FC2ブログ

【4267】200906 そうてん邸再訪(2)前回からのサウンド変化は?・・・(^^; 

さて、5年振りのそうてん邸訪問ですが・・・送り出し系~駆動系まで・・・SPと部屋以外は総入れ替え的なシステム変更で・・・あれ?前ってどんな音だっけ?・・・(滝汗

最新DACチップ搭載のLuxmanのD-10XにSpecのRSA-F11(D級プリメイン)と言うシンプルな構成で・・・送り出しをDELAからのリッピングファイルにして・・・

新生そうてん邸サウンドは?と考えるも・・・今一つ前回の印象と繋がらない(滝汗・・・ある意味、それだけ以前と雰囲気が変わったのかも?・・・

と、そうてんさんが・・・以前はもっと、ふわふわとして柔らかかったかもと・・・

なるほど、今聞いた蟲師のサントラで・・・鈴やキラキラシャラシャラした金属パーカッションの音とか・・・以前はもっと柔らかな感じだった気が・・・

と、そうてんさんから・・・DELAの方で再生すると少し音が立ち気味になって、D-10XでCDを鳴らすともう少し柔らか目に鳴るんですよと・・・

DELAはアナログ出力をアンプに?とたずねると・・・USBでD-10Xに繋いで鳴らしているとのことで・・・DELAはNASと言うよりファイルプレーヤーと言うかトランスポートになって、D-10XのDACで鳴らしてる感じなんですね・・・

【蟲師のサントラ】4266-03
4266-03蟲師のサントラ

と、同じ蟲師のサントラから、11曲目の深淵を再生され・・・

後で分かったのですが・・・実はこの時は、ダイニングの椅子で聞いていたため・・・以前の音と今の音の違いも、今の音の本領も認識できて無くて・・・この曲をかけられた意味がピンと来てなかったんです・・・(大滝汗

で、このときそうてんさんからは・・・広がりが欲しいと頑張ってた段階で、アンプをSPECに変えたら、空間を生み出す感じが飛んでしまって、まずいなと思ってたんですが・・・・D-10Xに変えて、以前の空間とは違うけど、これはこれで空間だよなと思えるようになったと・・・

この時のσ(^^)私の印象では・・・以前より少し薄くなったけど、立体的な粒立ちが増したのかな?って答えてたんですが・・・後にこれがある意味ピンと外れだったと気付く(汗

と、そうてんさんが・・・SPとアクセサリー類の一部以外は、全くシステム構成が変わっているので、音が変わらないはずは無いんですがと・・・

なるほど、確かにそうですねえ・・・(汗

と、つぎにかけられたのは・・・長淵剛の乾杯・・・初期のピアノの伴奏のじゃなくて、髪を短くしてからのふわっとしたキーボードの伴奏のバージョンで・・・こう言う感じもいいなと思うようになったとのこと・・・

で、しばしファイル再生でのタブレットによる選曲について・・・瞬時に様々な曲を再生できるけど・・・案外目的の曲に辿り着くのが面倒とか・・・アルバムで聴くスタイルから曲単位の再生になり・・・関連する情報を辿って次第にストリーミングへ行く人が増えているとかの話をしたんですが・・・そうてんさん的には、聴きたい曲が限定されてて、既にDELAに入れた音源だけでも聴ききれないほどなので、そちらへは行かないだろうと・・・(^^;

つぎにかけられたのは・・・教会にふわっと響く女声コーラスのような曲・・・

【星詠~ホシヨミ~Ar tonelico hymmnos concert Side 蒼】
4267-01星詠~ホシヨミ~Ar tonelico hymmnos concert Side 蒼

以前、そうてん邸にうかがった時や、拙宅に来られた時にも聞いた・・・星詠~ホシヨミ~Ar tonelico hymmnos concert Side 蒼 サウンドトラックから・・・7曲目のEXEC_HARMONIUS/.って曲を再生・・・

あれ?やっぱり何か以前の雰囲気とは違う気が・・・確か前にこちらで聞いたた時は、非常に空間が広がると言うか・・・響きが部屋を満たす感じがあったような気が・・・

そうそう、ここで言う「広がり」って言うのが、演奏している楽器のステージ上での広がりとかじゃなくて・・・空間の響きが部屋を満たし・・・響の存在が壁を越えた空間を感じさせるような・・・ある意味今聞いたこの曲が、広い教会で歌うコーラスとその響の織り成す空間を感じるように鳴る・・・見たいな感じをイメージされてるのかな?と想像してて・・・(^^;

その以前の雰囲気のイメージからすると・・・ここでの聞こえは、ちょっと演奏や歌の方にフォーカスが行ってて・・・その響きが広がっていく空間が広く感じられるような方向?・・・

