fc2ブログ

【5042】240113 かめきち邸へアテンド(中編)・・・(^^; 

さて、かめきち邸の機器については、前回訪問時の日記のリンク先を、さらに昔に辿っていただければ(汗・・・基本的にロンドンウェスタンをメインにした映画館系のシステムなんですが・・・この系統の音響を備えた映画館で見た、昔の映画が感動的だったのは、多分にこの音響機材の力によるところが大きかったのでは?と痛感します・・・(^^;

と、皆さんの紹介とご挨拶~機器の概要の説明から・・・じゃあ、何かかけましょうかと・・・最初にかけられたのは、コープランド・・・

【コープランド市民のためのファンファーレ】1717-02
1717-02コープランド市民のためのファンファーレ

Referencerecording盤か、TELARC盤か?・・・確かかめきち邸はTELARC盤だったと思うのですが・・・(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)うんうん

やはり、かめきち邸ならではのサウンド・・・張り出す濃い金管のエネルギーとそれに負けないながら乾いて締まったグランカッサ・・・お、防音工事後の部屋の馴染みもあるのか?・・・以前より全体に滑らかな音触で、低域の締まりと迫力が、防音室になる前の感じに少し戻った気が・・・(^^;

まさに、映画のオープニングを、劇場のオケピからの演奏で聞いてる雰囲気・・・(^^;

で、つぎは、さっそくテープを聴きましょうかと・・・

【テープを聴きましょうかと】
5042-01テープを聴きましょうと

音源は・・・キャロルキングのタペストリーのライブ盤・・・

【CarolekingのTapestry:Live in Hyde Park】
5042-02CarolekingのTapestry:Live in Hyde Park

Tapestry:Live in Hyde Parkのプレスマスターからの系譜だと思うのですが・・・どれくらいの世代かはちょっと分かりません・・・これを聞かせていただく・・・

うわっ!・・・まあ、このシステムなので、当然ですが・・・すべてにおいて反則レベルの異次元な音世界!・・・ライブ会場へトリップしたみたい(@@;

おさらいに、Amazonmusicの音源を聞いて見ましたが・・・全くの別物・・・まあ、拙宅システムが、全然鳴らせてないってのが、一番の原因かも知れませんが・・・鳴ったとしても話にならんレベルの差がありますね・・・

と、濃密なテープタイムは次元が違い過ぎるので、超圧縮φ(..)メモにして(汗

つづいてかかったのは・・・ウィントンマルサリスのマジックアワー・・・

【ウィントンマルサリスのマジックアワー】2734-02
2734-02ウィントンマルサリスのマジックアワー

う~ん・・・これ、以前かめきち邸でテープを聴かせてもらったんですが・・・やっぱりテープのインパクトは大きいなあともうと同時に・・・デジタルメディアでも、ロンドンウェスタンの演出サウンドで聞くと、全くの別格・・・

拙宅でAmazonmusicからのおさらい再生なんて・・・はなくそレベルに感じちゃいますねえ・・・こんなライブセッションかぶりつきみたいなサウンドを常に聴いてたら、腑抜けか廃人になっちゃいそう・・・(爆

ってわけで、ここからレコードを・・・

【レコード再生に移行】
5042-03レコードも

で、最初にかけられたのは・・・ハルモニアムンディ盤から・・・

【古代ギリシャの音楽】
5042-04古代ギリシャの音楽

うん、やっぱ鮮度が・・・現代オーディオで鳴らす3D空間再現とは全く違う空間展開・・・っていうか、雰囲気、空気感の再生って感じでしょうか・・・

つづいても、ハルモニアムンディ盤から・・・

【パニアグアのラ・フォリア】
5042-05パニアグアのラ・フォリア

うん、こっちの方が、より空間の音を全部出し!って雰囲気で・・・

で、さらにTaake Fiveを和楽アレンジした演奏・・・村岡実のバンブーからかな?(汗

と、唯一無二なロンドンウェスタンでのスペシャルな演出の演奏をたっぷり聴かせていただいて・・・

ここから、gentle Sさん持参の音源・・・なんですが、時間切れで次回へ(汗

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/

【5041】240113 かめきち邸へアテンド(前編)・・・(^^; 

おお、インフラノイズのアースアキュライザーEA-1が盛り上がってます?・・・新たな感想に加えて、5/10のMさんの研究レポートにPart4が追加されてますね!・・・(^^;


