FC2ブログ

【3785】181022 SOULNOTE A-2導入拙宅音会(3)劣化の原因判明?・・・(^^; 

さて、σ(^^)私の耳が欲するトランジェントのせいで、眠い音に感じてしまう拙宅システムのサウンドを何とか立った音にしたいと導入したSOULNOTE A-2ですが・・・

導入直後の立った音に比べると・・・いつの間にか元のLuxmanのセパレートとあんまり大きな差が無いんじゃない?って状況になり・・・ひょっとして、この無謀なチャレンジはあんまり意味が無かったのか?との不安に苛まれ・・・(滝汗

またまたσ(^^)私の感覚がおかしいのか?・・・それとも何か原因があるのか?・・・客観的な意見が欲しくて開いた拙宅音会・・・

まずは現状の音をと、オルフェさんとdaisiさんに聞いてもらったが・・・一応、SOULNOTEが立った音がしていることは確認できたけど・・・やはりσ(^^)私が最初に感じたほどのインパクトはないみたい・・・

で、DUSSUNのクリーン電源の影響では?との意見で・・・タップ直に繋ぎ変えて聞いてみるも・・・逆にLuxmanに近付く始末・・・(滝汗

オルフェさんからは、こっちの方が自然で歌詞が聞き取り易い・・・最初は何を言っているか意味が分からなかったと・・・

daisiさんからは・・・DUSSUN経由した方は、バランスがちょっといびつな感じがしたけど・・・タップ直の方はバランスのいびつさは無くなるけどSNが悪くなったのかちょっと滲んだところが出てくると・・・

う~ん・・・ひょっとすると、A-2の入力にあれもこれも繋ぎ過ぎているのかも?・・・導入時の立った音を確認した時は試聴するプレーヤーだけしか繋いでなかったけど、今はVRDS-15はバランスとアンバランス、LHH2000のバランスとUX-1のバランスの4系統を繋いでるし・・・

ま、先に念のため、もう一度DUSSUNを経由した音を確認しときましょうと繋ぎ戻して同じ竹原ピストルのアメイジンググレースを再生すると・・・

あれ?・・・ちょっと音が立った?・・・さっきより結構スッキリした!(@@;

daisiさんが・・・何か最初と違うような気がする・・・ええ加減なもんやなと・・・(^^;

あ!・・・じゃあ、やっぱり繋いでるプレーヤーの影響なのかも?・・・さっきは繋いでるプレーヤーを3台とも電源ONだったけど・・・今は再生してるUX-1以外のLHH2000もVRDS-15も電源を切ってるから違って来たのかも?・・・(滝汗

と、daisiさんが・・・この音ならさっきよりいいですね・・・さっきはホールの感じとかはLuxmanの方が勝ってたけど・・・今のSOULNOTEはホールの雰囲気も出ながら真ん中は一本ピシッと筋が通ってええ感じやなと思います・・・さっきはSOULNOTEを入れる必要はあったのかな?って感じやったけど、これならLuxmanは処分してもいいんと違いますか?と・・・(^^;

そうですね・・・Luxmanのバランスや響きの感じもしつつSOULNOTEのソリッドな芯も出てる感じになりましたね・・・実際のところ、入力4系統を全部繋いだのは、ここ1週間くらいの話しで・・・それまでは2系統までだったんです・・・(滝汗

と、daisiさんが・・・これ聞きながら使ってない入力を抜けます?と・・・

【聞きながら未使用入力を抜くと】
3785-01聞きながら身使用入力を抜くと

今は電源も落としてるし出来ますよと言うことで・・・再生しながら、VRDS-15のアンバランスから抜いて行った・・・

っと、いきなり大きく鮮度がアップしたと感じたと同時に・・・daisiさんからも・・・やっぱり変わりましたよ!・・・音量が上がりましたね・・・やっぱり要らんもんは繋いだらあかんのやと・・・(汗