と、つづいては・・・大木彩乃の幻の魚から・・・9曲目のだからもっと・・・

【大木彩乃の幻の魚】4124-03
4124-03大木彩乃の幻の魚

そう、これは以前拙宅に来られた時に持参され聞いた曲で・・・σ(^^)私的には八神純子と今井美樹のテイストを併せ持ったイメージの曲・・・(滝汗

うん、やはり以前のふわっとした広がりより・・・拙宅で聞いたボーカルのフォーカスしたイメージに近い気がするな・・・

と、思ったところでそうてんさんから・・・いつもはリスポジで聞いてますからと・・・

ああ、すみません・・・そうなんですよね、自分家でも天井に出っ張る梁のせいで、リスポジとダイニングで全然音が変わるので・・・音会での感想を参考にするには、是非ともリスポジで聞いた印象を聞きたいと思ってるのに・・・(大滝汗

で、リスポジの座椅子のところに移動して聴くと・・・

おおおお!・・・なるほど!そう言うことか!・・・重ねてすみませんm(_ _)m

で・・・ここで全ての要素が繋がって、モヤモヤしてた謎が解決!・・・なんですが・・・それを整理するには、時間もスペースも足りない・・・なので、謎解きは次回へ・・・(滝汗

ってわけで・・・いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

【4266】200906 そうてん邸再訪(1)どんなシステムに?・・・(^^; 

さて、5年振りのそうてん邸訪問ですが・・・そうてんさんのブログを見ても分かる通り・・・昨年からシステムの正常進化を目的として、順次機材の入れ替えが・・・(^^;

で、今回の再訪の目的は?・・・σ(^^)私的なテーマは、前回からのシステム変更で、新生そうてん邸サウンドがどうなったか?ですが・・・(汗

もう一つ、この日の音会のメインテーマは・・・アンダンテラルゴ社の貸し出し自宅試聴サービスで借りられたアイテムが、そうてん邸のさらなるサウンド進化に合うかどうか?・・・(^^;

と言うことで・・・まずは、現状の新生そうてん邸サウンドを聞かせていただくところから・・・なんですが、その前に・・・現時点のシステムは、一体どうどうなったのか?から・・・

【前回伺った際のシステム構成】2593-01
2593-01システム全容

上が、前回伺った際の、システム全容ですが・・・リビングに入って最初に違うと気付いたのは・・・ダイニングエリアにダイニングテーブルが置かれてて・・・天井の照明が、シーリングライト1個から・・・リビング上がダウンライト6個を組み合わせシャンデリア2機に・・・と、前回は無かったと記憶してるダイニングテーブル上にも新たに照明が降りてました・・・

と、前回同様、今回も照明画像を撮るのを忘れたので・・・分かり難い説明でm(_ _)m

【新生そうてん邸システム】
4266-01今回のシステム全容

で、上の今回伺った際のシステム全容ですが・・・まず、σ(^^)私に分かる範囲で、前回伺ったところからの変更は?と見ていくと・・・

えっと・・・システム更新の前に、更新されたのが電源回りだったと記憶してて・・・

以前から、オーディオ機器が右の壁コンからで・・・映像系が左の壁コンからなのは同じみたいですが・・・左の壁コンからの電源が、タップからIsoTek(アイソテック)EVO3 SIGMASに変更されてて・・・

で、メインの機器では・・・そう、ラックも配置も似てるんですが・・・実際には大変身を遂げてまして・・・まず、BMCのセパレートアンプが、昨年の春にSpecのRSA-F11(D級プリメイン)に変わってて・・・

この6月に更新されたの2つのピースの1つが・・・リンデマンの822SACDプレーヤーからLuxmanのCD/SACDプレーヤー/DACの新製品D-10Xに変わって・・・(^^;

もう一つ・・・デジタルファイルの再生用に、DELA N1A/3 S20 が導入されてました!(@@;

一時はラック変更も検討されてましたが・・・現状はパッと見同じに見えますが・・・上段がLuxmanのD-10Xとのクリアランスから、支柱長を180mmから216mmに変更されたとのこと・・・

で、近況を伺いつつ・・・ダイニング側の壁面棚のCD整理を兼ね、もっぱらリッピングに勤しまれていたとのことで・・・映像系からの音声出力とDELAの出力をD-10XのDACを経由することで再生サウンドの傾向統一と、接続のシンプル化を図られてました・・・(^^;

【Piのリッピングドライブで】
4266-02リッピングドライブで

でもって・・・DELAへ音源を移したお陰で・・・メディアの入替え無しに、タブレットで瞬時に選曲が可能になり・・・これがことの他快適とのことで・・・(汗

で、まずはダイニングの椅子に掛けたまま・・・DELAからのファイル再生をと・・・前回、拙宅音会に持参されたCDから・・・

【伊藤真澄のWonder Wondelful】4169-05
4169-05伊藤真澄のWonder Wondelful

伊藤真澄のWonder Wondelfulから13トラックの世界のしずくを・・・

そう、拙宅でのパッと聞きで、思わず矢野顕子が歌ってるの?と勘違いした曲で・・・やはりハイエンド機器に電源系に配慮したシステムならではのSNのよい透明感タップリなサウンド!

