FC2ブログ

【3661】180526 オルフェのサンバ邸クロック実験Part2(6)10MHzダブル・・・(^^; 

さて、オルフェ邸でのクロック実験音会第2弾は・・・エソテリックのハイエンドトラポP-02へ拙作の外部クロックを繋いで、ポテンシャルのアップが図れるか?って確認を・・・

で、拙作の外部クロック&ジェネレーターで、シングルオーブンOCXOの10MHzを基準クロックにして生成した22.5792MHzを外部クロックとしてP-02に供給してみたところ・・・確実にポテンシャルがアップすることが確認出来たわけで・・・(^^;

オルフェさんからも、これなら、更に出来ることを試してみたいって言ってもらえたので・・・いよいよトラポとDACの両方へ、外部クロックを供給したらどうなるか?を試すことに・・・

ただ、ここからはP-02,D-02の設定を変更しないと出来ないので・・・オルフェさんから・・・それをやっても元に戻せるよね?との確認が・・・(汗

大丈夫です!取説をゲットして来てちゃんと見てきましたから!・・・最後は、元に戻してちゃんと音が出るようになるまで帰りませんからと・・・(爆

と、daisiさんから・・・今のはトラポP-02だけ外部クロックで、DACのD-02は内蔵クロックで、お互いP-02とD-02はやり取りはしていないってこと?との確認が・・・

で、オルフェさんからは・・・でも、マスタークロックだとD-02のクロックは動いてないんじゃないの?都の質問が・・・

いえ、今のはdaisiさんが言われたように・・・トラポP-02は拙作のジェネレーターから供給した22.5792MHzを外部クロックとして動作してて・・・DACのD-02は内蔵クロックで動いてましたと説明・・・

で、今度は・・・拙作の外部クロックが、ダブルオーブンタイプのOCXOが10MHzの2系統を出力できるので・・・これをトラポP-02とDACのD-02の両方に供給して聞いてみましょうと・・・

と、オルフェさんから・・・それなら戦車クロックから10MHzを入れたら駄目なの?と・・・

それも出来ますが、先に拙作のダブルオーブンタイプのOCXOが10MHzの2系統を出力を持っているのでそれを試しましょうと・・・

(戦車クロックの10MHz出力は、50Ωと75Ωの2つあって、σ(^^)私が内部構造を知らないので、2系統同時出力が可能か?が分からなかったのと、戦車クロックの個性的なサウンド傾向が、P-02,D-02のサウンド傾向とはかなり異質なので、まずは素直な拙作クロックでどう鳴るかを聞いてみたかったので・・・滝汗)

と、daisiさんから・・・じゃ、あとで10MHz同士のMt.T2クロックと戦車クロックの聞き比べもやりましょうよと・・・(汗

分かりました・・・じゃ、そのあとでσ(^^)私のもう一つの興味・・・拙作のジェネレーターから、P-02とD-02へ、22.5792MHzをダブル供給したらどう鳴るか?を聞かせてください(^^;

と言うことで・・・まずは拙作のダブルオーブンタイプのOCXOから10MHzのダブル出しを・・・

【拙作DOCXOから10MHzのダブル出し】
3661-01拙作DOCXOのダブル出し

で、P-02,D-02のクロック設定を外部クックの入力に設定変更・・・P-02の「CLKIN>」を「10M」にして、D-02の「CLK>」を「10M_IN」にして・・・拙作のダブルオーブンタイプのOCXOの出力をP-02,D-02の10MHzIN端子に繋いで・・・

と、この設定変更の間、オルフェさんとdaisiさんは・・・それにしても、トラポへの振動吸収子は凄く聞いたね!と盛り上がり・・・

で、設定が完了して・・・P-02,D-02ともに外部クロックにロックしたので・・・いよいよその音を聞いてみることに・・・

まず、オルフェさんが、イザベルファウストを再生されると・・・

ほう、背景の静寂感は、さっきのトラポのみ22.5792MHzを入れたときと似てて・・・高解像度な感じも同様に・・・出音の純度が高く滑らかで濃く強い感じ・・・響きと広がりも豊か・・・

と、daisiさんから・・・さっきのトラポのみ22.5792MHzを入れたときと比べると、理屈の上ではどうなるはずなの?との質問が・・・

えっと、今のは10MHzのダブル出しなので、単純にはトラポのクロック周波数はさっきの方が高いんだけど・・・源クロックが、今のはSEIKO EPSONのダブルオーブンタイプの10MHzで、さっきのは大陸製の最新シングルオーブンタイプの10MHzを最新ジェネレーターで22.5792MHzを生成したものだし・・・それゆえ機器側の分周回路もどうなってるか分からないので・・・何がどうか?って問われても・・・分からんとしか答えられない・・・(滝汗

