FC2ブログ

【4256】200814-15 実家でバラアキュBACU-2000の比較試聴(後編)・・・(^^; 

さて、大阪の自宅で、RCAタイプとそんなに違わないのでは?と言う予想に反して、非常に大きな効果を感じさせてくれたバランスタイプのアナログアキュライザーですが・・・

お盆に、実家へ戻るのに合わせて持ち帰り・・・この一騎打ちをしたところ・・・ちょっと意地悪かな?と思いつつ、音楽性の向上は既に承知の上なので・・・敢えて音の面でどうだろう?と・・・音源にYMOを使って、インパクトと空間展開を聞き比べてみたところ・・・

これまた、参りました(滝汗・・・インパクトのピークが鈍ったり、空間展開が歪になったり、解れなかったりしないか?を聞いてみたのですが・・・全然大丈夫!(@@;

と言うことで・・・だったら、ちょっとお楽しみをと・・・(滝汗

【バラアキュ+マグニートーでは?】
4256-01バラアキュにマグニートーを

このところ大阪の自宅では、そうてんさんに現物体験をさせていただいたHigh Fidelity Cables の Magnetic Wave Guide MC-0.5 Helix +の真似が出来ないか?と自作した真似ニートー(マグニートー)を使って、なかなかいい感じのサウンドを楽しんでるので・・・

バラアキュの効果に対して・・・真似ニートーの効果はあるのか?と・・・広がりタイプのマグニートーを持って来たので・・・これをタップに装着して聞いてみると・・・(^^;

おお!・・・装着して数十秒で効果が出るかな?と思ったんですが・・・意外に変化が!(汗

若干、音のバランスは重心が下がって低域の量も密度も出て、滑らかになったんですが・・・中高域も滑らかにストレス感もなくなって、SPの高さより下方に展開してたのが、天井近くまで情報にも空間が広がって・・・楽器の展開がSPの高さくらいに水平に・・・

ま、広がりタイプの真似ニートーなんで、音の速さはすこし量の方にシフトした感じもありますが・・・蹄の音がこっちに向かってくる感じは、より前後がハッキリして、リスポジ後まで抜けて行った!・・・(^^;

ま、オーディオ的快感度で言うと、ちょっと柔らかく丸くなった感はあるんですが・・・空間の広がりと密度はこっちの方が心地よくて・・・タムの左上方への展開も、電子銃の出音と移動も・・・ポッカリ空間に浮かんだところからこっちに飛んでくるようなイメージ!(@@;

ならば・・・今度は、更に音の確認をと・・・(滝汗

【マグニートーとバラアキュ外して太鼓の音を?】
4256-02マグニートー無しで太鼓を

マグニートーとバラアキュを一旦タップから外して・・・ノーマルのサウンドを、更に音で確認してみようと・・・邦楽系をと・・・オトダマのCDから7曲目を聞くと・・・

うん、中低域の重心は変わらず・・・雰囲気は似てるけど・・・さっきまでの速さやリアリティや空間展開は、全体に減退して・・・やっぱりもっちゃりしちゃった・・・(大滝汗

【バラアキュ装着では?】
4256-03バラアキュなら?

ってわけで、メインテーマのバランスタイプのアナアキュ付けて聞き直してみると・・・

おおおお!・・・空間の密度が高くて滑らかに出音がスッとでて来る・・・太鼓のリアリティがいい感じだし・・・三味線の音のリアリティも・・・尺八もいい感じだし・・・(滝汗

いやあ、大阪の音よりバランスよくて、太鼓の皮の張った感じもいい感じ!・・・太鼓も三味線も尺八も、乾いた空間に滑らかに広く展開して・・・(^^;

で、ついでに・・・マグニートーを装着して聞いてみると・・・

お、やっぱりステージの高さがちょっと上がって・・・さっきは余り気付かなかったけど、ちょっと前後感が無くなった?・・・何気に、広がりタイプとは相性がもう一つかも?・・・ああ、シェイプタイプのマグニートーも持ってくりゃよかった・・・(大滝汗

で、最後は、女声ボーカルでと・・・バラアキュとマグニートーありのままで・・・浜田真梨子のライブを聞くと・・・

うん?・・・密度感と滑らかさ、空間展開も気持ちよくて・・・でも、やっぱちょっと違和感があるなあ・・・響きが少し緩く滲む?・・・広がりタイプのマグニートーのせい?(汗

【バラアキュのみなら?】
4256-04バラアキュのみなら?