ただ、前回伺った時とは、少しイメージが変わったのか?・・・前回の印象があまり鮮明に思い出せなくて・・・何がどう変わったか?ってのがピンと来ない・・・(滝汗

さうてんさんの好みは、ブログでも公言されている通り広がり感・・・前回は、玄関から寝室、ダイニング、リビングと繋がるエアボリュームと、壁や天井の珪藻土で、自然で何とも心地よい広がりと包囲感が印象的だったような記憶が朧げに・・・

記憶が繋がりませんが・・・前より透明感のアップとボーカルの明瞭度やバックの演奏の細かな音がよく分かる・・・広がり感と明瞭度のバランスが後者寄りになった?・・・

と、そうてんさんからは・・・BMCの時よりは圧が来なくなったので、よりBGM的になったかもしれませんと・・・そこはD級アンプに変えたことによるものかも?と・・・

なるほど・・・ただ、σ(^^)私の印象では、前の方が柔らかな抱擁感があったような・・・

【蟲師のサントラ】
4266-03蟲師のサントラ

と、つづけてかけられたのは・・・蟲師のサントラ盤から最初のテーマを・・・

おお、位相を弄った空間全開のサラウンド的サウンド・・・しかも木琴を鉄琴っぽく電子的に弄ったり、チェンバロ風電子ピアノに鈴やキラキラシャラシャラ系金属パーカッションとか・・・透明感の中に明瞭で解像度の高い音がふわっと広がる・・・

そうてんさんからは・・・前のシステムでは、ノイズ感が邪魔してあまり好印象ではなかったんですが、このシステムになって、音が立って来て、気持ちよく聞けるようになって・・・少し音の方向性が変わったかも?と・・・

うん、記憶が曖昧ですが・・・以前より明瞭、高解像度になった分、線が細く超微粒子方向へ・・・前はもう少し濃く滑らかに柔らかく包まれる感じだったような気がするんですが・・・

と、5年振りのサウンドに・・・前回の記憶が辿れず?少々困惑?でスタート・・・で、この後突如、記憶が繋がることに・・・さて、何があったのか?・・・つづきは次回へ(汗

ってわけで・・・いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

【4265】200906 そうてん邸再訪(序)5年振りの訪問・・・(^^; 

さて、このところオーディオのテーマも方向性が不明確で・・・継続的な取り組みも無く?ちょっと疲弊気味(滝汗・・・で、結果的にツマミ食い的な息継ぎネタや・・・果ては反則技のオーディオ以外のテーマも頻出する有様・・・(大滝汗

まあ、ある意味このブログは・・・先輩音友達のお宅へ訪問させて頂いて・・・その探求成果を実体験し、自分の立ち位置を再確認して・・・いただいた刺激を糧にσ(^^)私自身の優先課題をテーマにして取り組むってのが、スタンダードスタイルなわけですが・・・(汗

と、コロナ禍での訪問自粛に悶々としつつも・・・双方が充分な感染防止対策をした上で音会やりませんか?とお声掛けをいただき、世の環境条件もクリアできた場合は、喜んで伺わせていただいているってのが、現状・・・(^^;

で、そんな拙ブログの動きをご覧いただいて・・・ちょうどご自身のシステム環境の次なる高みを模索するため、お楽しみアイテムを借用されたそうてんさんから、スケジュールは空いてますか?と連絡が・・・

もちろん、実家のサポートで戻る予定が入ってなければ、ほとんど空いている現状ですから・・・予定を確認して、すぐさまハイ!とお返事を・・・(汗

と言うことで・・・大喜び!期待満々でお伺いしてきたので・・・じっくりおさらいを・・・

って、タイムラグが短くなったとは言え拙ブログは3週遅れ・・・(大滝汗

ゆえに、そうてんさんのブログでは既にこの日の記事が5話に渡って記されてまして・・・>>>こちら(1),(2),(3),(4),(5)

これからつづく、拙ブログの毎度冗長、結論の見えない茫洋としたおさらいφ(..)メモより、簡単明瞭に、目的と結果を知りたい方は、上のリンク先をご覧いただければ・・・(大滝汗

