんない話は置いといて・・・いよいよ次回、週明け火曜からは、年が明けてからの話へ?・・・今更?!(@@;

ま、そんなわけで・・・いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/

【5014】240106 ヒジヤン&サウンドクルー氏拙宅襲来?(1)・・・(^^; 

おっと!インフラノイズさんがブログ公開してたアームダンパー・・・M博士の膨大な実験結果が、ダイジェストのレポートとしてアップされてます!・・・すげえ!(@@;
由紀精密のヒステリシスブレーキは興味深いですが、素人が真似できるレベルではなく・・・インフラノイズさん提案のアームダンパーのCPの高さが光りますね!(^^;


さて、何と!・・・3か月半遅れの拙ブログのおさらい日記もやっとのことで年を越し・・・新年早々のヒジヤンとサウンドクルーさん襲来のおさらいに・・・(大滝汗

元旦には、ボロな実家でも、震度4を辛うじて耐え忍び・・・3日には大阪へ戻り、残る片付けに励みつつ・・・4日5日と仕事始め~月初の超輻輳を経て・・・(大滝汗

5日夜から当日朝も・・・最後に溢れるものモノを、空いてるところに押し込みまくり・・・ヒジヤンとサウンドクルーさんを迎える直前に、ようやく一段落・・・(@@;

【襲来直前の拙宅システム】
5014-01襲来直掩の拙宅システム

そのさわり~つづく怒涛の遠征の話を・・・思わず反則技の割込み日記に・・・(滝汗

【4973】231104 関東遠征:TIAS 2日目(0) 緊急割込み編?・・・(^^; [2024/01/09]

実際、この割込み日記でバラしちゃってますが・・・この日記の画像で、SOULNOTE A-3が写っちゃってまして・・・(汗

時系列がぐちゃぐちゃになりますが・・・実際にA-3が到着した日記をアップしたのが

【4995】231111 ボード準備~SOULNOTE A-3到着!・・・(^^; [2024/02/15]

なんと、2月の15日ですから・・・1か月以上もフライング・・・(@@;

とは言え・・・ヒジヤンの1月15日のPhil-Mの日記で、全容がバレちゃってますので・・・今更何を?って感じですが・・・(滝汗

Mt.T2邸 - オーディオ西方見聞録2024 2日目

(ちなみに、当のヒジヤンは、オーディオ&音楽活動の集大成のため、7度目の本場ウィーン遠征を終え、そのおさらい日記をアップ中!これは極めて興味津々!)

と、時間は刻々と進んでいますが(汗・・・σ(^^)私の視点からの対応経過や同席した時の自分の印象、貰ったコメント・・・そこから何を思って・・・その後どうなって行ったか・・・そんな流れを押さえるためにも、この時点のおさらいφ(..)メモをしておかないと・・・σ(^^)私自身が、わけわかんなくなっちゃいますし・・・(滝汗

ってわけで、ものモノを押し込んで、リビングのスペースを空けた状態で・・・

【AVアンプで状況確認】
5014-02AVアンプで状況確認

画像のタイムスタンプと時計を見ると前日夜・・・SOULNOTE A-3をバイパスでAVアンプのフロント出力に繋いで・・・自動音場補正MCACCの設定を・・・(^^;

これは、メイン機材の接続状態や部屋の異常が無いかを確認するには一番手っ取り早くて・・・画像に撮ってませんが、補正結果を画面確認すると、繋ぎ間違いとか、特性、距離など、いつもと大きく違わないか?を確認して、うっかりを防ぐために、ちょくちょく使う手でして・・・(爆

【直前の確認】
5014-03当日朝の確認

でもって、当日朝・・・最後に残ってた邪魔ものを移動して・・・とりあえずの出音確認・・・って、結局、お二人が来られたら、何を聞いてもらうか?の準備も出来ていないまま・・・ヒジヤンから、電車1本遅れるとの連絡後・・・最寄り駅に迎えに・・・(汗

ま、もともと、今回の遠征の本命は、この後の京都人さんのところで・・・この日は午後一までお仕事とのことで・・・それまでの時間繋ぎ?と、クルマでの送迎を兼ねて?・・・拙宅をバッファー代わりでとお願いしていたので・・・

で、最寄り駅改札前で、ヒジヤンとサウンドクルーさんをお迎えし・・・ヒジヤンとは久しぶり&サウンドクルーさんとは初めましてのあいさつもほどほどに・・・徒歩で拙宅まで案内を・・・(^^;

道すがら・・・前日のヒジヤンのサウンドクルー邸訪問の話や・・・この日の朝の出発トラブルの話など・・・(汗

ちなみに、サウンドクルーさんとは、初めましてながら・・・ASCでのご活躍・・・確認音源の土地と水では、たっぷり楽しませていただきました!(^^;

【「土と水」DuoLive in 萩】1181-03 【14YEAES AFTER】1181-02
1181-03懐かしの「土と水」DuoLive in 萩.jpg 1181-02ASC結成10周年記念アルバム14YEAES AFTER.jpg

さらには・・・こちらの新作・・・確認音源・ザ・ドラムソロでもお世話になってまして・・・一方的に、σ(^^)私の方は存じ上げてまして・・・(滝汗

【4937】230922-23 届いたCD&LHH2000返却?・・・(^^; [2023/10/31]

【確認音源、ドラムソロ】4937-01
4937-01確認音源、ドラムソロ

っと、数分の道のりでは、当然話足りず(爆・・・拙宅到着後も・・・つぎからつぎへとオーディオ話で大盛り上がり・・・(爆

ってわけで、お茶飲みながら、わいわいと・・・土と水の話から江川さんや村井さんの話・・・拙宅の丸棒調音材の話・・・左のBOX、エアコンのデコイなど、左右対称配置にした話とか・・・天井を分断する梁の話とか・・・部屋の割にSPがデカ過ぎるとか・・・オーディオを休止、復活の時期の話とか・・・誕生日の話で(爆

で、音会本題?は・・・次回へ・・・(^^;

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/

【5015】240106 ヒジヤン&サウンドクルー氏拙宅襲来?(2)・・・(^^; 

さて、初めましてのサウンドクルーさんに、お茶しながら・・・ヒジヤンとの10年余りのオーディオ繋がりの昔話をさせてもらって・・・バックルラウンドを知ってもらって・・・ヒジヤンが、じゃあそろそろ聞かせてもらおうかと・・・