なるほど!・・・確かに帯域バランスの重心が少し下がって音がしっかり立って・・・でもいびつなエッジ強調じゃなくて、自然な感じのまま芯がハッキリして抜けと広がりもよくなった!・・・そうそう!最初の感じはこんなだったんです!・・・(^^;

あ、やっぱり指摘してもらって、なるほどと腑に落ちました・・・このアンプの天板は、叩いたら鉄板がビンビン響くんですけど・・・固定しないことで音楽の勢いを殺さない、ストレスをかけないチューニングをしているとのことなんですけど・・・天板と同じで、バックパネルにたくさんの入力を繋ぐのも大きなストレスになるってことなんですね(滝汗・・・あ、それにだんだん音が随分澄んで来ましたね・・・(^^;

と、オルフェさんが・・・確かに音量が上がりましたねと・・・

そうですね、σ(^^)私もケーブル抜きながらでも出音の鮮度がよくなったと感じましたから・・・やっぱりファーストインプレッションのこのアンプの鮮度が高く立った音って印象は、間違ってなかったんだ!(汗・・・結局、このアンプはあれこれ繋いだら敏感に音に出るってことなんですね・・・(滝汗

ちなみに、おさらい中の現在・・・この時の原因の一つは、直前に比較実験してたVRDS-15のアンバランスも同時に繋いでいたことと・・・今思うと、この時再生してたUX-1と他の機器の電源系統が別で基準電位が違った可能性があることも影響していたのかな?って考えてて・・・今後確かめて見ないといけないなって考え中・・・(^^;

と、daisiさんが・・・このアンプが入力1系統が一番いいって言うのなら・・・今度はLuxmanのプリにSOULNOTEをパワーアンプモードで繋いで聞いて見ましょうよと・・・(^^;

と言うことで・・・このつづきは次回へ・・・(汗

、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

【3784】181022 SOULNOTE A-2導入拙宅音会(2)カッチリしたけど?・・・(^^; 

さて、ここまでの経緯と今の構成をオルフェさんとdaisiさんに説明して・・・何はともあれ、まずは音を聞いてみて下さいと・・・(汗

送り出しを右のラックのUX-1から・・・CDのおまけのDVDから・・・

【竹原ピストルのGOOD LUCK TRACK】3780-02
3780-02竹原ピストルのGOOD LUCK TRACK

残念ながら、CDがうちではちょっと今一つ上手く鳴らなかったので・・・ライブのインパクトがしっかり出るおまけのDVDの方から・・・強烈な歌詞のアメイジンググレースを再生・・・

う~ん、音会でお客様を迎えると、自分の耳も第三者の耳になるわけですが・・・やはり新アンプSOULNOTE A-2の導入は、全く意味が無かったと言うことは無く・・・以前より、そこそこ音が立つようにはなったのは間違いないようで・・・(^^;

でも、同じくやっぱり導入直後に感じた大きな変化ほどではないみたいだなと・・・(汗

と、daisiさんが・・・このDVDは初めて見るけど、雰囲気は眠いといってた方向から目指した方向になったんじゃないですか?と・・・(^^;

ええ、確かにSOULNOTEでちょっと音が立つようになったんですけど・・・Luxmanで鳴らしても、それほど違いが感じられないと言うか・・・原因は分からないんだけどSOULNOTEの音に近付いた見たいなんですよね・・・(滝汗

で、オルフェさんからも・・・前とだいぶ違うな、随分よくなったんじゃないの?と(汗

うん、じゃあUX-1をLuxmanのプリ~パワーに繋いで、SPケーブルを繋ぎ変えて・・・これで以前のLuxmanでの再生になりますと・・・同じ竹原ピストルを再生すると・・・(^^;

う~ん、やっぱり柔らかい・・・でも、以前ほどには柔らかく無くて・・・結構ましになってる・・・それにLuxmanは音の空間密度が高くて、響きが濃く滑らかで・・・バランスはちょっとだけSOULNOTEより低重心かなあ?・・・(汗