と、おことわりをしたことで力一杯開き直って?・・・毎度の、ダラダラおさらい日記に移りたいと思います・・・(^^;

と言うことで・・・まずは、そうてんさんとの繋がり?を簡単に・・・

σ(^^)私がこのブログを始めた当初、もっぱら楽しんでいたGe3のオーディオアクセサリーと、ブログの繋がりから、コメントのやり取りがあって・・・イベントでニアミス・・・今度は声掛けを・・・で、イベントで直接お会いしたのが最初で・・・(汗

でもって・・・最初に伺ったのは・・・6年半前のカニパーチィ?・・・(汗

【2019】140118 そうてん邸訪問(序章)カニパーチィ!?・・・(^^; [2014/02/16]
以降、全5話・・・

でもって、その1年半後・・・今から約5年前に、オープンリールデッキ持参で・・・(大滝汗

【前回のシステム全容】2593-01
2593-01システム全容

【2592】150809 そうてん邸再訪(序)広いしめっちゃ静か!・・・(^^; [2015/09/12]
以降、全8話・・・

ま、こんな訪問を通して、そうてんさんの人となりや・・・個性的な拘りサウンドの方向性も聞かせていただいて・・・

それから2年半ほどしてようやく・・・拙宅サウンドの迷走状態からの脱却を目的に、自宅音会を再開し・・・いつもの音友達メンバーとなら気兼ね無く楽しんでもらえるかな?と・・・そうてんさんにもお声掛けして来ていただいたと・・・

【3571】180317 拙宅音会(1)5年振りの思い?・・・(^^; [2018/05/18]
以降、全11話・・・

で、さらに約2年後・・・ことし始め・・・まだ、コロナ禍に入る前・・・(汗

【4119】200119 拙宅音会(2Hくん&そうてんさん)(1)経過・・・(^^; [2020/03/06]
以降、全8話・・・

でもって、このときそうてんさんは・・・システム更新?の真っ只中で・・・落ち着いたら今度はそうてん邸へって話しをしていたわけで・・・(^^;

で、その後・・・コロナ渦の自粛もあって・・・ところが、その間に更なるシステム更新も果たされて・・・新生そうてん邸サウンドは、どんなサウンドになってるのかな?と興味津々だったわけで・・・上手く環境が整えば是非再訪をと思ってました・・・(汗

と言うことで・・・6月に2つのピースを新たにされ・・・機器構成だけでなく、使用環境も少し変わったみたいで・・・それから2ヶ月あまり・・・

そうてんさんのブログでは、いくつかのアクセサリーなどの整備も進み・・・少しづつサウンド調整も進んでいるんだな?って感じを受けてて・・・さらに興味津々!(^^

と、なんと!・・・突然ですが、週末空いてますか?とメッセージが・・・(^^;

ってわで・・・冒頭の、予定を確認して、すぐさまハイ!とお返事をってところに戻るわけですが・・・本日はここまでとして・・・次回、いよいよ本題、5年振りに伺った話に・・・(汗

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

【4264】200905 実家で農作業の夜の夢&修理チャレンジ失敗・・・(^^; 

さて、この日は・・・実家のおふくろが、恐ろしいほど大きな台風が来るって、こんなにニースで言ってるのに・・・80をとっくに過ぎた老人をずっと一人暮らさせてどうするの?と毎日電話がかかって来るので・・・(大滝汗

とは言え、台風9号は九州の西を北上して通り過ぎ・・・次の10号は、ホントに恐ろしいほどの勢力で・・・どうしよう?とは思ったものの・・・進路が9号と同じく九州の西を北上・・・

ま、今年はいずれ来るかも知れないし・・・諸々の片付けと毎度の除草剤撒き・・・九州の西を通る台風が、滋賀まで大きな影響が及ぶことは無いとお袋に言い聞かせ・・・飛びっきりの晴天の中、お袋のリクエストで畑を耕して・・・クルマを洗って・・・(汗

危うく熱中症か?ってギリギリの状況とタップリの疲労感で、大阪に戻り・・・

実家のプリンター(コピー)が突如故障したので持ち帰り・・・ネット見ながらいろいろ復活の呪文を試したけど駄目・・・(泣

【プリンタヘッドを取り出し】
4264-01プリンターヘッドを取り出し

仕方なく・・・プリンタヘッドを取り出して・・・

【洗面所でじゃぶじゃぶ水洗い】
4264-02洗面所で水洗い

最終手段?・・・洗面所でじゃぶじゃぶ水洗いして・・・

【水滴飛ばして乾燥】
4264-03水滴飛ばして乾燥

でもって・・・キッチンペーパーで水滴を取って・・・カメラのブロアで水滴を飛ばして・・・しばし扇風機の風を当てて乾燥させ・・・

【やっぱりB200エラー】
4264-04やっぱ駄目!B200エラー

で、意を決してヘッドを再装着して電源ON・・・でも、やっぱB200エラーは変わらず・・・

結局、無駄Born!・・・ガクッ_| ̄|○

ってわけで・・・その後、帰り道にゲットして来た・・・テレワーク用PCのLANケーブルと・・・ヘッドセット、無線マウスとキーボード、会議用のカメラをゲットして来たので・・・これを装着して動作確認・・・動作OK!・・・(^^;