で、バラアキュのみにして聞いてみると・・・やっぱりスッキリした響きと展開で・・・マグニートーの嫌な響の滲みが無くていいなあ!・・・でも、シェイプタイプのマグニートーとあ合わせたらもっと空間が浮いたかも・・・やっぱ両タイプのマグニートー持って来たら面白かったかな?・・・この組み合わせ実験は、大阪でやってみないとあかんな・・・(滝汗

【ノーマルでは?】
4256-06マグニートーのみでは?

ってわけで・・・バラアキュも外して、ノーマルでは?・・・って、ノーマルって言っても、インフラノイズのアイテムは一杯使ってますけど・・・(汗

あ、なるほど・・・全体に大人しいと言うか、メリハリや強弱が薄い?・・・実際これでも結構いい感じなんだけど、バラアキュ有りに比べると、ちょっと一本兆品感じに・・・う~ん、知らなきゃ充分だけど、一度聞くと・・・バラアキュアリとは全然惹かれる度合いが低い・・・

やぱぱり、前回自宅で試した自作XLRアダプタ付きのRCAアナアキュと比べても・・・実体感と実在感のある空間の雰囲気は、バラアキュの効果が高いなあ!・・・(^^;

【最後にマグニートーのみ】

で、最後の最後に、広がりタイプのマグニートーのみでは?・・・

お!・・・拍手の感じが生っぽい!・・・ああ、ピアノはやっぱりちょと緩く響きが滲むなあ・・・でも、2種類のマグニートーを合わせれば、これはこれでハイエンド的な密度と広がりになりそう!・・・音額的抑揚とかダイナミックレンジはバラアキュ無しでは厳しいけど(滝汗

ってわけで、バラアキュの高い効果をしっかり再確認・・・心配したインパクトのピークや空間展開にも問題なく・・・正しい音と音楽って感じで凄くいい!・・・\(^^)/

で、マグニートーですが・・・質感が上がる感じで・・・2タイプとバラアキュを上手く組み合わせると、ひょっとすると合わせ技で、また違う世界が体験できるかも?・・・(汗

と言うことで・・・今回のお盆のテーマは、これにてお終い・・・(^^;

次回は?・・・息継ぎネタで・・・SACDとレコードを?・・・

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

【4255】200814-15 実家でバラアキュBACU-2000の比較試聴(前編)・・・(^^; 

さて、先の日記の通り、酒仙坊さん達とのZoomミーティングを楽しんだ翌日からは・・・お盆の休みを取って、実家へ戻って墓参りや草刈りを・・・(大滝汗

コロナ禍の影響で、兄弟やその家族との食事も、時間をずらしつつ、間を開けて・・・(^^;

で、翌日は・・・草刈りのつづきってひと仕事の前に・・・課題の比較試聴を・・・(汗

そう、大阪のシステムで、予想外に驚いた・・・バランスタイプのアナログアキュライザーBACU-2000を、RCAタイプのアナアキュAACU-1000のときと同様、比較試聴してみようと・・・

【4208】200606-07 実家でインフラノイズアイテムの音確認(前編)・・・(^^; [2020/07/09]
【4209】200606-07 実家でインフラノイズアイテムの音確認(中編)・・・(^^; [2020/07/10]
【4210】200606-07 実家でインフラノイズアイテムの音確認(後編)・・・(^^; [2020/07/13]

【二階の筒抜け部屋で】
4255-01毎度の二階の筒抜け部屋で

ってわけで・・・毎度、二階の筒抜け部屋で、一騎打ちの比較試聴をと・・・

【アナアキュ一騎打ち】
4255-02アナアキュ一騎打ち

新製品のバランスタイプのアナログアキュライザーBACU-2000(左)と・・・自作バランスアダプター装着のRCAタイプのアナログアキュライザーAACU-1000(右)を用意して・・・

【Y.M.O.のSOLID STATE SURVIVOR】
4255-03YMOのSOLID STATE SURVIVOR

で、試聴曲は?・・・ハハハ!敢えて音楽ではなく、音で比較してみようと・・・YMOのSOLID STATE SURVIVORから、RYDEENをまずは、ノーマルで聞いて・・・