いや、ホント申し訳ないけど・・・ついさっきまで、片付けに追われて、聞いてもらう音源の選曲すら出来て無くて・・・(滝汗

っと、サウンドクルーさんが・・・それなら、持ってきた音源を聞かせてもらっていいですか?と・・・おお、それはありがたい、是非それでおねがいします(滝汗

ちなみに・・・ヒジヤンの関西遠征1日目は、広島のサウンドクルー邸で・・・

オーディオ西方見聞録2024 - 初日サウンドクルー邸①
サウンドクルー邸② - オーディオ西方見聞録2024 初日
サウンドクルー邸③ - オーディオ西方見聞録2024 初日

自身で確認音源まで制作され、年間1000名近い訪問者を受け入れられる強者・・・なんでもござれな試聴スタイルだったそうですが・・・(大滝汗

σ(^^)私的には、そんなつもりは毛頭なく(滝汗・・・京都人邸訪問までの時間調整のための立ち寄りで・・・辛うじて、場所だけ準備したものの・・・くつろいでもらうまでの準備には至らず・・・ましてや、あちこち聴かせてもらいに回ってるばかりの身ゆえ、逆にお聞かせできるようなレベルには至っておらず(滝汗・・・それなら、開き直って、お好きにどうぞと・・・(爆

で、まずはサウンドクルーさんが、持参された音源から・・・サウンドクルー邸でヒジヤンも聞いた曲をと・・・女性ボーカルでテネシーワルツを・・・

っと、サウンドクルーさんは、SOULNOTEのS-3も使われたことがあるし、A-0もお持ちで・・・SOULNOTEの機器のサウンド傾向もご存じで・・・さらには、拙宅SPのPioneer S-1EX開発時の音決めにも関わられた方とのことで・・・(大滝汗

実際のところ・・・音楽を聞いていただくというより、拙宅の出音を検聴していただいたような状況で・・・(冷汗

【ヒジヤンの確認試聴】
5015-01 ヒジヤンの確認試聴

で、おつぎはヒジヤンが・・・これからと、いつもの確認音源を・・・

【幸田浩子さんのカリヨン】3858-02
3858-02幸田浩子さんのカリヨン

定番、幸田幸子さんのカリヨンから、アヴェ・マリアを再生・・・

と、15年前は全然だったから、どう鳴るかなと思ったけど、ちゃんとコントラバスが出るようになってるじゃん!・・・定在波の影響が大きい、この狭い部屋で、これだけ正確にコントラバスが出るのはあまりないよと・・・そんなに褒めても何も出ないよ(滝汗

っと、サウンドクルーさんからも・・・セッティングはいいですよ・・・このSPの開発で求めた音がちゃんと出てますよと・・・(大滝汗

σ(^^)私的には、セッティングにあまり自信は無くて・・・半年前くらい調整してからほとんど触ってないくらいで・・・地震でズレて、逆によくなったのかも?・・・(爆

と、ヒジヤンが・・・欲を言うと、梁の影響を避けるためには、もう少し内振りにした方がいいとのこと・・・ただ、サウンドクルーさんが座ってるリスポジ後ろのダイニングの椅子でも聞くので、結局落としどころがこうなってるんです・・・(汗

っと、サウンドクルーさんが・・・ここもいい音ですよと・・・m(_ _)m

実はσ(^^)私、リスポジでどう聞こえるか?を聞いてSPの位置調整をする普通のセッティングが上手くできなくて(聞いて、SP動かして、また聞いてだと、元の音との違いがあまり分からなくて)・・・(大滝汗

なので、以前、SP後方と壁の間が開いてるお宅で、SPの後方からリスポジ辺りにステージが出来るのを聞いた経験から・・・自己流のセッティングをやってて・・・SPの後ろに立って、SPを抱きかかえて・・・リスポジ辺りにステージが現れ、響きが部屋に広がるように向きや前後を調整するって方法でやってまして・・・(汗

【4597】211128 AROおさらい再生&SPセッティング(後編)・・・(^^; [2022/03/04]
【4598】211204-05 SPの位置調整に再トライ?(前編)・・・(^^; [2022/03/08]

【4619】211226 バイアンプでセッティング変更?・・・(^^; [2022/04/13]

とは言え、機器の入れ替えが、かなりの底上げをしてくれてるんだと思うよ・・・(^^;

っと、ヒジヤンが・・・このコントラバスの音は、機器では出なくて、部屋の定在波との調整でないと出ないので、調整の成果だと思うよと・・・(嬉

ちなみに・・・15年前の拙日記・・・
【501】090920 関西四国行脚(16)Mt.T2宅-箸休め?序章(^^; [2009/12/10]
【502】090920 関西四国行脚(17)Mt.T2宅-高域がバッサリない!(^^; [2009/12/11]
【503】090920 関西四国行脚(18)Mt.T2宅-キャー!丸見え~!(^^; [2009/12/12]
【504】090920 関西四国行脚(19)Mt.T2宅-やってもうた!&フム(^^; [2009/12/13]
【505】090920 関西四国行脚(20)Mt.T2宅-も一つ実験と対策!(^^; [2009/12/14]
【506】090920 関西四国行脚(21)Mt.T2宅-最後にGe3実験!(^^; [2009/12/15]

参考に、その時のヒジヤンの日記・・・
道中膝栗毛レポ【第10話:Mt.T2邸 前編】
道中膝栗毛レポ【第11話:Mt.T2邸 中編】
道中膝栗毛レポ【第12話:Mt.T2邸 後編-1】
道中膝栗毛レポ【第13話:Mt.T2邸 後編-2】

で、ここからサウンドクルーさんのオリジナル確認音源一気聞きの検聴タイムに突入(爆・・・さらに、ヒジヤンの検聴音源での確認へと・・・(大滝汗

ですが、つづきは次回へ・・・ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/

【5016】240106 ヒジヤン&サウンドクルー氏拙宅襲来?(3)・・・(^^; 

さて、このペースで行くと、いつまでたっても終わらないので、ペースアップが必要なんですが・・・年度末の繁忙で疲れが溜り、おさらいが追い付かない・・・(大滝汗

ってわけで・・・おさらいの進みに合わせてぼちぼちと(泣・・・で、サウンドクルーさんとヒジヤンが1曲ずつ聞いて・・・なんだか予想外な高評価?・・・ホントに、地震で上手く調整が出来ちゃったのか?・・・(爆

っと、おつぎは・・・サウンドクルーさんが持参の確認音源で、次々と検聴?(滝汗

手嶌葵のThe Roseから・・・井筒香奈江のしあわせ芝居、LyambikoのGone with the Windかな?、グレースマーヤのモナリサ、ゲリーカーの五木の子守歌?、太鼓、クラプトンのBefore You Accuse Me、イーグルスのホテルカルフォルニア、ベルリオーズの幻想交響曲5楽章と・・・冒頭数十秒をつぎつぎと・・・(滝汗