さて、いまだ年明けの訪問のおさらい・・・実に4か月遅れとは・・・やれやれですな・・・ま、コツコツ進めるしかありません・・・(爆

今回、ちょこちょこレコード洗浄についてとか、音質向上のいろんな実験のヒントや結果のやり取りをさせていただいてるAさんから・・・これまた音友達のgentle Sさんが、かめきちさんのところのウェスタンのサウンドをぜひお聞かせいただきたいと希望されていると、リクエストを頂いたので・・・かめきちさんに連絡したところ快諾いただき・・・年明けのこのタイミングでと日程が確定・・・(^^;

で、Aさんとgentle Sさんが同じ経路になるので・・・Aさんがgentle Sさんをピックアップして、クルマでかめきち邸へ向かうことになり・・・

σ(^^)私の方は、このところほぼ毎週末、実家のメンテに行き帰りしてて・・・かめきち邸は、その経路の途中に位置するので・・・前日夜に実家に戻って・・・かみさんは、かみさんの実家のフォローに・・・σ(^^)私は、単独クルマでかめきち邸へ・・・

で、近くのランドマークでAさん、gentle Sさんと合流し・・・一緒にかめきち邸へと伺いました・・・(^^;

でもって・・・かめきち邸へは、紐友達でもあり・・・σ(^^)私が実家へ行き帰りしている途中に何度か立ち寄ったりはしていたものの・・・コロナ禍の影響で、前回オーディオルームへ入ってお聞かせいただいたのは?・・・

【4278】200913 かめきち邸立寄りプチ音会?・・・(^^; [2020/10/15]

あら~・・・なんと3年半ぶり・・・って、めっちゃ驚き!(@@;

そっか・・・さらにその半年ほど前・・・このプチ音会のおさらい日記の冒頭に、その前にお伺いした際のおさらい日記にリンクしてますが・・・いろいろあって、防音工事をされたので・・・そのお披露目音会に伺ったので・・・

今回は、防音工事後、3回目の再訪問となるわけですが・・・今回は、Aさんとgentle Sさんのアテンド役としての訪問・・・(^^;

で、かめきち邸につくと、ちょうどかめきちさんが玄関に出てこられてて・・・ご挨拶とAさん、gentle Sさんをご紹介して・・・すぐさまオーディオルームへ・・・

【久々のかめきち邸】
5041-01久々のかめきち邸

おお、確かに・・・そういや結構久しぶり・・・3年半ぶりのご対面・・・(^^;

でもって、かめきちさんから、Aさん、gentle Sさんに部屋と機材の説明を・・・

っと、ご自身も同メーカーの蓄音機をお持ちのAさんと、かめきちさんが・・・

【MGinneの蓄音機】
5041-02MGinneの蓄音機

蓄音機の話題で急に大盛り上がり・・・機構とか、同メーカーの他の機種の話とか、針の話・・・ソーン針の入手先の話で、ひと盛り上がり・・・(爆

っと、おさらい途中で寝落ちしちゃて・・・本日はここで時間切れ・・・

なので、つづきは次回へ・・・ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/

【5040】240109-12 届いた音源&Qobuzサンプル配信?・・・(^^; 

おお、またまたインフラノイズのブログに、新しいアースアキュライザーEA-1の使用感想がアップされましたね!・・・やはり、アースは本気で可能性のある所をトコトン試した人こそが幸せなサウンドにたどり着けるノウハウの塊ですね(滝汗