【バラアキュBACU-2000に変えて】
4255-04バラアキュから

つづいて、先に、バランスタイプのアナアキュBACU-2000に変えて聞いてみると・・・

おおお!・・・やっぱ全然ちがうな!効きますねえ!・・・冒頭のシンセの音が、凄く芯のある立った音になって・・・キーボードのメロディにうねりと言うか強弱と言うかを感じる不思議・・・一方で・・・弾力感を持ちつつ早くタイトなドラムが・・・って、音の違いのコメントがしっかり出来る変化で・・・蹄の音もしっかりうねりながらこっちへ走って来て、通り抜けて行った・・・でもって、タムが左手前の上方向に・・・電子銃がセンターから右の耳をかすめて後へピュンピュン飛んで来る!・・・(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)うんうんいい感じ!(^^;

定期方向も、高域方向も、シャッキッとスカッと伸びて・・・で、気にしてたのは、果たしてこういう位相を弄った音源が、変にならずに聞けるか?ってことだったんですが・・・手前に出てくる音や電子銃の音の位置関係はノーマルと変わらず・・・むしろよりピントが合ったシャープで前後感もハッキリした音になって・・・

もひとつ・・・高域だけでなく、シンセドラムもグリップ感のあるタイトな音で、上下のバランもよく・・・演奏のダイナミックレンジがグッと上がって音楽的にも、超楽しい!(^^;

で、そうなると・・・新しいバラアキュBACU-2000は、前回絶賛した、自作バランスアダプター装着のRCAタイプのアナログアキュライザーAACU-1000に比べてどうなのか?ってこと・・・

【自作アダプタ付きRCAアナアキュ】
4255-05自作アダプタつきRCAアナアキュ

で、こんどは・・・自作バランスアダプター装着のRCAタイプのアナログアキュライザーAACU-1000に変えて、もう一度RYDEENを聞いてみると・・・

おろ?・・・バラアキュBACU-2000に比べると、RCAタイプのアナアキュは・・・ちょっとスピードが落ちた感じで・・・もちろんノーマルよりは明瞭でタイトで早い感じですが・・・ちょっとセンターに寄ったみたいにもちゃっとした感じがして、空間の広がりがガクッと減った・・・

ま、その分低域の厚みと量感は感じるんだけど・・・蹄の迫りもちょっとぼやけた感じで・・・高域の明瞭感や解れが増してる分、低域のもっちゃり感がノーマルに近い印象・・・タムや電子銃も少しモヤッとしてしまって・・・(汗

やっぱり、こんなに違って聞こえるんだ・・・ってわけで・・・ノーマルより結構印象がよかった自作のバランスアダプターですが・・・こうしてご本家のバラアキュと比べる途・・・かなり足枷になっているってことを思い知らされた感じ・・・(滝汗

で、念のため?・・・ご本家バラアキュBACU-2000に戻してRYDEENを・・・

うひょっ!・・・やっぱり冒頭から全然雰囲気が違いますね!・・・そう言えば、CECのDACもAMP-5300も無帰還のフルバランス回路設計が売りだった気が・・・つまり、大阪の自宅のSOULNOTE A-2と同じってこと!?・・・(^^;

うん、やっぱり音の余裕が違う・・・低域方向も高域方向もリアリティがあって、タイトで早いサウンドで・・・無帰還のフルバランス回路との相性がいいのか?・・・想像以上に効果が大きく感じます!・・・(^^;

ってわけで・・・今度は、ちょっとおまけ的に・・・あ、残念、時間切れ・・・(汗

なので、つづきは次回へ・・・(^^;

なので、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

【4254】200813 テレワーク用PCの変更・・・(^^; 

さて、タイトルからすると、オーディオとは無関係?なんですが・・・めぐり巡って関連する事象なので・・・と、無理矢理の言い訳を・・・(滝汗

えっと・・・テレワークのシステムも扱ってる会社に居ながら、コロナ禍で大騒ぎのゴールデンウィーク後からしかテレワークさせてもらえなかったんですが・・・(大滝汗

以降、どれだけ意味があるかは分かりませんが、週1日程度のテレワークが許され・・・これまで音源再生や録音用に使ってたノートパソコンをテレワークに使ってたんですが・・・

モニターサイズが15.6インチのフルHDですが・・・字が見え難い!(滝汗

で、ずっと我慢して来たんですが・・・流石に忙しい日は、疲れが半端無くって・・・

ってわけで、かみさんに・・・モニター買っていい?って、頼み込むと・・・会社は買ってくれないの?と・・・そんなん、あるわけない!(汗

と言うことで、何とか許可を貰って・・・

【ゲーミングモニター?】
4254-01げーミングモニター?