【確認音源のカノン】3860-01
3860-01確認音源のカノン

おつぎは、ヒジヤンが確認音源のカノンを・・・ヒジヤン持参のUS盤で・・・(汗

っとヒジヤンが・・・感動しました、この進歩は凄いよと・・・

で、ここまで追い込んであれば、差が分かるのでと・・・ドイツ盤を元にした実験盤の比較を・・・で、US盤の明瞭度があからさまに高いので、実験盤1は、元のドイツ盤からは、かなり改善しているものの、US盤には全然及ばない・・・ならばと実験盤2のハーモニーのよさを確認し、σ(^^)私とヒジヤンの聞こえの印象が、大体同じであることを確認して・・・ま、σ(^^)私的には一安心・・・(^^;

で、おつぎは、サウンドクルーさんへと・・・と、先の確認音源1枚で全部分かりますからとのことで・・・(爆

では、試験結果はどうだったでしょうか?とお聞きすると・・・S-1EXの音決めにも関係されたサウンドクルーさんから・・・(滝汗

まず、S-1EXで狙ったそのものの音で、表現力が柔らかくないと駄目で、ハーモニックスが奇麗でないといけない、それと歪みが少ないと言うことが最大の条件で、(このSPは)位相が完全に合っているので、聞いているCSTユニットの高さと耳の高さも合っていて、ベストな音を聞かれていると思います・・・音像の出来方も非常にリアルに出来ていて、輪郭が強調されてない音がちゃんとサービスされてますから、このS-1EXで求めた音そのものが出ています・・・セッティングも間違っていませんし、SOULNOTEとは、非常にマッチングがいいですと・・・(大滝汗

過分な評価を頂いて、うれしい限りではあるんですが・・・それだけ高い評価を頂ける出音にも関わらず、σ(^^)私的には、自分の出したい、求める音ではないんです(悲

と、ヒジヤンが・・・そこはよく分からないけど・・・前回、15年前と比べると、格段の進化ですよ!と・・・(大滝汗

過分にお褒めいただいて、ちょっと恥ずかしくなるほどですが(汗・・・おそらく、15年前は、もろもろを気にしてなかったんだと思う(汗・・・今思うと、それらしく機器を組み合わせて、それらしく置いてみたら、こんな音になりましたって状態だったのではないかと思う・・・(大滝汗

当時はUX-1からパイオニアのAVアンプSUSANOをプリ(改造)にして、間にデジタルチャンデバを挟んで、パラ出力して、SUSANOでバイアンプ駆動してたようで・・・

当日、お二人には、既にキット屋さんのプリとLuxmanのMU-80を繋いでいて、丸棒調音材も使いまくってた話をしちゃいましたが・・・この時は、単身赴任から戻って、Ge3塗れだった頃で・・・(滝汗

当時の日記を見返すと・・・我ながら、めちゃくちゃ意味不明なことを、あれもこれもとやりまくってたんだなと・・・恥ずかしいばかりで・・・(大滝汗

で、ヒジヤンからすると・・・当時と比べると、格段の進化で・・・ここ最近、ノードストのテストCDのUPが真っ直ぐ上に上がらない件で、あれこれアドバイスも貰って・・・昔はシアターメインで、SP間の中線を斜めにしたオフセット配置だったのを・・・

【現状の左右対称性?】5014-02
5014-02AVアンプで状況確認

ピュアオーディオに比重を移し、極力左右の反射を似させるべく・・・左右のSPの外側に合板のボードを置いて・・・左SP後ろに、右のSP後ろの構造体と同じになるよう、BOXを積み上げ・・・左上の壁には、エアコンと同じ物体をと、デコイを取付たり・・・天井照明もシーリングライトから、均一反射しないものに変えたりと・・・

ま、一応、部屋の影響を考慮しつつ・・・SPのセッティングも、リスポジでのステージ展開を聞きながらの、SP後方での聞きながら調整をやったりと・・・確かに、15年まえからすると、一般的な普通の調整が、少しは出来るようになったかも?・・・(滝汗

ただ、結局、ノードストのUPは、真上に上がらず・・・ここでのカノンもそうだけど、輪唱みたいにパートが移動するのとは別に、楽器の出音の位置が左右に揺れたりするんですよね・・・(滝汗

で、その辺は、どうもσ(^^)私の耳の傾向として、無意識に反射音を聞きに行こうとする傾向があるようで・・・ヒジヤン邸でのノードストのUPも、σ(^^)私には上がるにつれてセンターに寄って来たし・・・左耳の聞こえが少し落ちて来たのも相まって、人とは、実際の聞こえと頭の中での合成・認識に少し違いがあるようだと分かって来た・・・(汗

と、ヒジヤンからもサウンドクルーさんからも・・・左右を合わせる努力は実ってて、左右の出音はかなり合ってるよと・・・これで左右が合ってないと言われたら、大半のお宅はもっと合ってないことになると・・・(汗

っと、サウンドクルーさんからは・・・その上で一つ思ったのは、奥行き感が少し浅い点・・・クラシックなんかを聞くには、奥行きは一緒で、横に並んでしまっていると感じましたと・・・

う~ん・・・確かに、σ(^^)私自身もそう思います・・・以前、2H君のところで、前方の壁を遥かに突き抜ける奥行きを体験して以来、拙宅は全然奥行きが無いなとは認識してまして・・・(大滝汗

ま、左右のSP後方の出っ張りと、窪みの大きな平面テレビの影響が大きいとは思っていて・・・布をかけたり、スクリーンを降ろしたりもしてるんですが・・・多少は奥行きが増えるものの、手間の割に効果が薄くて・・・(大滝汗

と、ヒジヤンから・・・テレビの画面表面の振動がかなり影響してるから、それを押さえる方法をとるといいよとアドバイス・・・ファイルウェブのgenmiさんのカラー紙粘土玉すだれは、その対策だとの紹介も・・・

なるほど!(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)うんうん・・・奥行きへの欲求が、労力をいとわなくなったら?・・・いずれやってみないと・・・(爆

と、奥行きの話からどんどんいろんな話に突入・・・なので、つづきは次回へ(汗

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/

【5017】240106 ヒジヤン&サウンドクルー氏拙宅襲来?(4)・・・(^^; 

さて、おさらいにかかる労力の割に、極端に閲覧数が減る拙宅音会のおさらい日記・・・自身のサウンド認識と客観的な評価を解釈しつつ補正したり、課題を顕在化するため、文字だらけで・・・なんと言っても面白みがない(爆