と、途中寝落ちして・・・週明けのブログの日記(バラアキュ降臨)を明け方までかかって半分書いて・・・外が白んで来たので寝床へ・・・

で、疲労の影響か?見た夢が・・・少し前ににも見た夢の続き?・・・(大滝汗

あるお宅へ音会で伺ったら・・・前にも来てもらって、5年も経ったのに何でブログに書いてくれないの?って迫られて・・・えっ?そんなはずは・・・アタフタって夢の続き・・・

今回音会に伺った時のおさらいをしようとして・・・前回の日記をもう一回見ようと、日記用のPCのフォルダや自分のブログを検索するんですが・・・その日記が全然出てこない・・・ひえ~!ってめっちゃ焦って・・・(超大滝汗

えええ~!、この間の夢の記憶は、夢じゃ無くてホントにアップし忘れがあったってこと!・・・だから何故アップしてくれないのか?って言われたんだ・・・(大滝汗

と、ここで目が醒めた・・・ああビックリ!(@@;・・・なんちゅう夢見んねん!

あっ、でも・・・もし音会へ来たのに、いつまで経ってもブログにアップしてくれないって方がいらっしゃったらご一報ください・・・m(_ _)m

いえ、冗談でもなく、マジに4000話以上書いてますんで・・・もしかするとひょっとして?って不安が無いわけでは無いので・・・(大滝汗

なんて、どうでもいい意味の無い話しでお茶を濁して・・・本日はここまで・・・(滝汗

で、次回は?・・・このところ、没ネタの下調べや仮実験で時間を費やしたので、ネタが無くって・・・週明けは、3週前のお出かけネタに・・・(汗

と言うわけで・・・いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

【4263】200902-05 届いたCDで効果の再確認?・・・(^^; 

さて、ちょっとあれこれ調べたり、予備実験や音源確認したりはしてたんですが・・・このブログに書ける成果が得られないまま・・・一気にタイムスタンプが9月に突入!(滝汗

ってわけで・・・随分久方ぶりにタイムラグが3週間となった本日のテーマは?・・・(汗

先の日記で変更した・・・シェイプタイプと広がりタイプの自作真似ニートのハイブリッド使用になってからのサウンド確認?・・・ま、息継ぎ的な追試ってやつです・・・(^^;

で、この日届いた最初の音源が、こちら・・・

【YARLUNGレコード7年間の記録】
4263-01YARLUNGレコード7年間の記録

YARLUNGレコード7年間の記録って、レーベルのサンプラーみたいなお買い得価格のCDだったんですが・・・これは、Soulnoteの開発者さんがフェイスブックで、ハイパーソニック・エフェクトとともに、このCDをS-3のNOSモードでLPFをOFFにして聞くと、ハイパーソニック・エフェクト効果相当が起きてるって記事がありまして・・・

そう、ハイパーソニック・エフェクト効果といえば・・・

【3858】190203 H氏邸再訪(2)ハイパーソニックエフェクト効果?・・・(^^; [2019/04/12]

1年半前・・・昨年の横浜のM氏邸音会への遠征時、その効果体験をしたヤツで・・・(滝汗

【バリの音楽・ガムランのSACD】3869-01
3869-01バリの音楽・ガムランのSACD

この時のヒジヤンの解説では・・・SACDで20KHz以上の音が聞こえる状況で、ガムランの音がハイパーソニックエフェクト効果を生んで・・・その後にサウンドをいい音で聞き取れるようになる?的な話しだったのですが・・・

それを一足飛びに・・・下手にフィルターで高次の倍音を歪ませず、自然の音に近いインパルスを再生すれば、耳が自然に反応する・・・的な話題でして・・・(汗

で、この届いたCDを・・・UX-1で聞いたのですが・・・どうも一本調子で、面白味の無い、単調な演奏に感じてしまって・・・(大滝汗

でもって・・・これをCD-34に入替えて・・・ホンマに現在の16bitにすら満たない14bitのデジタル音で・・・そんな20KHz以上の音を感じられる原音が入ってるわけがないだろう?って懐疑的な思い満々で再生してみると・・・