さて、昨年末から年明けまで、拙宅来客に合わせて、片付けに明け暮れ・・・迎えたその足でうどん国遠征と・・・息つく暇もなく・・・(大滝汗

ってわけで・・・本日は一息つきたいと・・・(爆

ところが・・・届いたのが、このCD・・・

【本田美奈子の心を込めて】
5040-01本田美奈子の心を込めて

いやあ、アイドルの頃は、ちっちゃいのに、めっちゃパワフルに歌うなあって思いつつも・・・テレビに出て歌ってるのを聞く程度・・・

それが、ミュージカルに出始めてから?・・・凄く訴えるものがあるなと・・・

で、一番のインパクトは・・・白血病と知ってからの音源を聴いて・・・

もう、どの歌も、神がかり的で・・・アメイジンググレイスは、自分によほど元気が漲ってないと、全曲通しで聴けないほど・・・

ま、そんなこともあって・・・この頃の音源は、気にはなってたものの・・・躊躇するところもあって・・・(滝汗

が、Kin-ya邸で聞いて・・・やっぱ聴かないとと・・・ポチったのが届きました・・・

ま、カバーアルバムなんで、まだ聴けるんじゃないか?と高をくくってんですが・・・やっぱいろいろ考えてしましますね・・・(汗

この時期の歌には、何か命懸けの迫力を感じてしまい・・・一応、重くない歌も間に入ってるんで、なんとかずっと聴けますが・・・対峙して聞こうとすると圧倒されます(汗

で、本日のもう一つの息抜きテーマ?・・・配信&ファイル再生について・・・(^^;

現状、経路としては・・・WindowsのミニPCをUSBでB-3に接続・・・そこからはZero-LinkでS-3に繋いで、S-3の入力切り替えで聞いてます・・・(^^;

で、配信音源はAmazonMusicをPCアプリで再生し・・・ファイル音源は、以前はNASに入れてたんですが・・・どうもパッとしないので、ミニPCにSSDを増設して、ここから再生しています・・・(^^;

でもって・・・再生アプリは、まだAudirvana 3.5を使い続けているんですが・・・この設定に、ストリーミングの設定項目がありまして・・・

昨年末に、Qobuzがスタートするとのアナウンスがあり・・・設定してみたんですが、その時は繋がらず・・・e-Onkyoのサイトもカミングスーンなまま、いつまで経っても変わらず・・・(汗

それが・・・何がどうなったかは分かりませんが・・・いつの間にか30秒のサンプル音源が聞けるようになってて・・・

【Qobuzのサンプル音源を】
5040-02Qobuzのサンプル音源を

ってわけで・・・年明けのドタバタから、一息?・・・Qobuzのサンプル音源を聞きまくり・・・って、30秒ごとにつぎつぎ再生していくだけ・・・(大滝汗

一応、Audirvana 3.5の再生表示も、DACの表示も・・・ハイレゾファイル(44.1~192KHz/24bit)もそのまま再生されているようで・・・

とは言え、30秒では・・・これからって時に、次の曲に行っちゃいますから(滝汗

ちなみに・・・それから4か月?・・・このブログの遅延をもってしても、何も変わっていません・・・追加情報も出てなさそうですし、一体どうなるんでしょう?(大滝汗

ってわけで・・・とりとめもなく、本日の息継ぎネタは、これにて終了(汗

次回、週明け火曜から・・・年明け訪問の第2ステージ?・・・(爆

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/

【5039】240108 うどん国遠征:モモンガ邸(終)・・・(^^; 

インフラノイズのブログに、新たなアースアキュライザーEA-1の感想と・・・長さが足りない場合の直列接続のやり方がアップされてますね・・・(^^;


さて、10年近く付き合って来てたのに、明確に認識できていなかった御影ボードとチタンインシュの音を、偶然拡大する環境(ねじの緩み)のお陰で知ることができ(爆・・・自分の知験に、新たな要素としてインプット・・・再構築・・・最近、類似の事象を体験することが多くなってるような気も・・・

さて置き・・・P-0のクロック同期に時間がかかる状態に気付かず?・・・シアターモードの間に復活を期待するも回復せず・・・教授の到着後は、内部クロックで聞き進めることに・・・(^^;

サラオレインやジェーンモンハイトは・・・聞き比べなければ、これはこれで十分楽しめるじゃん!と・・・で、シェルビーリンを聞くと・・・なるほど、そりゃあ違いが無けりゃわざわざ外部クロック導入しないよね?って結果を再認識・・・(爆

で、モモンガさんが・・・某ショップお勧めのCDとかけられたのは・・・

【某ショップ推薦のラヴェル】
5039-01某ショップ推薦のラヴェル

朝のプチピント合わせと・・・先のインシュ&スパイクの調整の効果もあって・・・非常に豊かで滑らかに、いい感じの再生・・・ただ、やはりこう言うオケを聞くには、クロックが欲しいですねとは、皆さん共通のご意見で・・・(爆