とは言え、自身のサウンド向上には最も効果的な作業となるため・・・年度末の輻輳でヘロヘロながら、何とか頑張らねば・・・(大滝汗

で、拙宅セッティングに対し、思いの外高い評価をいただいたものの・・・奥行きが足りないとの指摘・・・対策として液晶テレビ表面の振動対策として、genmiさんのカラー紙粘土玉すだれの提案もいただき・・・話題は奥行きの出し方について・・・

【以前のオフセット配置】4511-01
4511-01これまで長らくのレイアウト

と、サウンドクルーさんから・・・2000年頃から欧州でのSP開発サイドの環境の変化に合わせ・・・後壁から0.5~1mにSPを置いての試聴環境が・・・後壁から5m以上のSP設置に変わったことで、奥行きがしっかり出る製品開発に変化してきたそうで・・・現実的に5mは無理でも、2.5mくらい開けると、かなり奥行きが出るようになるとのこと・・・(汗

【最近の並行配置】4524-03
4524-03最終のレイアウト

ゆえに、出せないとは思うが、あと1mSPを前に出せれば、かなり奥行きが出てくるとのこと・・・ま、ダイニング側のリスポジを基点に考え、機材を減らしてラックを退ければ・・・生活動線と天井の梁が鬼門に・・・(爆

【TVカバー】4371-01      【スクリーン降ろして】4636-06
4371-01修復~改修されたTVカバー 4636-06スクリーンを降ろして試聴

これまでも、布掛けたり、スクリーン降ろしたりはしましたが、期待したほどの効果は得られず・・・でも、さすがに2m以上空けるのは、実家でしか実現できないなあ(大滝汗・・・なので、ここでやるなら画面の共振対策かなあ・・・(滝汗

ヒジヤンからは・・・マルチマイクの音源中心ならそれでもいいんじゃない?・・・フルオケを聞くなら、そこはやっぱりステージの奥行きが欲しくなるよねと・・・(汗

【M・A Recordingsのセラウナノーチェ】4730-03
4730-03MAレコーディングスのセラウナノーチェ

と、ここでM・A Recordingsの音源をかけつつ・・・録音空間が見えるようなサウンドを出したくなるけど・・・音源が極端に限られるのと、σ(^^)私の耳が、響きの反射を人より多目に聞くから、凄く歪に感じてしまって、返って面白くなくなると・・・(滝汗

と、ヒジヤンからは・・・録音空間そのままに聞こえるのを目指せばいいじゃん!と・・・きちんと録られた音源をそのままに鳴るように調整すれば、そうじゃない音源でも作られた意図通りに鳴るようになるんだからと・・・(大滝汗

【確認音源、ドラムソロ】4937-01
4937-01確認音源、ドラムソロ

と、サウンドクルーさんから・・・The Drum Soroはどうでした?と・・・(汗

σ(^^)私は録音の場を聞いていないので、どう鳴るのが正解かは分かりませんし・・・集合住宅なので音量が足りないのもありますが・・・目の前の生の演奏をそのままメディアに収めてあると思って聞くと・・・太鼓の音としては、緩くて遅い柔らかい音と思ってしまう・・・でも、それはこのSPの特徴でもあるというのは、今は認識してるんですが・・・それを認識して受け入れるまでに、10年以上かかっちゃいました・・・(大爆

と、ひじやんから・・・でも、さっきの太鼓の音も、よく鳴ってると思ったよと・・・サウンドクルーさんも、そう、よく鳴ってましたよと・・・SOULNOTE(ストレートに出す)とこのSP(無暗な強調や歪を出さない)はうまく合っているとも・・・(滝汗

う~ん・・・SOULNOTEの機材に変えて、以前よりかなり改善はされたんだけど・・・やはりこの辺はσ(^^)私の耳が、集合住宅での小音量ストレスの反動で、音圧やインパクトを求めているってことなのかなあ・・・(大滝汗

と、サウンドクルーさんが・・・このSPはバスレフをもっと細く長くすることを提案したけど、長くは出来ないと・・・結局、短く大きくすることになり、緩いというか遅れる低音になってしまったのが残念だったと・・・

なるほど・・・実はこのSP2組目で、初代では、吸音材抜いたり、ネットワーク外出ししたり、チャンデバでマルチ駆動したり、かなりあれこれやったけど・・・全然思うようには変わらず、低域の緩い量を減らすと速く締まるが、バランス的に面白くなくて・・・当初は集合住宅ゆえ量の少ない低域でもいいと思って聞いてたんですが・・・結局、ある程度は量感も欲しくなり、全部元に戻して、最終的には、オリジナルにと、この2組目に入れ替えたんです・・・(滝汗

と、サウンドクルーさんから・・・このSPは、他の影響を受け難い、変わり難く作られているとのことで・・・(^^;

と、ここでヒジヤンから・・・何か拘りのある音源を聞かせてよと・・・

じゃあ・・・(今度行く音会に持参する音源で)σ(^^)私の感じてる音源の印象の違いを、どう感じられるか?を確認したいのでと・・・

あ、もう時間切れ(滝汗・・・一気に最後まで行くつもりが、また寄り道が多くて・・・なので、つづきは次回へ・・・あ、週明け火曜から・・・m(_ _)m

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/

【5018】240106 ヒジヤン&サウンドクルー氏拙宅襲来?(5)・・・(^^; 

さて、週末の所用を挟んで・・・あ、おさらいの経過を忘れちゃった(滝汗・・・確か、拙宅のサウンドに思いの外の高評価を貰ったものの・・・奥行きが課題・・・σ(^^)私自身は、そもそも思いのサウンド方向ではない(爆って、元も子もない話に・・・(滝汗

で、ヒジヤンから・・・話ばかりじゃないく、何かかけてよと・・・(汗

ってわけで・・・この少し後にいく音会に持参予定の音源比較をと・・・

【Jazz at the Santa Monica Civic'72のCD】2719-02
2719-02エラ&ベイシー

Jazz at the Santa Monica Civic'72の3枚組BOXの3枚目・・・エラフィッツジェラルドがカウントベイシーオーケストラをバックに歌う部分から再生・・・(汗

と、ヒジヤンから・・・これはどう聞こえるのを狙ってるの?会場の生々しさ?スピード命とか解像度命とかいろんな人がいるけど・・・

ライブ音源なので、当時、客席で聞いていたらこんな感じだっただろうなと思える再生だったらいいなと思っていると答え・・・それなら判断しやすいとのこと・・・

で、途中で止めて比較試聴として、おつぎは同じ音源のレコードを再生・・・

【Jazz at the Santa Monica Civic'72のレコード】3690-01
3690-01Jazz at the Santa Monica Civic72のレコード