思いの他、高域の伸びも、抜けも、空間の展開もよくなって(汗・・・おっ?何かホントにそんな効果があるのかも?と思わせる纏まりのよい演奏に聞こえて・・・(汗

で、途中にドラや鐘のような金属系のパーカッションの音が一杯入った曲もあって・・・ま、こう言う音でもビートアップの倍音で脳内覚醒するのかも?・・・(滝汗

ま、本来のNOSモードでLPFを使わない演奏って条件には合致しないんですが・・・CD-34改のNOSモードでも、充分楽しく聴き応えもあって・・・(汗

そう言う意味では、一度ご本家・・・SoulnoteのNOSモードでLPFをOFFにして聞いてみたいですねえ・・・(^^;

で、おつぎは・・・こちらは・・・なんでポチッたか覚えて無くて・・・

【Anne Sofie Von OtterのA Simple Song】
4263-02アンネゾフィヴァンオッターのSACD

ずっと以前、SNSの音友達が絶賛されてて・・・確かポチッたはず!と結構探したんですが・・・メールや日記を検索しても引っ掛からなくて・・・

で、今回、何でポチッたんだっけ?と検索したら・・・あれ?ぎょっ!(@@;

【3797】181110 WFRに再びトライ&届いたCD・・・(^^; [2019/02/05]

【アンネ・ゾフィー・フォン・オッター】3797-05
3797-05アンネ・ゾフィー・フォン・オッター

何と!・・・カタカナで入れてる・・・ひえ~・・・ガクッ_| ̄|○

おまけに・・・何でこのSACDをポチッたかが、やっぱり思い出せない・・・ま、救いはSACDながら、中古を結構安価(1.8K)でゲットできたので怪我がさほど大きくなかったこと(大滝汗

で、あまりに勿体無いので、じっくり聴いてみることに・・・っと、パイプオルガンの深い響に包まれる感じで、非常に空間展開が豊かな録音・・・(^^;

なので・・・また、がっかりするだろうなと思いつつも・・・超久し振りにSACDサラウンドの再生をやってみた・・・

で、AVアンプの設定がS-1EXでしかやってないので・・・メインSPをFB-1からS-1EXに変えてのサラウンドで聴いてみると・・・

おお!・・・意外にもSACDのサラウンドもクラシックの教会録音だと、サラウンドならではの包囲感に満たされて・・・このアルバムを聴くにはサラウンドの方がいいかも?・・・(^^;

ってわけで・・・何で重複してまでポチッたかが、思い出せないまま・・・多分、音友達の日記とか、雑誌の記事を見たんだと思うんですが・・・ま、楽しめたからいいか・・・(滝汗

で、次回は?・・・完全なルール外の息継ぎネタ・・・しかも失敗談・・・(汗

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

【4262】200829 洗って聴いてマグニートーの変更実験?・・・(^^; 

さて、ドイツのトーンマイスター資格を持った方が製作したレコードを聴いて・・・ワンポイントのいい感じがタップリ楽しめたので?・・・(汗

新品レコードですが・・・改めていつもの儀式・・・自作超音波洗浄機で洗って聴いて・・・

【いつもの儀式を?】
4262-01いつもの儀式を

で、この音と録音空間なら、S-1EXの方が綺麗な空間展開になるのでは?と・・・SPを繋ぎ変えて聴いて見ると・・・(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)うんうん、やっぱり!

重心が下がって、質の高い音で滑らかに空間の密度も高く・・・それでいてバイオリンの倍音の響やベーゼンドルファーの豊かな響も包みこまれる感じで・・・(^^;

【ダイアナクラールのWallFlower:レコード】2947-04
2947-04ダイアナクラールのWallFlower

でもって、1枚だけ洗うのも勿体無いので・・・このあと某所に持参する予定のダイアナクラールのWallflowerも洗って聴いてみたが・・・こちらはMIXで作った空間なのと、上質さより音触が少し固目な方が心地いいだろうと、再びPMC FB-1に繋ぎ変えて聴くと・・・

おお、やっぱこう言う音源・・・って、これも元はデジタル録音・・・しかも、PCM的な雰囲気モリモリな感じで・・・っと、待てよ!これならデジタメディアの方がいいのでは?と・・・

【ダイアナクラールのwallflower:SACD】4073-03
4073-03ダイアナクラールのwallflower

で、SACDを聴いて見ると・・・なるほど、やっぱり音蝕は似てますね・・・でも、音の透明感、解像感、生々しいっぽいブレスの感じとか、微細な音はよく分かるんですが・・・バックのストリングスの滑らかな心地よさとか・・・ボーカルの濃さと温度感と言うか、訴えかけてくる雰囲気がレコードの方が強く濃いんですね・・・