ゲットして来たのが・・・こちらの24.5インチの液晶モニター・・・箱はゲーミングモニターみたいですが・・・別にゲームスペックを欲しかったわけじゃなく・・・単に在庫特価が1諭吉余りだったから・・・って、なんちゅう安さ!(@@;

でもって・・・ノートPCを置いて、このモニターも置いてって・・・テレワークの度に動かさなきゃならないし・・・モニターの後に箱つければ?と・・・

【ミニPCも一緒に】
4254-02ミニPCも一緒に

で、これまた仕事で使うんだから!とかみさんに頼み込んで、ついでにミニPCもゲット・・・

【中身はこれだけ】
4254-04中身はこれだけ

Windows10Pro搭載、MS Office2019ついて・・・これで2諭吉って?・・・ビックリ!(@@;

ま、CPUは・・・Gemini Lake(ジェミニレイク)世代Celeron N4100 4コア/4スレッド1.1GHz~2.4GHz プロセッサーですって?・・・いやあ、今はもう疎くて・・・(汗

ま、うちのテレワークは、シンクライアントタイプなので、全然パワーは要らないので、これで十分・・・ってか、そもそもWindowsもOfficeも要らないんですが・・・

ま、プライベートで使うこともあるわけだから・・・とりあえずネット検索やYouYubeが見れて、いざって時にはOfficeが使えれば・・・なので、これで十分!(^^;

【仮組みしてセットアップ】
4254-03仮組みしてセットアップ

でもって・・・仮組みしてセットアップして・・・

【モニターの背中に】
4254-05背中に背負って

で、モニターの背中に取り付けて・・・・

う~ん・・・毎回移動しなきゃならないし・・・キーボードとマウスが邪魔だし・・・

【無駄に拡張性が高い】
4254-06拡張性が高い

と、開腹してみると・・・M2スロットやSATAスロットもある・・・ま、そんなにストレージを使うことはないけど・・・ノートPCの内蔵ディスクをリプレースしたのが余ってるので、その内気が向いたら、増設してみるかな?・・・

あ、でもメモリは標準の8GBにもう8GB追加しました・・・(^^;

あと・・・せっかくだから、ダイニングテーブルにアームで取り付けたいなと・・・

ま、こんなこんなを思いつつ・・・

この日は、昼から酒仙坊さん達と、前回は予定が合わなくて参加できなかったZoomミーティングで皆さんと久し振りにお会いして・・・ご挨拶と近況報告を・・・

横浜遠征の話や・・・金属たわしアースやマグニートー・・・メインはバランスタイプのアナログアキュライザーの感想とか・・・(^^;

ってわけで・・・今回は間に合わなかったので、今まで使ってたタブレットで参加しましたが・・・次からは、ZoomミーティングもこのPCで参加かな?・・・(^^;

と言うことで、本日はこれにてお終い・・・(汗

次回は?・・・週明けになりますが・・・実家でバラアキュの実験!(^^;

いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

【4253】200809 SP位置の再調整とCD-34の補修再び(後編)・・・(^^; 

あら?・・・分割するほどの内容でないことは、充分認識してるんですが・・・(大滝汗

実際、2日に渡っての補修工作だったので・・・日記である以上、忠実に・・・(汗

で、前日は・・・コントロールパネルのタクトスイッチを交換して・・・トレイ開閉のベルトを熱溶着ベルトで、前よりほんのちょっと緩めのベルトに変えて・・・

うん?・・・タクトスイッチ交換の効果は?・・・う~ん、特に操作性が上がったってわけでも無いし・・・残念?・・・ま、でも精神衛生上、新品接点に変わったわけだし・・・(^^;

で、ベルト交換の効果は?・・・う~ん、こっちも・・・確かに、トレイの開閉は、以前より軽くスムーズになったけど・・・1日経って開けようとすると・・・動かない・・・

う~ん、もっと緩めないと駄目なのか?・・・どれともトレイ後部のスイッチか?・・・もしかしたら、ネットで見たモーターの電極の接点?・・・う~ん、まあもう少し様子見か?・・・