で、ここからは、Fukuさんご持参の音源をと・・・まずは・・・

【カールニールセンの4番】
5039-02カールニールセンの4番

σ(^^)私が無知だからですが・・・なんかマニアックな音源な気が・・・知らないがゆえに勝手な印象は・・・クラシックと言うイメージより、冒険映画音楽のようなスリリングな展開の曲で・・・ニューヨークフィルの演奏も相まって、凄くドラマチックで楽しい演奏ですね・・・ホントはSACDマルチで聞く方が楽しいそうで・・・(^^;

おつぎは・・・っと、Fukuさんから出自の説明があって・・・マニアックですね・・・今日はオタクの情報交換もあって・・・僕はオタクじゃないですよ!・・・え?ここはオタクの集まりじゃないですか!・・・ってなやり取りが(大爆

【ラヴェルのSACD】
5039-03ラヴェルのSACD

フランの曲をイギリスのオケが演奏・・・凄く立体感のある再生ですねと・・・このレーベルは版権切れの録音をDSDにしてSACDで出しているとのこと・・・で、さらにFukuさんのディープな背景についての解説があって・・・(@@;

【マルタゴメスのSACD】
5039-04マルタゴメスのSACD

おつぎは、ガラッと変わってマルタゴメスのボサノバ・・・明るくカラッと(^^;

で、そろそろ時間がと・・・ヒジヤンが持参音源をと・・・

【チャンネルクラシックのホルンのSACD】4224-01
4224-01チャンネルクラシックのホルンのSACD

σ(^^)私的には、何となく?多分外部クロック同期してないから?・・・対峙するという感じじゃなく、程よくゆったり聞けていいなと思ったりして・・・(^^;

【アルファクラシックのモツレク】4244-02
4244-02アルファクラシックのモツレク

おつぎはモツレク・・・こっちはさらに規模が大きいので、もう少し解れた方がいいかも知れませんね・・・でも、声楽を聞くにはこのままでもずっと落ち着いて聞けますね!

【この日のセットリスト】
5039-05この日のセットリスト

で、最後、上の画像の右下・・・Fukuさん持参のケリースイートのWe are Oneをオリジナルの弟子の録音技術者が香港でリマスターした盤をオリジナルとの聞き比べ・・・

はっきりクッキリなサウンドですが、リマスターだなって印象(滝汗・・・Fukuさんご自身もオリジナルが好みと仰ってましたが・・・この後、オリジナルを聞いて・・・皆さんやっぱりオリジナルの方がいいなと・・・皆さん、おじさんなんで・・・若いイヤホン、ヘッドフォン聞きの人たちならリマスターを好むかも?(汗

【楽しかったジェットストリームアタック】
5039-06楽しかったジェットストリームアタック

ってわけで、りゅう邸に引き続き?・・・モモンガ邸でもジェットストリームアタックで席を順繰りに交代して・・・やっぱ、部屋の影響って、印象を全く違うモノにも変えてしまうんだなと痛感・・・(滝汗

やっぱ、楽しい時間はあっという間に過ぎちゃいますね!・・・ホント、モモンガさん、皆さんありがとうございましたm(_ _)m

っと、返る間際に教授が・・・外部クロックがロックしましたと・・・おお!P-0が故障してなくてよかった!・・・(^^;

で、ここで皆さんとお別れし・・・モモンガさんとヒジヤンの3人で、夕飯しつつのおさらい会?・・・いやいや、ホントに楽しかったです!・・・(^^;

ってわけで、2日間のうどん国遠征もこれにてお終い・・・σ(^^)私は高速バス、ヒジヤンは飛行機で家路に・・・モモンガさん、丸まる2日間・・・ホントにありがとうございましたm(_ _)m・・・また、よろしくお願いします!(爆

っで、次回は・・・息継ぎネタ・・・いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/

【5038】240108 うどん国遠征:モモンガ邸(3)・・・(^^; 

さて、週明け2日目にして気力・体力の電池切れ(爆・・・なので、自分を騙し騙し?・・・おさらいの続きへサラッと・・・(大爆

と、σ(^^)私的には・・・チタンインシュと御影の音を認識したインパクトが大きく・・・その情報を整理するために頭の中はフル回転中だったんですが・・・(汗

つぎは、クロックやろうよって話になったようで・・・(大滝汗

実は、先のオーディオショウでモモンガさんにお会いした時、G-0sのルビジウムの同期が出来ないみたいで、LEDが点滅するって話を聞いてて・・・じゃ、念のため、不調なのがルビジウム側か、元のG-0sのクロック同期回路側か?を切り分けするために、手持ちの10MHzのクロックを持っていきますよって話をしてて・・・