っと、ヒジヤンが・・・これは全然こっちの方がいいよ!・・・逆に、デジタルはかなりマスキングされてて、ノイズ対策が全然弱い!・・・しっかり対策して追い込めば、同じレベルになるよ・・・ただ、光カートリッジだから、レコードの方がちょっと優位になるかな・・・でも普通のカートリッジとなら、CDも全く同じだねって言えるレベルまで追い込めるはず・・・現状だとCDはマスキングされてて音の空間がかなり狭い・・・音源が同じだからそれだけマスキングされていると言うか、ノイズが消してる・・・(滝汗

それ以前に、σ(^^)私的には、音会ならではな第三者的に聞いてみて、レコードのワウフラが結構あるのにビックリ(@@;・・・確かにレコードのステージやホールの空間の広がりに比べると、CDは全然狭いけど・・・そもそもこのCDにこれほどの情報が入っているのか?が懐疑的と応えると・・・(汗

ヒジヤンが・・・大抵の人がディスクのせいにするけど、同じ音源なら大体は同じだけの情報が入ってるはずで、ノイズ対策をすれば、ほとんど同じ音になるよ!・・・最後はメインの媒体で追い込んだ方が、少しよくなるけどと・・・

う~ん・・・σ(^^)私的には、他の音源ではCDの方が優位な再生も出来ているものがあるので、このCDのスタート地点が元々あまり高くないと思ってると返答・・・

でも、ヒジヤン的には、この差は、まだまだデジタル側のノイズ対策が足りてないとの判断で・・・集合住宅だから、電源のノイズも多いから難しいかな?と・・・

あ、ちなみに・・・拙宅の電源は資格取って主漏電ブレーカーからCVSで専用回路は引いてるので・・・(滝汗

【3958】190602 電源改修:準備~実践?・・・(^^; [2019/07/27]
【3959】190603 電源改修:実践その2?・・・(^^; [2019/07/28]
【3960】190608 電源改修:追加実践?と届いたレコード・・・(^^; [2019/07/29]

っと、それはさておき・・・最後に飛びっきりのテープ(プレスマスターのひ孫くらい?)を再生・・・(汗

【飛びっきりテープ再生】
5018-01飛びっきりテープ再生

と、ヒジヤンが・・・冒頭の拍手~ピアノ伴奏のところで、うん?これ同じ曲?と・・・ハイ同じ曲です(汗・・・と、サウンドクルーさんが・・・やっぱり前後感がよく出ますねと・・・ヒジヤンも、全然違うねと・・・(^^;

こういうのを聞いちゃうと・・・ま、環境はそこそこ鳴れば・・・何するのも、まあいいか?って気になっちゃって・・・ホントはこう言う音が入ってるんだから、残念な媒体だったとしても、元音源だったらこんな風に鳴るはず!って想像?脳内変換?して聞けばいいか?って気になっちゃって・・・(大滝汗

っと、ヒジヤンが・・・音会とかで話のネタとしてはいいけど・・・レコードにしても、そんなレベルの音源は、そうは手に入らないんだから・・・フォーマットに頼らず、CDのレベルを最大限上げるべきだと思う・・・今のレコードの再生との比較を聞くと、CD再生には、まだまだやれることがいっぱいあるはず!と・・・(汗

う~ん、一応、たわしの仮想アースやアース線+コンデンサとか、ノイズカットトランスとかも試したんだけど・・・確かに細かな音がよく聞こえ、奇麗な音にはなるんだけど・・・この飛びっきりテープのインパクトとは違う方向に行っちゃう気がして・・・以前ヒジヤンちに行ったときに言ったように、粗くても勢いのある方が好みだって・・・(汗

と、ヒジヤン的には納得いかないようで・・・いやいや、そういう音に出来るよ!と・・・ノイズ対策は、グランドだけじゃなく、デジタルの高周波ノイズは機器の中を回っているので、どこかに逃がす必要がある・・・そうしないと、結局、ノイズは導通してなくても飛び付きを起こすから、信号に混入するんですよと・・・

ま、確かに・・・昔、PCのオーバークロックとかCPUの水冷とかやってた頃に飛躍的に進んだのが基板のパターンで、線長を合わせたり直角カーブをRを付けたり・・・多層基板の上下をベタアースにしたり・・・反射や飛び付き対策が一気に進んだけど・・・そのレベルの対策が、今オーディオにも必要になって来てるってことかと・・・(汗

一応、入手性、価格、収集・再生の対策労力を鑑みて・・・出来るだけ楽して安価に高純度音源が聴けるようにとは思ってるんだけど・・・(^^;

と、ヒジヤンが・・・それを全然否定する積りはなくて・・・今の比較から、CD(デジタル)再生は、まだまだ対策の余地、伸びしろがあるということが言いたかったと(^^;

そうだね、確かに・・・配信中心に、デジタル系音源が、最近一番聞く頻度が高いので・・・どこかで、勢いを保ちつつ量と質を上げないととは思ってます・・・(滝汗

っと、一気に終わるはずが・・・拙宅のことゆえ、おさらいが細かくなり過ぎて・・・最後ほんの少しが終わり切らず・・・(大滝汗

なので、つづきは次回へ・・・ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/

【5019】240106 ヒジヤン&サウンドクルー氏拙宅襲来?(終)・・・(^^; 

さて、拙宅のおさらいゆえ、できるだけ細かいことまでφ(..)メモしておこうと、長々つづいてますが・・・今日こそは、最後まで!・・・(爆

Jazz at the Santa Monica Civic'72の飛びっきり2Tr38を聞きながら・・・SOULNOTEの機器の下のボードが純正でなく、ラック含めて自作であること・・・フォノイコE-2~アンプA-3までのバランスケーブルが、銀メッキ無酸素銅単線にテフロン被覆の代替ケーブルなことなどを聞かれて返答し・・・加藤教信者の端くれにも入れない不信心を暴露(汗

と、サウンドクルーさんが・・・光カートリッジを使うなら、SOULNOTEのフォノイコの組み合わせがお好みとの話があり・・・ヒジヤンから、なぜプレーヤーが2台で、光カートリッジをYAMAHAで使ってるの?と聞かれ・・・(汗