ってわけで・・・本日のテーマは・・・電源周りの部品リニューアル・・・

【電解コンと三端子レギュレータ】
4253-01電解コンと三端子レギュレータ

でもって・・・再び開腹して・・・あら?途中の画像撮るの忘れましたが・・・電源基板を取り外して・・・ヒートシンクから三端子レギュレータをはずして・・・

【チューブラタイプの電解コンデンサーを】
4253-02チューブラタイプの電解コンを

まずは、前回使える容量が無かったチューブラタイプの電解コンデンサーを交換して・・・

【三端子レギュレータ6個を】
4253-03三端子レギュレータ6個を

つづいては・・・三端子レギュレータ6個を交換して・・・

ホントは、錆びたジャンパー線とか・・・ダイオードも変えたいところですが・・・ま、この辺りは気の持ちようみたいな領域ですし・・・(滝汗

【電源基板と分周基板を】
4253-04電源基板とクロック基板を

で、電源基板と分周基板を元に戻して・・・外部クロック入力ケーブルをケースの外に・・・

【ケーブル類も復元】
4253-05ケーブル類も復元

でもって、表側の基板に、ケーブルのコネクタを全て繋いで・・・

【蓋も戻して】
4253-06蓋を戻して

で、ケースの蓋も戻して・・・

【ラックに戻してクロックを繋いで】
4253-07ラックに戻してクックを繋いで

最後に、ラックへ戻して・・・外部クロックを繋いで・・・

で、電源周りの部品を交換したわけだし・・・

しばしエージングを兼ねて、あれこれ聴きまくり・・・(^^;

うん?・・・ちょっと音がシャキッとスッキリした?・・・何か、NOSモードにした時の傾向・・・オペアンプをLHH2000と同じのにした時と同じ方向に・・・

お、ヤバイ!・・・何か大枚叩いたUX-1より、気持ちにググググッと来る!(@@;

ってわけで・・・ちょっとヤバイ傾向に恐れつつ・・・本日のテーマはこれにて終了・・・

次回は?・・・もちろん、息継ぎネタへ・・・(^^;

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

【4252】200808 SP位置の再調整とCD-34の補修再び(前編)・・・(^^; 

さて、バランスタイプのアナアキュBACU-2000の予想を超える効果に驚きつつも・・・ついつい聴き入ってしまう生々しくもドラマティックな演奏に・・・休むことを忘れたかのごとく、つぎつぎと音源を聴きまくり・・・益々至福の時に浸りっ放し・・・(滝汗

と、ちょっと待て・・・鮮度やリアリティ、実体感、実在感がアップしつつ・・・広がりも・・・うん?・・・そう言えば、倍音の響きが広がっていく感じはすんですが・・・

もやっとしつつも、空間の音の密度?・・・空気の粘度見たいのは、ちょっと薄くなったと言うか・・・もやっと、むわっとが・・・シュッとした音像の展開の広がりに・・・

え?・・・意味分からない?(滝汗・・・えっと・・・音数は減るどころか、芯の強さが増して発音体の強さと多さは増したけど・・・その間を埋めてたモノがスッと減った感じで・・・

【リスポジ直後にFB-1の焦点】4248-02
4248-02FB-1を手前に

となると・・・S-1EXの筐体からの一次反射を気にして、FB-1は、ちょっと内振り目・・・焦点がリスポジのちょっとだけ後くらいになるくらいにしてたんですが・・・

ちょっと内振りを緩めて見たいなと・・・(^^;

【ボッシュの距離計】
4252-01ボッシュの距離計で

久々に、ボッシュのレーザー距離計を引張り出して来て・・・ダイニングの手前の椅子の辺り・・・S-1EXと同じく、3mくらいのところに焦点を持ってこれるように、SPを押したり引いたりして・・・ま、とにかく左右の位置決めを・・・

と言うのも、拙宅は音響センターが部屋の中心から数度オフセットしてるので・・・どうも、上手く距離を合わすのが超難しくて・・・(汗

で、大体の距離を揃えたところで・・・振り角を微妙に変えつつ・・・センターの定位がスッと自然に立つところを探して・・・

でもって、さっきまで聞いてた音源を聴いてみると・・・おお!音像の芯がハッキリして・・・同時にその間の密度も滑らかで濃くなって・・・(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)うんうん

と、結構いい感じになったので・・・おつぎのテーマへ・・・(^^;

そうです!・・・久々のCD-34の補修です・・・で、まずは、トレーのオープンギアをリンクする・・・シリコンゴムシートからコンパスカッターで切り出したシリコンベルトの交換!