ただ、当日のこの後の流れが、いつの間にか誤解が重なったのか?・・・ヒジヤンの日記では、σ(^^)私がお楽しみタイムとして主導したことになってますが・・・

モモンガ邸② - オーディオ西方見聞録2024 最終回

σ(^^)私的には、G-0sに、持参した10MHzのOCXOを繋いで、外部クロック入力に切替えて同期するか?を確認して、どこを治すのかを切り分けが出来ればと思って・・・同日記へのコメントで、弁明してますが・・・(滝汗

当日は いつの間にか皆さんの間では、クロックの違いを聞き比べるところからやらなきゃ意味がないって話になってたみたいで・・・(大滝汗

で、まずは・・・P-0の外部クロック入力を切って、内臓クロックでサウンド確認をしようってことで・・・モモンガさんが、P-0の外部クロックINをOFFにして・・・やっぱり、ちょっともっさりして見通しが少し落ちるサウンドになることを確認・・・(汗

で、再びP-0にG-0sを繋いで、外部クロック入力に切替えたところ・・・P-0が、外部クロックに同期しない状態になって・・・(大滝汗

【G-0sは外部同期成功も】
5038-01G-0sは外部同期成功

この間、G-0sと拙持参の自作10MHzの外部クロックは同期することが確認できて・・・G-0sの内臓ルビジウムが不調ってことは分かったんですが・・・肝心のP-0が外部クロックに同期できなくなっちゃって・・・って言うのが顛末で・・・(^^;

このクロック同期の結末は・・・なんと、P-0の外部同期がロックするのに、想像以上に時間がかかる状態になってたようで・・・音会終了時に、教授がロックすることを確認して・・・何とか修理帰り直後のP-0のクロック受け側は、正常なことが確認され・・・ホントにほっとしました・・・って、単に大騒ぎしただけ?(爆

で、実際には・・・一度電源落として、しばらく時間をおいてからやってみようかってことになり・・・その間、シアタータイムへと・・・(^^;

で、トップガンマーベリックを視聴して・・・レンズ能力ではKin-ya邸を上回るので、自然な解像度は高い印象を受けましたが・・・レーザー光源にトータルに進化した機体と、ケーブル類の梃入れが多用されたKin-ya邸のポテンシャルの高さを再認識・・・(^^;

おつぎは、Fukuさんのディスク?・・・4KUHDのコンサートの輸入盤・・・ベートーベンのピアノコンチェルトだったかと・・・DplbyAtomosで聞いたような・・・(爆

っと、ここで教授が到着して、お茶タイムに・・・クロックを今日が見てくれましたが・・・この時点では、やはり駄目・・・(滝汗

と言うことで・・・P-0を内部クロックにしないと動作しないので・・・比べなければ、分からないと・・・再びCDを聞くことに・・・

【サラオレインのANIMA】4640-01
4640-01サラオレインのANIMA

で、まずは・・・サラオレインのANIMAから秋桜を・・・バックのチェロやピアノの低い方の弦の響きが豊かで、とても心地いい感じ・・・(^^;

その後、ジェーンモンハイトのHonysuckle Roseを聞いて・・・もう一度、シェルビーリンを聞いて・・・不調とは言え、G-0sを繋いだ時の優位性を再確認・・・(爆

で、ここから・・・皆さんご持参の音源を聞くことに・・・

ですが、電池切れで今日はここまで・・・なので、ラストは次回へ・・・(滝汗

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/

【5037】240108 うどん国遠征:モモンガ邸(2)・・・(^^; 

少々インターバルがありましたが、インフラノイズさんのブログに、Mさんのアースアキュライザー(EA-1)研究成果が・・・What's Newに試聴感想の返礼品にアイテム(しかも個別にWTPチューンした特別仕様が!)追加されましたね・・・(^^;


さて、これまで独特のシュワシュワサウンドを作り出すアイテムとして、チタンインシュと御影石の効果を認識してはいたのですが・・・今回、偶然そのエッセンスが強調される状態を聞けたことで、初めてその音色の要素を認識することができて・・・σ(^^)私的には、とっても大きなインパクトだったので、ちょっと先走ってφ(..)メモしたわけですが・・・ここからは、本来のおさらいに戻ることに・・・