アナログ再開からの変遷で・・・SME、SAEC、ピュアストレートとアーム3本に回転シェルにMMカートリッジ、J字アームとMC、ピュアストレートにMCカートリッジと移行し・・・最終的には光カートリッジが聞きたくて、すべてを収容できるフォノイコE-2導入し・・・最後のピースとして光カートリッジDS-003を導入したが・・・回転シェルの流れから、リニアトラッキングへの興味が抑えきれずにYAMAHA PX-2のジャンクを修理して導入し・・・方式の違いを比較しつつ楽しんで・・・サウンド的にはピュアストレートに光カートリッジだけど・・・吸着タンテと真逆のケブタフェルトのリムフロートの比較を経て・・・理屈の穴を埋め、フルオートで楽なPX-2に光カートを常設に落ち着いたと・・・

っと、ヒジヤンから・・・ずいぶんいろいろやって、かなりの投資なのでは?との問いに・・・確かに、SOULNOTEの3シリーズ導入は、箍が外れた馬鹿げた投資と、自分でもあきれているが・・・アナログ系のほとんどの機材は、ジャンクを修理して使ってたり、カートリッジやデッキなど、先輩音友達からの借り物なので・・・経験のバリエーションの割にあまりお金は使ってなかったりするのよ・・・(滝汗

いやはや、話が盛り上がり・・・音会と言うより、雑談会になっちゃいましたが・・・音楽再生を聴く音会もいいですが・・・話メインの会も楽しいもんですね!(^^;

ここでちらっと、SOULNOTEの音って話題から・・・ヒジヤンが、機器での音の違いもあるけど・・・部屋と使いこなしの変化量の方が、桁違いに遥かに大きいんだから、そんなに機器の違いに拘ってもと(爆・・・ま、部屋と使いこなしでサウンドコントロール出来るヒジヤンだからこその話であって、普通の人は、ほとんどその領域には近付けないから、どうしても機器の違いに逃げたり、すがりたくなるんだよと・・・(大爆

と、ヒジヤンから・・・ほかの拘りを何か聞かせてよと・・・

で、以前は眠くて聞けなかったのが・・・アンプの入れ替え、光カートリッジの導入で、俄然、楽しく聴けるようになって来た音源をと・・・

【ボブジェームスのオブセッション】4827-01
4827-01ボブジェームスのオブセッション

ボブジェームスのオブセッションをPX-2で再生・・・ま、以前の眠い音からは、完全に脱出出来て、心地よく聴けるようにはなったんだけど・・・これを横浜のMさんのところで聴かせてもらったら・・・瞬発力と弾力感のある、超ご機嫌な演奏に変身しちゃうんだよねえ・・・(大滝汗

と、ヒジヤンが・・・ああ、わかるわかると・・・(爆

そうだ、σ(^^)私の今の不満は、この辺に起因するのかも?・・・音量不足からのインパクト足らずによるストレス?・・・ある程度の音量があれば、今のσ(^^)私の物足りなさのほとんどは解消されるかも?・・・現に、実家の寄せ集めシステムで、適度な音量で聞いた方が、断然、この大阪のシステムで聞くより心地いいんだから・・・(大滝汗

っと、ここでヒジヤンからは・・・この環境、部屋の広さなら、もっと小さなSPの方がトータルでは高いレベルの再生に到達できるのでは?って指摘が・・・(汗

ま、ごもっとも・・・確かに、TIASで聞いたYGの新しいPeaksシリーズのブックシェルフCAIRNなら、これまでと同じ労力で、相当質の高い生々しくリアリティに飛んだ空間再生ができるだろうねって話に・・・(爆

ま、S-1EX導入当時は、そんなことは全然分かってなくて・・・いずれ実家に戻って、このシリーズでサラウンド環境を構築して、シアターで楽しみたいって思ってたから(汗

で、サウンドクルーさんから、これは何?と・・・自作の超音波レコード洗浄機について聞かれ・・・メガネの超音波洗浄機から振動部を取り出して自作したんだけど・・・今は、これを予備洗いに使って・・・HumminGuruで仕上げ洗いすると・・・乾燥まで終わるんで・・・聞く前に10分余りで終わるからと・・・(^^;

【マンハッタンジャズクインテッドの枯葉】3394-05
3394-05マンハッタンジャズクインテッドの枯葉

で、最後に・・・マンハッタンジャズクインテッドの枯葉をかけ・・・

ヒジヤンからは・・・今回、行くよって言ったら、ずいぶん渋ってたんで、どんな音になってるんだろうと思ってたけど、15年ぶりの進化が聞けてよかったと・・・

いや、音がどうこうで渋ってたんではなくて、溢れるものモノで足の踏み場もなく、部屋に入って貰える状態にするのが大変だから渋ってたわけで・・・(大滝汗

と、音がどうこうって聞いてるんじゃなくて、訪問した先のセッティングとか、その技量のレベルを聞いてるから・・・それが、15年前からは見違えるほどの進化だったので、ホントに驚いたと・・・いやあ、そう言ってもらえると、嬉しいですね!(滝汗

で、サウンドクルーさんからも・・・S-1EXの開発で、狙った通りのサウンドが出てましたよ・・・ご本人がその音を狙っていないというのが残念ですがと・・・高評価ももらったものの・・・そうなんですよねえ、σ(^^)私には上品で上質過ぎるみたいで・・・もっと荒くて粗雑な音が自分には合ってるようで・・・(大滝汗

っと、それじゃあ、そろそろ遅めの昼食と、京都人邸へ移動しましょうかと・・・お二人をクルマに乗せて・・・この日の本命!・・・京都人邸へ・・・

と言うことで、拙宅おさらいはここまで・・・次回は、京都人邸へ・・・(汗

ま、ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/

【5020】240106 ヒジヤン&サウンドクルー氏京都人邸へ(序)・・・(^^; 

さて、自分ところおさらいを細かくやり過ぎたのと、年度末の輻輳でヘロヘロなこともあって・・・出来るだけ寄り道せずに、一気に行きたいなあと・・・(大滝汗

で、時間調整のバッファとしての拙宅滞在(爆 から・・・ヒジヤンとサウンドクルーさんをゴルバり君に乗せ、途中、昼食を取って京都人邸へ・・・大した渋滞もなく、1時間余りで到着・・・とは言え、途中、音楽とオーディオの話は途切れることなく、喋りっ放しであっという間!・・・(大爆

えっと・・・ヒジヤンは京都人邸へは・・・あれ?(@@;・・・(大滝汗

一気に京都人邸のおさらいに入ろうとして・・・一応、過去のおさらいをと、拙ブログを追いかけてたら・・・とんでもない記憶違いに気付いた!(@@;