【熱溶着ベルト他ゲットしたパーツ】
4252-02熱溶着ベルト他を

実は、時折トレーがびくともしない時があって・・・ベルトを変えたら直るかな?と・・・熱溶着ベルトをゲットして・・・そのほか、前回でっぱりを間違えたタクトスイッチ・・・電源の三端子レギュレーターをゲット・・・

【4205】200531 せっかくCD-34用に部品調達してきたのに?・・・(^^; [2020/07/06]

で、まずは・・・前回ボタン高を間違ってゲットした1.5mm高のタクトスイッチを・・・ゲットして来た0.7mmのスイッチにと・・・

【CD-34を開腹】
4252-03CD-34を開腹

で、毎度のことで、随分慣れっこになったCD-34の開腹を・・・

【タクトスイッチの交換】
4252-04タクトスイッチの交換

でもって・・・フロントパネルからコントロール基板をはずして・・・ゲットし直した0.7mm高のタクトスイッチに交換を・・・

【足りなかった電解コンを】
4252-05足りなかった電解コンを

で、おつぎは・・・最初の改修時に、交換しようとして、1個だけ足りなかった電解コンデンサーをゲットして来たので・・・これも交換!・・・(^^;

【熱溶着ベルトに交換】
4252-06熱溶着ベルトに交換

でもって、おつぎは・・・シリコンゴムシートから自作したシリコンゴムベルトが、ちょっときつ過ぎてトレーが開かないことがあるのか?と・・・ちょっとサイズの大きめのベルトを、ゲットして来た熱溶着ベルトで作って・・・

そこそこ冷えて来たから?・・・これに交換しまして・・・(^^;

【一旦カバーを戻して】
4252-07一旦カバーを戻して

で、一旦カバーを戻して・・・ラックに収納・・・

【トレーの開閉はスムーズに?】
4252-08トレーオープン

と、トレーの開閉はスムーズになったかな?・・・うん?微妙?・・・もう少し緩くてもいいかもしれないと思いつつ・・・

あちゃ~!・・・中途半端なところで時間切れ・・・(大滝汗

なので、つづきは次回へ・・・(泣

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

【4251】200806-08 バランスタイプのアナログアキュライザー降臨(後編)・・・(^^; 

さて、遂に拙宅に降臨した、バランスタイプのアナログアキュライザーBACU-2000ですが・・・

この日からリアルタイムでは、既に1ヶ月が経過していますので、昨日の日記の冒頭に紹介した通り・・・インフラノイズファンの皆さんから多くの驚きの声が上がっているわけで・・・

この日記も、何だか無理矢理2話に引っ張った?感が無きにしも非ずですが・・・(大滝汗

σ(^^)私のファーストインプレッションとしては、昨日の最後に書いた通り・・・集合住宅の夜間の音量ながら・・・あれだけ凄くなった大喜びしてたRCAアナアキュAACU-1000に自作のXLR変換アダプタを付けて聞いてたサウンドから・・・

何だか、雰囲気が一変!・・・全然雰囲気が変わって、凄いことに・・・(@@;

どうも上手く表現出来なくてもどかしいんですが・・・何か空間全体がよりリアルになって・・・演奏者や演奏自体の実体感、実在感がグンッとアップしたような感覚で・・・(汗

こりゃあ中途半端にコメントかいて終わらせられる変化じゃないなと思って・・・で、この週末にじっくり聞いて、その上で改めて感想φ(..)メモを書いておこうとしたんですが・・・

【BACU-2000に変えたが最後】
4251-01BACU-2000に変えたが最後

実は・・・この翌日の金曜日も・・・週末土曜日になっても・・・改めてバランスタイプと、RCAタイプを付け替えて比較試聴をすることも無く・・・ただただ、つぎつぎ色んなCDやSACDをとっ変えひっ変え聞きまくり・・・(滝汗

と言うのも・・・多分、バランスタイプのアナアキュに付け替えて・・・細かなところはいろいろ違ってるんでしょうけど・・・とにかく、一気に前のめりに聴き入ってしまうほど、生々しさや勢いが増して・・・おさらい日記用の聴き方が出来なくて・・・(汗

ま、実際1カ月経って・・・実家でも聴き比べたりして、ようやくこうして書ける状況にはなったものの・・・この日記の当日の頃は、ただただ驚きと感激一杯で・・・(^^;

実際結構な枚数の音源を聴いて・・・やっぱり凄いな!と・・・自作バランス化したRCAタイプのアナアキュも凄いと思ったけど・・・どうやら感覚的には、雲泥の差を付けられたような印象で・・・ちょっと器が違うのかな?と・・・(汗

誤解されるかも知れない比喩ですが・・・今までがCDの雰囲気だったのが・・・バランスタイプにしたら、SACDや高次のDSDのように、一回り器が大きくなったほどの違いが・・・