で、daisiさんが・・・理屈の上で単純には、元のクロック周波数が高い方が精度が高いはずってことですね?と・・・う~ん、まあ、クオリティが同レベルなら・・・(滝汗

と、オルフェさんが・・・さっきのより、今の音の方がいいですねと・・・

そうですね、結果的には、滑らかで解像度も高くて音数も増えた感じがします・・・(^^;

と、daisiさんからも・・・元のノーマルと、さっきのトラポのみ22Mと、今の10MHzダブルとでは・・・やるなら同じクロックを両方に入れた方がいいなと・・・

ちなみに・・・今のクロックとケースが12~13K、電源はifi-AudioのiPower12VってACアダプターで7K前後・・・トータル20K余りの音です・・・(爆

っと、中途半端ですが、時間切れ・・・なので、つづきは次回・・・(滝汗

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

【3647】180520 拙宅音会(10)2Hくんをお迎えして(後編-1?)・・・(^^; 

さて、5年振りの拙宅音会の第2弾・・・おさらい&改善確認の実験試聴~2Hくんをお迎えしての拙宅眠い音チェック?・・・(^^;

フュージョンが今一つカラッとスカン!と鳴らなくて・・・R&B系ソウルも・・・立ち上がりのリニアリティってか・・・トランジェントが弱い?・・・それゆえアタックまでもが鈍く感じるのかな?と・・・(滝汗

で、それを更に明確にしたのがチェンバロ・・・最初の曲は、もともとトランジェントが弱冠強めの録音で・・・それゆえ逆にTVの反射で音のピークが滲んでしまって・・・(滝汗

さらに、2枚目のチェンバロは・・・録音の鮮度は高いが、逆にトランジェントが弱目の音源だからか?・・・うちの眠い音を典型的に示す鳴り方で・・・(滝汗

で、音源をお持ちいただいた2Hくんに、聞き慣れた方からすると、実際どう感じられますか?とお聞きすると・・・先にこれをかけてくださいと・・・

【Lynne Arriale Trio Live】
3647-01Lynne Arriale Trio Live

Lynne Arrialeってピアニストのトリオでのライブ盤から5曲目のCome togetherを・・・

うん?・・・ライブの拍手からすると音の鮮度は高そうで、気持ちいい再生になりそうなのに・・・何故か寂しい?雰囲気が薄っぺらい?・・・(滝汗

っと、2Hくんが・・・すぐさま、ちょっと止めていただいて、CD層をかけてもらえますか?と・・・うん?・・・あ、5.1chマルチのSACDだ・・・(滝汗

ああ、じゃあ今のは、SACDマルチのフロントchのみを聞いてたってことね・・・それにSACDだと外部クロックを88.2KHzにした方がいいですね・・・なので、同じ曲をSACDの2ch層で再生・・・

おっ!・・・なかなかナチュラルっぽいリニアリティで・・・SACDの器なりに音数も多く解像度も高くクリアにメリハリのある最新録音のライブらしい音になったかな?・・・(^^;

じゃあ、これのCD層を・・・外部クロックを44.1KHzにして聞いてみると・・・

おお、これはCDらしく・・・音数は減るけど、演奏の大事なところを太く色濃く鮮明に力強く出すので、これはこれで充分楽しめるかな?・・・(^^;

と、daisiさんが・・・この違いって、SACDとCDの違いはこうなんですよって説明通りの鳴り方ですねって・・・(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)うんうん、確かに!(^^;

う~ん、でもやっぱり・・・もともとナチュラル系な音作りのSACDは、元の音源に比べるとトランジェントが弱目な気がするし・・・トランジェントを強めにしてあるCDが、ようやく普通に感じられる程度なんじゃないかな?・・・(滝汗

と、2Hくんが・・・眠い音って言うのは、特定のCDがって言うのじゃ無くて、どれでもってことですか?と・・・

う~ん・・・前回の音会以降の調整で、一部はその差が近付いて、眠さが薄い音源も出てきましたけど・・・基本的にはどれもが眠い音に感じます・・・(滝汗

と、daisiさんが・・・ほら、みんな同じ感想や・・・これで何であかんの?って・・・(爆

で、さっきの2枚目のチェンバロが、SACDだってことで・・・ひょっとするとサラウンドマルチのフロントだけを聞いていた可能性があるかも?と・・・もう一度SACDの2chを外部クロック88.2KHzにして聞いてみることに・・・