拙宅のおさらいで・・・ヒジヤンのおさらい日記を見て・・・ヒジヤンが拙宅へ来たのは15年前で・・・そこから大きな進化を遂げたね!って評価を貰ったんですが・・・ずっと引っかかってて・・・未熟なセッティングだったのは自覚してるけど・・・前回って、そんなにダメダメだったかなあ?・・・オフセットセッティングの視覚のズレと部屋の反射の不規則性に馴染めず、シャットアウト状態だったのかな?・・・(爆

【2012年のヒジヤン襲来】1527-01
1527-01両サイドのフェルトを撤去.jpg

あれ?・・・ヒジヤンと京都人邸へ行ったのって、そんなに昔だったっけ?・・・うん?・・・あ、ヒジヤンが拙宅に来たのは2度目だ!・・・(@@;

先日までやってた・・・拙宅おさらい日記に、15年前の来襲時の日記をリンクしてましたが・・・関西四国行脚の時には、京都人邸へは行ってなかったはず・・・

【5015】240106 ヒジヤン&サウンドクルー氏拙宅襲来?(2)・・・(^^; [2024/03/20]

とすると・・・あ、その後、2012年に・・・って、12年前か・・・うん?・・・ヒジヤンの日記でも12年前と書かれてるけど・・・引用してるのは15年前の日記(滝汗

どうやら、ヒジヤンの拙宅の過去の記憶は、2012年の記憶をすっ飛ばして、2009年の振り返りをしての拙宅訪問だったみたい・・・ヒジヤンの日記には、その後2012年に拙宅訪問した日記が見当たらず・・・σ(^^)私の日記を振り返ると、以下・・・

【1522】120810 H氏迎撃オフ(1)拙宅編(序):あれれ?なんじゃこりゃ!…(^^;
【1522】120810 H氏迎撃オフ(2)拙宅編(1):何かヘッドホン聞いてるみたい…(--;
【1524】120810 H氏迎撃オフ(3)拙宅編(2):うずうずしてきちゃった…(^^;
【1525】120810 H氏迎撃オフ(4)拙宅編(3):これも鳴るようになった…(^^;
【1526】120810 H氏迎撃オフ(5)拙宅編(4):SPのせいにしちゃ駄目!…(^^;
【1527】120810 H氏迎撃オフ(6)拙宅編(5):フェルト外して、うわっ!!…(^^;
【1528】120810 H氏迎撃オフ(7)拙宅編(6):これでどう?鳴り出した!…(^^;
【1529】120810 H氏迎撃オフ(8)拙宅編(7):いいじゃん!で消磁でお遊び…(^^;
【1530】120810 H氏迎撃オフ(9)拙宅編(8):低域出過ぎの原因は…(^^;
【1531】120810 H氏迎撃オフ(10)拙宅編(9):定位も合格!・・・(^^; [2012/10/15]
【1532】120810 H氏迎撃オフ(11)拙宅編(終):音作りと映像系の楽しみ…(^^;


ってわけで・・・ホントは2009年のヒジヤンの訪問時からは、少し進化してたはずなんですが・・・ほとんど記憶には残らないか、ヒジヤン的なインパクトとしては、2009年からそんなに変わり映えしなかったってことかな?・・・(汗

と、それにしても・・・ヒジヤンの今回の西方行脚の事前おさらいを鵜呑みにしちゃって・・・σ(^^)私自身、ダメダメな記憶でおさらいしてたことに・・・(大爆

ってわけで・・・京都人邸のおさらい・・・お?もちろんヒジヤンの事前おさらい日記は、京都人邸に訪問した2012年のSNSでの日記を元にしてますね・・・このヒジヤンのSNSの日記の時期にも、上の拙宅訪問時の日記はなさそうで・・・(悲

で、京都人さんのところへ伺った当時のσ(^^)私の日記は・・・あ、当時の京都人さんのハンドルネームは、moukutsuさんだったんだ・・・(汗

【1542】120811 H氏迎撃オフ(21)moukutsu邸(序):また、インターバル?…(^^;
【1543】120811 H氏迎撃オフ(22)moukutsu邸(1):研究室?ビックリ空間!…(@@
【1544】120811 H氏迎撃オフ(23)moukutsu邸(2):ソースの空間に4次元接続…(^^;
【1545】120811 H氏迎撃オフ(24)moukutsu邸(終):透明度高いナチュラル空間…(^^;


っと、お会いするのはこれ以前に何度もあったのですが、京都人邸に初めて伺ったのはこの時が最初で・・・・超盛沢山な体験メニューなはずだったのに・・・全体進行の都合で1時間半ほどと、とても失礼な短時間訪問だったようで・・・(大滝汗

その後、2014年とか・・・
【2243】140721 京都人さん邸訪問(序)携帯、時計は前室に・・・(^^;
【2244】140721 京都人さん邸訪問(1)ソースに入った空間が原寸大に…(^^;
【2245】140721 京都人さん邸訪問(2)空間再現をいろんな曲で・・・(^^;


【2246】140721 京都人さん邸訪問(3)反射音で濁らないとピュアな音に…(^^;
【2247】140721 京都人さん邸訪問(4)モノラルでも空間が!・・・(^^;
【2248】140721 京都人さん邸訪問(終)空間再現の妙・・・(^^;



2020年には、SOULNOTE教にどんどん嵌っていく辺りに・・・(爆
【4159】200223 京都人邸音会(1)タイムドメイン華を鳴らす会参加…(^^;

【4160】200223 京都人邸音会(2)タイムドメイン聞き較べ?・・・(^^;
【4161】200223 京都人邸音会(3)アンプ比較とカタツムリSP・・・(^^;
【4162】200223 京都人邸音会(4)第2部:まずは前室を・・・(^^;
【4163】200223 京都人邸音会(5)第2部:メインシステムは!・・・(^^;
【4164】200223 京都人邸音会(終)第3部:チューニング奥義開帳?・・・(^^;


2022年には、SOULNOTE教どっぷりになられての訪問・・・
【4645】220320 京都人邸音会(1)久々の再会・・・(^^;
【4646】220320 京都人邸音会(2)前室の普通のリアリティ・・・(^^;


【4647】220320 京都人邸音会(3)3D空間にトリップ・・・(^^;
【4648】220320 京都人邸音会(4)実験の積み重ねがスキルに?・・・(^^;
【4649】220320 京都人邸音会(5)空間のリアリティと音のリアリティ?…(^^;
【4650】220320 京都人邸音会(6)音源の展開の違い?・・・(^^;
【4651】220320-25 京都人邸からのおまけ&スワップトライ&音源・・・(^^;