ま、もちろん音調や音色の方向性・・・例えば、音の締まり方だとか、焦点の合い方は、似たような方向性に感じるんですが・・・背景の静まり方、その分聞こえる演奏の仔細、空間の音、演奏全体の抑揚やメリハリ・・・曲の生々しさや迫力や盛り上がりが強烈に感じられる・・・

シンプルな録音のJazzの鮮烈さや生々しさ、存在感・・・ポピュラーのボーカルが歌いかける歌詞に耳が集中する感じ・・・ゴズペルのソロのシャウトの一方、コーラスのグルーブ感やエネルギー感は・・・RCAタイプで感じたインパクトをスッと上回り・・・とってもダイレクトにグッと来る雰囲気に大変身!・・・(@@;

ちょっと聴き方が未熟ですが・・・この時おさらいしてたヒジヤン邸で聞いた盤・・・音会が終わって帰宅後に聞いた時は・・・さすがヒジヤン邸!と、その時の感動に納得すると同時に・・・全く及ばない拙宅での鳴りっぷりの単調さに落ち込んだりしたんですが・・・

バランスタイプに変えたら・・・小規模編成のオケからフルオケ、ソプラノ歌唱など・・・充分な濃さ、厚み、密度感、広がり、包まれ感が感じられるようになり・・・何より演奏の起伏とメリハリが充分感じられて、ヒジヤン邸での感動を思い起こしました!・・・(^^;

あ、それに・・・ピアノも凄くなりました!・・・打鍵と弦の響と響板の響きと空間の響を余すところ無くしっかりと違いをイメージさせる鳴りっぷりになって・・・\(^^)/

Jazzのピアノトリオの高音質アナログ録音の音源なんか・・・もしマスターテープを聞いたらたらこんな鮮度で、生々しく実在感のあるサウンドだったはず!って感じで・・・

正直・・・これだけのサウンドが出せるなら、SPをPMC FB-1にせずともS-1EXのままでも十分だったかも?とさえ思わせる感じの鮮度と厚みで・・・

でも、FB-1でこの鮮度と生々しさと実在感を聞いちゃうと・・・う~ん、FB-1もS-1EXも、それぞれの方向で更に高いステージに持ち上げられ・・・やはりどっちも捨て難い・・・

ってか、この双方のいいとこ取りのサウンドを実現出来ないものか?とまた悩みが?(滝汗

とまあ、ごちゃごちゃ書きましたが・・・冒頭に書いた通り、つぎつぎ色んな音源を聴きまくったんですが・・・実際のところ、かけるCD全部1枚、最後まで聴き続けてしまって・・・

別にRCAタイプとバランスタイプでどう違うとか、変わったとかは、どうでもよくなっちゃったってのが本音でして・・・いやはや、またまた凄いものを作られたもんだと、感心し切り(汗

で、実際ちょっと落ち着いたら、改めてもう一度比較試聴もやらないとなって・・・(汗

ま、それは近く日記にアップするとして・・・今は、この器の違いを感じたのは?ひょっとすると・・・オールバランス伝送&バランス駆動の今の機器環境のポテンシャルを一気に引き出してくれたのかも?って気もして来てたりするのです・・・(^^;

てわけで・・・ファーストインプレの日記としてはこの辺で・・・で、次回は・・・改めての比較試聴の前に・・・しばし息継ぎネタを少々・・・(大滝汗

なので、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

【4250】200806-08 バランスタイプのアナログアキュライザー降臨(前編)・・・(^^; 

既に多くのインフラノイズファンの皆さんから、驚きと感激の感想がアップされていますが・・・JimmyJazzさんの掲示板インフラノイズさんのブログに続々感想が・・・それと、西野さんのブログにも3連載が (1) (2) (3) ・・・


さて、この日、遂に拙宅にも届きました!・・・例の奴、BACU-2000が降臨!・・・

【BACU-2000の到着】
4250-01BACU-2000の到着

RCAアナアキュAACU-1000と同じく・・・ちょっとお洒落な箱で・・・(^^;

えっと・・・RCAアナアキュAACU-1000を体験したのが、昨年末なので・・・あれから7ヶ月ほどで完成したと言うことで・・・1個ずつ手作りのチューニングってアイテム供給しながらの開発ということで、その開発速度には驚くばかり・・・(@@;

【4109】191223-25 アナアキュファーストインプレッション・・・(^^; [2020/02/21]