モモンガさんご自身・・・ちょっと耳に強すぎるギリギリと仰りつつ・・・つぎにかけられたのは・・・佐渡裕

【佐渡裕のBASS&CHORUS】
5037-01佐渡裕のBASS&CHORUS

佐渡裕指揮、シエナウィンドオーケストラ、晋友会合唱団で、カルミナブラーナをちょっとと、アメリカンシンフォニーを・・・

モモンガさんからは、派手なだけですがと・・・っと、ヒジやんが、朝のピント合わせよりこなれて来たと思うと・・・う~ん、皆さん高音が強いと言われてるけどσ(^^)私的にはこれくらいの方が・・・(滝汗

で、もっとうるさいかも知れませんが・・・早い演奏でとカルミニョーラの冬を・・・

【カルミニョーラの冬を】
5037-02カルミニョーラの冬を

うん、あまり意識してませんでしたが、確かに早い演奏ですね・・・と、そう言えばヒジヤンが同じカルミニョーラの別の演奏のハイブリッド盤を持ってきてるのでと・・・

【カルミニョーラで四季】4968-01
4968-01カルミニョーラで四季

ああ、前にヒジヤンちに行った時に着かえてもらったSACD(ハイブリッド)・・・たしか元のCDがあったはず・・・

【ヴィバルディの四季】4117-01
4117-01ヴィバルディの四季

で、こちらの冬は・・・ええ!(@@;・・・同じ奏者でも、こんなに早さが違うことがあるの!?・・・でも、こっちの方が曲の印象が豊かな感じ・・・(^^;

っと、ここで、先のカルミニョーラのバイオリンの高域が、少しきつく感じるとのモモンガさんの話から・・・ヒジヤンの提案で、プチ調整をやることに・・・

実際には、スピーカーのインシュレーターの前2個に、ちょちょっと・・・(^^;

で、この作業をしている時・・・片方のSPのフロントスパイクを持ち上げて、降ろしただけなのに・・・なぜかガタつく・・・どうやら調整前からスパイクの1本が、ちゃんとスパイク受けの窪み入っていなくてロックネジもフリー状態だったようで・・・(大滝汗

ここで、スパイクとスパイク受けの中心をきちんと合わせ・・・これに伴ってスパイクの高さを4本とも合わせて、ロックナットも手で軽く絞め直して・・・

【スパイクの調整】
5037-03スパイクの調整

で、調整が終わって、もう一度早い演奏の方のカルミニョーラの冬を聞くと・・・

皆さん、キンキンだったのが滑らかで凄く聴き易くなったと・・・σ(^^)私的にも、音のインパクトは失われずに、重心が下がった・・・調整の効果もありそうだけど、付帯音的に音が乗っていた音の滲みが無くなったのもあるかも?・・・(汗

ってわけで、澤野工房のミハエルナウラをもう一度かけてもらうと・・・

おお、ピアノの強奏も奇麗でインパクトがありつつ、変な響きもなくなって・・・ドラムやベースも見通しがよくなった!・・・スパイクと受けの整合とロックナットの固定で、滲みが取れ、音がはっきりしたって感じ・・・(^^;

で、確認のため、シェルビーリンをもう一度聞くと・・・

(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)うんうん・・・バスドラが締まって、ベースの音程がはっきりして、見通しがよくなった!

やはり、先のバイオリンのキンキンは、ヒジヤン提案の挿み技の効果で・・・低域の改善は、スパイクの調整とロックナットの効果がかなり大きいようだ・・・(爆

と言うことで・・・ほんのちょっとの調整で、お金もかけずに大きく改善し・・・やっぱり、機器を活かすも殺すもセッティングと調整だなって再認識・・・(滝汗

じゃ、今度は不調のクロックの確認を・・・って話は、次回へ・・・(汗

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/

【5036】240108 うどん国遠征:モモンガ邸(1)・・・(^^; 

う~ん、どうも耳鳴りの調子が戻りません(泣・・・今回体調を崩す前から・・・前回耳鳴りを発症してから、生活上も音楽鑑賞上も全く気にならないレベルには回復してたのですが・・・現状は、仕事で疲れたりすると、肩こり同様リンパの流れが悪くなるからか?・・・ちょっと耳鳴りが気になり出します・・・(滝汗