一か月後に、UX-1を返却に・・・
【4671】220423 京都人邸へUX-1を返却に・・・(^^;

さらにその2か月後?・・・残る1つのピースは?って頃・・・
【4707】220528 京都人邸P-70返却とSOULNOTE A-0の2台編成(前編)・・・(^^;
【4708】220528 京都人邸P-70返却とSOULNOTE A-0の2台編成(後編)・・・(^^;


で、最後のピースが入っただけでなく・・・ウルトラC級の進展が・・・って、おさらいがあまり出来て無いから、時間稼ぎしただけで・・・m(_ _)m

ってところから・・・次回、改めて今回の京都人邸のおさらいを・・・(爆

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/

【5021】240106 ヒジヤン&サウンドクルー氏京都人邸訪問(1)・・・(^^; 

さて、ようやく京都人邸のおさらい本題へ・・・ですがなかなかキツクて(滝汗・・・年度末輻輳で普段以上の集中力を要求され、しかも量が多いため、丸一日極度に張り詰めた状態で・・・それを終えて帰宅してのおさらい・・・(疲

当日のφ(..)メモから聞かせていただいた曲を拙宅誌システムで聞きなおして・・・当日の印象との比較、そこからの新たな気付きや、解釈の整理、アップデートと・・・もう、完全に修行ですね・・・(爆

っと、寄り道は避けて、当日のおさらいを(汗・・・昨日の拙日記の振り返りから・・・σ(^^)私には、約1年半ぶり・・・ヒジヤンにとっては11年半ぶり・・・(^^;

【前室】めちゃブレm(_ _)m
5021-01前室(めちゃブレ)

ちなみに・・・この日のヒジヤンのPhil-Mでの日記はこちら・・・(汗

京都人邸① - オーディオ西方見聞録2024 2日目
京都人邸② - オーディオ西方見聞録2024 2日目

もひとつちなみに・・・京都人さんのFBには、我々がうかがう前、伺った日、その後の経緯かが詳しく投稿されてて・・・
【3人の猛者を迎えて】
【猛者3名の来訪 その1】
【猛者3人の来訪 その2】
【猛者3人の来訪 その3】
超御多忙なお仕事の合間に気の遠くなるような調整作業の結果が・・・直前の能登地震で残念な結果となったものの・・・その後の調整で、さらなる新天地に到達されたことのことで・・・このおさらい終わったらもう一度着かえてもらいに行かないと!(^^;

で、京都人さんご自身とヒジヤンの日記を読んだら・・・もうおなか一杯(爆・・・十二分におさらいできたかも?・・・なんですが・・・ま、後の自分のために、自分なりのおさらいφ(..)メモを・・・でも、ポイントは既にお二人の日記に書かれてるので・・・極力簡潔に・・・(爆

到着後、まずは前室のジャーマンフィジックスのシステムを・・・音源は、最初、多様な構成、演奏を次々かけられるよう、レコード芸術の付録CDを使われました・・・

そう、SOULNOTE S-3の最大の弱点・・・究極の拘りチューニング機器ゆえ?・・・メディアを変えるごとに再起動なみに時間がかかるんで・・・京都人さん的には、上限のプレゼンスより、多様な音源の空間描写の違いを・・・との意図だったようで(^^;

とは言え、冒頭のピアノ伴奏にヴァイオリンの澄んだ音色と倍音の響き・・・さらにはその響きが空間に広がり消えていく様は、他ではほとんど体験できない立体的な再現で・・・ヒジヤンがおもむろに半笑いで、素晴らしい!京都人さんのサウンドは他では聞けない別次元ですねと・・・(^^;

【センターとオフセットで】
5021-02センターと

その後、オフセットの席とセンター席を交代でいろんな演奏を聴かせていただいて・・・オフセットで聞いてもステージを横から眺めるように眼前に現れるんですよね・・・

思うに・・・この横から聞いてもステージが変形しない空間展開・・・極々限られた技を持った方のお宅でも、完全にビシッと発音位置を維持した展開状態を維持、再現するのはかなりの難題で・・・ほんの少しのズレ・・・それこそミリ以下の違いでも、その聞こえは大きく違ってくるんですよねえ・・・

よく、この3次元空間再現にはミリ単位以下の調整が・・・って話になると、だったら聞く耳の位置がズレたらダメじゃん!って・・・おバカな突込みをされるんですが・・・自ら知見の未熟さを晒してるようなもんで・・・(滝汗

目に見えない音だからおかしな話になるんであって・・・例えば、左右の投射機からの映像を中央の空間で合成すると、立体映像が浮かび上がるってシステムがあったとして・・・合成ピントを合わせるには、ミリ単位以下の調整が必要で、このピントがピタッと合うと、立体映像のリアリティが一気にアップして実体かのように見える!・・・もちろん空間に作った立体映像なんだから、どこから見てもその立体を見た方向からの形に見える・・・ってことに想像が及べば、耳を動かしたらって話は、次元が違うってことも分かるはずですよね・・・(^^;

と、分かった風なことを書いてますが・・・この状態を聞かせていただいたことは何度かありますが・・・自分でこの状態にセッティング出来たことは一度もなくて(爆

ゆえに、この立体空間再現を聞いたことなく、あれこれ語るのは止めといた方がいいと言いつつ・・・この技を習得して実現している方からすると・・・自分で実現出来てもいないのに、恥しげも無く、何を頓珍漢なこと書いてるんだ!ってことに?・・・(大滝汗

って、それはさて置き・・・前回伺った時の印象に比べると・・・格段に滲みが減って、音の立体空間の再現性が高くなり、実態感が一層増した感じがして・・・(^^;

はてさて?・・・この進化の要因は?と・・・京都人さんのFBを追っかけてて・・・前回訪問後に・・・SOULNOTE A-0を2台の片チャン使いから、M-3に置き換えられ・・・話題のEMC設計さんの電源回路に変更され・・・直前の年末には、ビルのキュービクル関係の更新が行われたとのこで・・・京都人さんに、この空間再現の次元を大きくアップさせたのは、どれの効果が一番大きかったですか?と聞いちゃいました・・・(爆

と、EMC電源とキュービクルの更新の効果が大きいとのことで・・・ま、ある意味、マイ電柱に巨大専用トランスをしつらえ、ノイズ対策に十分配慮したオーディオ専用回路を敷設したってことですから・・・なるほど!確かにって・・・(滝汗

あと、もう一つ思ったのが・・・っと、残念、時間切れ・・・つづきは次回・・・あ、週明け火曜からです・・・m(_ _)m

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/