【4113】200102 実家でアナログアキュライザーのプチ試聴・・・(^^; [2020/02/27]

【4115】200105 位相反転アダプタ&ダストカバー改修・・・(^^; [2020/03/02]
【4116】200105 ダストカバー改修とフォノラインにアナアキュを・・・(^^; [2020/03/03]

【4146】200203-6 アナアキュ用アダプタ製作とダストカバーヒンジ交換…(^^; [2020/04/13]
【4147】200208 収穫&アナアキュ用XLRアダプタ改修&電ケー湯煎・・・(^^; [2020/04/14]

【4208】200606-07 実家でインフラノイズアイテムの音確認(前編)・・・(^^; [2020/07/09]
【4209】200606-07 実家でインフラノイズアイテムの音確認(中編)・・・(^^; [2020/07/10]
【4210】200606-07 実家でインフラノイズアイテムの音確認(後編)・・・(^^; [2020/07/13]

ってな具合に、散々RCAアナアキュAACU-1000に驚かされ・・・感激したと言うのに!・・・ずっと気になってたのは・・・拙宅の環境が、いつの間にかバランス伝送、バランス駆動がベースになっていたこと・・・(^^;

ゆえに、アナアキュ用XLRアダプタまで自作して、その恩恵に預かっていたわけで・・・で、もちろんインフラノイズさんのアイテムだから・・・自作のアダプタなんぞ使ったら、せっかくのチューニングが台無しに?って不安もあって・・・バランスタイプのアナアキュの開発を懇願してたわけで・・・

【バランスタイプのアナアキュBACU-2000】
4250-02バランスタイプのアナアキュBACU-2000

で、待ちに待ったそのバランスタイプのアナアキュが遂に完成したと言うこと・・・\(^^)/

ちなみに・・・開発の終盤辺りから、インフラノイズさんのHPのWhat's Newには、どうもこれまでとは更に別格の驚き?・・・と言うより、RCAアナアキュとは少し違った?あまりの効果に、戸惑いさえ感じられるコメントが、つぎつぎと・・・(@@;

ってわけで・・・こりゃあ、いつもとちょと違う?・・・何だか、もの凄く期待が大きく膨らんで・・・もう、待ち遠しくってo(^^o)(o^^)oo(^^o)(o^^)oワクワクしてたんです!(^^;

で、届いたのが平日だったので・・・帰宅後、我慢できずに・・・

【自作XLRアダプタ装着アナアキュAACU-1000】
4250-03自作バランスアダプタ装着のAACU-1000

自作XLRアダプタ装着アナアキュAACU-1000をはずして・・・

【バランスタイプのアナアキュBACU-2000に】
4250-04BACU-2000に付け替えて

バランスタイプのアナアキュBACU-2000に付け替えて・・・時間が時間なので、夜間の集合住宅音量(滝汗で・・・さっそく聴いてみたんですが・・・

えっ?・・・なに!・・・何か、もの凄く違う気が・・・(滝汗

だって、自作XLRアダプタを装着してるとは言え、同じアナアキュのRCAタイプAACU-1000を使ってたんですよ!・・・自作アダプタ装着とは言っても・・・比較試聴で、RCAでの使用と同等以上の効果を感じてて・・・

ある意味、σ(^^)私は既にバランスタイプのアナアキュは予備体験を済ませてるんだから・・・ぐらいの思いを持ってたわけで・・・まあ、そんなに大きく違うはずはないと、高を括ってたくらいで・・・(滝汗

それが・・・小音量ながら、何か全然雰囲気が違う!(@@;・・・オケの解れと響とハーモニーとステージの広がり、奥行が凄い!・・・(滝汗

ちょっと前のおさらいで・・・拙宅では鳴ってなかったオケが突然、いい感じで鳴り始めた!・・・和太鼓の生々しさも半端ない!・・・こりゃあめっちゃビックリ!(@@;

まだ、装着後1時間ほど・・・夜間の集合住宅なので、音量も上げられずって状況で・・・既にそのポテンシャルの、もの凄さが・・・こりゃあ、間違いなくかなり驚きのレベル!(@@;

なるほど!インフラノイズさんのブログのWhat's Newに書かれた興奮と戸惑いの意味が分かる気がする・・・(大滝汗

あと少し、拙宅の普通の音量で聞ける週末に、更にじっくり聞いてみよう!・・・(^^;

ってわけで、このつづきは次回へ・・・(汗

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~