あれ?さっきこんなに鮮明な感じはなかったのに・・・この盤はSACD2chなのでクロックの違いのみ?(滝汗・・・で、クロックを44.1KHzにして聞いてみると・・・ああ、かなり柔らかい感じにはなりますね(汗・・・まあ、どうでもいい範囲と言えばそうなんですが、最初に聞いた感じはあまりに眠い音に思えたので・・・何でかな?(汗

じゃあ、CD層を44.1KHzのクロックで聞いてみると・・・あれ?・・・最初の眠い音の雰囲気に近い?・・・う~ん、ちょっと原因と結果が繋がりませんけど・・・柔らかいながらも、最初に感じた眠さほど、眠いとは感じない音ですね・・・

と、2Hくんが・・・1枚目のチェンバロより、2枚目のSACDのチェンバロの方が、2Hくんのところでは繊細に聞こえるそうで・・・それが柔らかく聞こえたので、SACD層だらなのか?と思ったんですが・・・どうもクロックの影響の方が大きいのかな?・・・ただ、それでもSACDの方が柔らかく感じるので、2Hくん宅との違いは、DACの違いかな?と思います・・・だから、今の再生音が眠いとかではなく、DACのキャラクターの違いじゃないかな?と思いますと・・・

と、オルフェのサンバさんも・・・全部眠い音と言われるけど、最初の大貫妙子も眠くは感じなかったよと・・・

で、daisiさんからは・・・最初の渡辺香津美も眠いと思われるってことは、機器のせいじゃ無くて、Mt.T2さんのイメージして入る音がこっちだけど、出てくる音が違う方向の音で、その乖離を眠い音って言われているだろうなと思うと・・・(汗

と、2Hくんが、じゃあ今度は趣を変えて・・・緩い音のCDですけど、面白いCDをと・・・

あれ?・・・一気に終わりまで?と思ってたんですが・・・時間切れ・・・(汗

なので、最後もう一話は、次回へ・・・

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

再開予告?・・・まもなく(^^; 

さてさて、何かとご心配をおかけして申し訳ありません(滝汗・・・10年経って初めてブログ更新をお休みしたら・・・ついつい自堕落な生活に甘えてしまって・・・m(_ _)m

何も考えず・・・ぼ~っとCDを聴く・・・ってか、装着儀式で対峙モードになるレコードじゃなくて・・・手近にあったCDを、何も考えずトレーに乗せてBGMのように流しておくってのもいいなって思ったりして・・・(汗

ぎっくり腰は、一旦ほぼ回復したかと思った矢先、法事の準備中にまたやっちゃって(滝汗

ですがそれもようやく回復に向かってきたことと・・・元の社会生活に戻るためにも?・・・生活リズムを元に戻さないとと・・・(^^;

で、そろそろブログ更新を再開しようかなと思うに至りまして・・・(汗

と言うことで、中断していたお出かけのお話しから・・・まずは、軽く導入部からおさらいすることにしましょうかね?・・・(^^;

と言うことで・・・近日中に・・・

いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

もう少しお時間を・・・m(_ _)m 

さて、父を見送り、一段落付き掛け・・・だったんですが、昨日、ぎっくり腰に・・・(滝汗

思えば10年前・・・ぎっくり腰で会社を休んだのを機にこのブログを始めたのですが・・・この猛暑もあってまだ再開できる状況には至っておらず・・・(汗

今後、社会復帰して生活のペースが落ち着いたら、ブログを再開したいなと・・・(^^;

ただ、現時点では以前のように毎日更新出来るかは分かりませんが・・・3ヶ月近く遅れているお話しがかなりたくさん残ってますし・・・(滝汗

今しばらく、もう少しお時間をくださいませ・・・m(_ _)m

10周年なんですが・・・ 

継続を成す為にかなりなずるっこしましたが・・・このブログが継続10年を迎えました。
今日も進展は無く、休刊継続となります・・・m(_ _)m

デハ ^^)/~

休刊φ(..)メモ6・・・ 

休刊から1週間経ちましたが・・・
今日は進展無く・・・反応もあるよなないような・・・
先行きはさらに分からなくなりました・・・m(_ _)m

デハ ^^)/~

休刊φ(..)メモ5・・・m(_ _)m 

約10ヶ月振りに娘が帰国して嬉しいことこの上ないのですが・・・
父の容態が3歩後退?・・・付き添い状態となるため、まんまの休刊です。
明日以降はどうなるか分かりません・・・m(_ _)m

デハ ^^)/~