ってわけで・・・結局、何をどう鳴らすかと、聴く側がどう聴きたいかで、結果はどうとでも変わるってことかな?・・・(大滝汗

で、ここからが、本日のメインテーマ・・・拙宅のマグニートー(真似ニートー)の話・・・

【4202】200523-24マグニートーNewType追試(その1)・・・(^^; [2020/07/01]
【4203】200523-24マグニートーNewType追試(その2)・・・(^^; [2020/07/02]

ってわけで・・・現在の拙宅の環境は、自作真似ニートーNewType・・・聴感の効果からシェイプタイプと呼んでいますが・・・送り出し系機器のタップも、アンプ2台のタップも、このシェイプタイプを計4本使ってますが・・・

先の遠征の祭、ヒジヤン邸で・・・

【4227】200704 ヒジヤン邸再訪(7)マグニートー実験(前編)・・・(^^; [2020/08/05]
【4228】200704 ヒジヤン邸再訪(8)マグニートー実験(中編)・・・(^^; [2020/08/06]
【4229】200704 ヒジヤン邸再訪(終)マグニートー実験(後編)・・・(^^; [2020/08/07]

広がりタイプも、シェイプタイプも・・・それぞれ効果の帯域が違うのと・・・効果の現れ方が違うって・・・SNの向上とか、音の純度が上がって見通しがよくなるって点は似てるのかも?って感触を、新たに得て・・・

【4256】200814-15 実家でバラアキュBACU-2000の比較試聴(後編)・・・(^^; [2020/09/15]

実家で広がりタイプとバラアキュBACU-2000との効果の相性?のようなものも感じ・・・

実際、ヒジヤン邸の効果から・・・拙宅のサウンドは、シェイプタイプで中高域の線を細くし過ぎているかも?って不安を抱き・・・

バラアキュとあわせる度合いで、相乗効果もありえるのでは?って期待も・・・(^^;

【シェイプタイプを一旦外して】
4262-03シェイプタイプを一旦外して

と言うことで・・・ヒジヤン邸と実家で感触を掴んだ・・・上流にシェイプタイプをって感じを確認するため・・・バラアキュBACU-2000はそのままに・・一旦、アンプのタップからシェイプタイプの真似ニートーを外して聴いて見ると・・・

【上段:シェイプタイプ・下段:広がりタイプ】
4262-02上段シェイプタイプ:下段広がりタイプ

なるほど・・・中高域で効くインパルスのピークや音の芯はいい感じに強めに出て・・・定位や解像感もハッキリして、空間の展開や見通しもいい雰囲気に・・・(汗

ただ、重心も少し高く感じるのと・・・中低域が締まる感じが強く・・・線が細い・・・(汗

【広がりタイプをアンプに】
4262-04広がりタイプをアンプに

ってわけで・・・広がりタイプをアンプ2台のタップそれぞれに装着して・・・も一度聴いて見ると・・・(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)うんうん!

やっぱ、パッと聴きはいいじゃないですか!・・・

PMCでの音の立ち方は少し柔らかくなって・・・浮き立つような立体感はホンの少し減少したけど、線の細さが解消された・・・中低域に厚みが出て重心が下がって安定した感じで・・・腰高さが解消したかな?・・・

これでしばらく時間が経てば、音調のバランスはこのままで・・・音の芯が出て見通しがもう少しよくなるはず・・・って、数曲聞いている内に、線が太いまま少し音の芯がしっかりして来たので・・・いい方向に行きそう!・・・(^^;

で、そうなると・・・S-1EXはどうかな?と、聴いて見ると・・・

シェイプタイプのお陰でそこそこ出てた硬さが、・・・広がりタイプで柔らかさが少し増した感じもあって・・・ただ、元々柔らか目なので、変化は小さい?・・・

それと・・・意外にもPMCの方で少し減退した浮き立つ立体感がS-1EXの方でも少し感じられるようになったのにはビックリ!(@@;

この辺、バラアキュBACU-2000との合わせ技のぶぶんかな?・・・(^^;

ってわけで・・・いきなりプラシーボのバイアス全開みたいな効果の感想ですが・・・(滝汗

喜びはしっかり楽しみつつ・・・しばらくは聴き込んでみようかな?と・・・(^^;

で、次回は?・・・ホントはお出かけだったんですが・・・ちょっと飛んで息継ぎ?(滝汗

と言うことで・・・いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

【4261】200825-27 届いた音源を聴いてバラアキュの効果を再実感・・・(^^; 

さて、上京した娘の様子を見に行くため?(結局、コロナ禍で上京下の8月だったので、部屋のチェックに行っただけですが)・・・7月に伺ったオーディオ遠征のおさらいで刺激を受けた音源をポチリ幕って・・・