ストレッチやマッサージで落ち着くと、生活上、TV見たり、漫然と音楽を聴く分には気にならないものの・・・真剣に対峙しようとすると、気になります・・・(大滝汗

ってわけで・・・りゅう邸のおさらいもそうですが・・・以前と同じ熱量でのおさらいが出来なくて・・・冗長、長文&駄文にも至らず・・・なんかサラッとトレースだけした感じのφ(..)メモ程度にしかなってなくて・・・ホントに申し訳ありません m(_ _)m

とは言え・・・進めないと宿題を溜めてるみたいに焦りが増すので(超爆・・・ぼちぼち、サラッとでも、進めていきたいと思います・・・(大滝汗


さて、りゅう邸のジェットストリームアタックでの超楽しい音楽鑑賞を、たっぷり楽しんだ後・・・りゅうさん、Fukuさん、モモンガさん、ヒジヤンと一緒に近くのうどん屋さんで、昼うどんを堪能し・・・(汗

そのままモモンガ邸へと・・・で、毎度のずるっこ・・・ヒジヤンの日記はこちら(汗

モモンガ邸① - オーディオ西方見聞録2024 最終日

【モモンガ邸音会再開】
5036-01モモンガ邸再開

で、朝一のプチピント合わせ後どうなったか?・・・(^^;

【シェルビー・リンのJust A Little Lovin'】3840-01
3840-01シェルビー・リンのJust A Little Lovin

まずは・・・モモンガさんが前回、大阪のオーディオセッションに遠征に来られた際に、中古店でゲットされた盤とのことですが・・・タイトル曲のJust A Little Lovin'を再生されました・・・(^^;

朝のピント合わせに少し馴染みが出たのか?・・・いや、やっぱり何度もお伺いしてますが・・・何度かの部屋の改築・・・フロント正面の木のタイル、左右壁のエコカラット、床材を部屋の前の方だけ・・・次に部屋の後方まで延長と・・・その度に、部屋の音響がガラッと変わってよくなってきたと感じたてたんですが・・・

改築完了後の前回より・・・ケーブルや周辺機器のグレードアップやセッティング調整も相まって?・・・いや、部屋の馴染みも大きな要因かな?・・・前回より、一段といい鳴りっぷりになったなと感じました!(^^;

【藤井寛のコラボレーション】1340-01
1340-01藤井寛のコラボレーション.jpg

つづいては・・・藤井寛のコラボレーション・・・うちにもあるなと調べたら・・・12年前にモモンガ邸に伺った際に聞かせてもらってポチったみたい・・・(爆

当時の記憶はほとんどないですが・・・拙日記の画像を見ると・・・全くの別物!(^^;

【王様席で】
5036-02王様席で

ジェットストリームアタックで王様席に移動すると・・・全体に音数多く響きも包み込まれる感じで、ライブハウスで聞いてる雰囲気になれるサウンド・・・堅過ぎず、適度に生々しい音触もあって・・・

【ミハエルナウラクインテッドのEUROPIAN JAZZ SOUNDS】2726-02
2726-02ミハエルナウラクインテッドのEUROPIAN JAZZ SOUNDS

で、おつぎは・・・結構あちこちで聞く、澤野工房が再発したミハエルナウラクインテッドのEUROPIAN JAZZ SOUNDSを・・・

やっぱり、部屋の改築前の印象からは、音の密度も明瞭度も響きの量も数段よくなった気がしますね・・・現時点で強いてあげるなら、溜めや量感はあるものの、バスドラやベースが、σ(^^)私の好みからるすと、少し膨らむ感じかな?

割に大き目の音量だったのですが・・・ここでσ(^^)私的には、初めての認識!・・・ピアノの強い打鍵の音に、御影石とチタンインシュが、独特の響きが乗ってるなと感じた次第で・・・(汗

でも、実はこの後の調整で、SPのスパイクが緩んでいたのが原因と判明したのですが・・・とは言え、潜在的にこの独特の響きの音色が重骨されているのは間違いないわけで・・・これを超微粒子的に乗せることで、あのシュワシュワサウンドが出来るってことかと・・・σ(^^)私的には、大きな気付きの機会となりました!・・・(大滝汗

で、おつぎは・・・っと、気力の電池切れでつづきは次回、週明け火曜に・・・

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/