で、その音源が、ボチボチ届き始めまして(滝汗・・・このところ、そんな音源を聴いて・・・遠征で聴いた素晴らしいサウンドを思い出すほどに、拙宅サウンドの行けてて無さを実感して、落胆しまくりの日々・・・(大滝汗

ってわけで・・・本日もこのパターンがテーマで・・・(汗

【T字路sのTの賛歌のCD】
4261-01T字路sのTの賛歌

で、届いたのは・・・横浜のM氏邸でIBさんがかけられたT字路sのTの賛歌・・・もちろん当日はレコードを聞かせて貰ったんですが・・・届いたのはCDです・・・(^^;

と言うことで・・・さっそく聴いて見たのですが・・・ま、横浜のM氏邸で聴いた、あの強烈なインパクトは、全然想像も付かなかったものの・・・(大滝汗

その熱気だけは、バラアキュBACU-2000のお陰で辛うじて伝わって来て・・・気付けば全曲楽しく聴き終わりました!(^^;・・・ま、これが最高の成果?(汗

実際、録音はかまぼこで、そんなに鮮度が高いわけでも無くて・・・と、最初感じたんですが・・・バックの演奏を聞いていると・・・どうも、ボーカルの声がそう感じさせるらしい(汗・・・それにしても、この声は凄い!・・・カバーしてる元曲とは全く別の世界感・・・(^^;

と、とっても惹かれるアルバムでした!・・・

で、おつぎは・・・一転、クラシックで・・・しかもレコードで・・・

【マイスターミュージック永峰高志のロマンス】
4261-02マイスターミュージック永峰高志のロマンス

えっと・・・何でこのレコードを?・・・ああ、思い出しました!・・・この少し前に出たオーディオアクセサリー誌の178号の付録にサンプラーCD付いてまして・・・

記事によると・・・日本人で初めてドイツの国家資格トーンマイスターを取得した平井さんと言う方が主催のマイスターミュージックの音源が収録されてて・・・

このサンプラーを聞いて・・・バラアキュBACU-2000の効果を改めて感じたと言うか・・・最後のトラックのバイオリンとピアノのデュオの空間展開が凄くて・・・(^^;

で、思わずポチッたのが・・・何を思ったか?・・・拙宅での高次のハイレゾはあまりいい感じでなることが無いので・・・せっかくだからと・・・レコードを・・・(大滝汗

【重量盤で384kHzDXD録音】
4261-03重量盤で384kHzDXD録音

高次のハイレゾが鳴らんと言いつつ・・・デジタル録音をレコードで聴くのは・・・っていつも違和感を語るのに何故って?・・・記事中で演奏者ご本人が思いを語っておられたので・・・

で、珍しくレコードにしといてよかったなと思った次第で・・・高次のDXD録音だからか?ワンポイントでほとんど弄ってないからか?デジタルっぽい所がほとんど無くて・・・ホールの空間の響で柔らかく包み込んでくれて・・・ステージの演奏に引き込まれる雰囲気タップリの演奏で・・・このサウンドテイストって正にバラアキュBACU-2000が聴かせてくれる雰囲気・・・

σ(^^)私の大好きな2トラ38のプレスマスター系テープの雰囲気を思い出させる!(^^;

と、とっても心地いい音楽を堪能したので・・・これで終わりかと思いきや・・・

最後にCDが届いちゃいました・・・

【ピンクマルティーニ&由紀さおりの1969】
4261-04ピンクマルティーニ&由紀さおりの1969

届いたのは・・・これまた横浜のM氏邸でIBさんがかけられたピンクマルティーニ&由紀さおりの1969のCD・・・何でレコードじゃないのかって?・・・CDは送料盤\351だったので(滝汗

で、これは・・・冒頭の夕月は、バラアキュBACU-2000のお陰で辛うじて聴ける感じ・・・これならと、UX-1からCD-34のNOSモードに代えて聞いてみると・・・

おお!・・・2曲目の真夜中のボサノバが、俄然それっぽく楽しめる雰囲気に・・・以降、どの曲もそれぞれの曲の世界の雰囲気に浸れる感じで・・・この組み合わせって、結構強力かも?って思わずにいられなくなって来た・・・(汗

と言うことで・・・日々じわじわとバラアキュBACU-2000の何気ない効果に・・・ああ、参ったなあ・・・こんな感じに鳴っちゃうんだ・・・いいなあ!ってのを繰り返し・・・(汗

で、いつの間にかレコード1枚、CD1枚聴き続ける毎日に・・・(^^;

じゃあ、次回は?・・・そう言いつつも、ちょっと気になることも・・・なので、久々に実験をやろうかと・・・(汗

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~