と、daisiさんが・・・似てるっちゃ似てるけど、やっぱり全然違いますよ・・・

ええ、違うんですけど・・・Luxmanは、以前はこんなに音が立ってなくて・・・1ヶ月ほどSOULNOTEで鳴らしてたからSPが動くようになったのか?・・・ちょっと音が立ったような気がするんですよね・・・で、この響きの濃さはこれでなかなか捨て難くて・・・(汗

と、daisiさんが・・・僕が好ましいのは、Luxmanの方で、SOULNOTEはちょっとソリッド過ぎる・・・Luxmanの方が筆が太いし・・・前よりカチッとした気もしますと・・・(滝汗

ああ、なるほどねえ・・・やっぱそう思いますか・・・σ(^^)私もそう感じるんですけど・・・原因が分からないんですよねえ・・・で、音のバランスはLuxmanの方が重心が低くていいんですけど・・・鬼気迫る感じはSOULNOTEの方がしっかり出るんですよねえ・・・(汗

と、daisiさんが・・・でもそれだとSOULNOTEはジャンルが限定されませんか?クラシックは苦手だったりしません?と・・・

う~ん、それが・・・耳がこのところずっとトランジェントを求めてたからか?・・・確かに低域の豊かさはもっと欲しいんですけど、クラシックもSOULNOTEのクッキリ感が、今は心地いいんですよねえ・・・(滝汗

と、オルフェさんからも・・・生々しいと言う感じでは、SOULNOTEの方がいいですねと・・・

そうでうよね・・・でも、導入直後にLuxmanと比較した時は、もっとSOULNOTEは音が立ってて、Luxmanは音が眠くて全然違ったんです・・・だから、ああこれでもういいや!って安心してたんですが・・・ラックを作り直して・・・設置場所を変えて・・・SPケーブルを用意して比べたら・・・いつの間にか、あんまり違いが感じれなくて・・・(滝汗

いつの間にか、この何年も眠いと思ってたLuxmanで鳴らしたサウンドが・・・そこそこカチッとした感じで鳴るようになっちゃってて(汗・・・あ、これを確実に感じたのが、前日くらいからなんですよ・・・(汗

と、daisiさんが・・・電源は前からDUSSUNのクリーン電源経由ですか?と・・・

ええ、前はタップから直接だったのを、今はDUSSUN経由にしたんですが・・・最初の比較は、同じタップ同士で、違いがハッキリ感じられたんで・・・電源が原因ではないと思うんですが・・・まあ、最初の印象はプラシーボの影響もあるかもしれないので、もう一度やってみないと分かりませんね・・・(^^;

じゃ、念のためSOULNOTEをDUSSUN経由からタップ直にして聞いてみましょうかと・・・

【SOULNOTEをタップ直にして】3783-01
3783-01LuxmanとSOULNOTEの比較

もう一度、同じ曲をかけてみると・・・ああ、やっぱり音が滲んでぼやけた・・・

daisiさんが・・・SNが悪くなった・・・でも、これでソリッド過ぎる所が無くなってLuxmanにかなり似ましたね・・・さっきの方が音が立ってて太かったと・・・

う~ん、それだと余計分からなくなりましたね・・・DUSSUN経由せず、同じ電源環境にしたらSOULNOTEがLuxmanに近付いたって事は・・・予想とは逆の結果ですよね・・・(滝汗

と、オルフェさんが・・・これでも自然な音だよねと・・・(汗

う~ん・・・困った!ますますσ(^^)私の思いと違う方向へ?・・・(滝汗

はてさて、一体どうなんだ?・・・つづきは次回へ・・・

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

【3783】181022 SOULNOTE A-2導入拙宅音会(1)構成・・・(^^; 

さて、SOUNOTE A-2を導入して、立ち上がりのトランジェントのよさを求めるσ(^^)私の耳が、ユニットを弄り過ぎて眠い音にしか聞こえないと嘆いていた拙宅SPからも、何とかギリギリ耐えられるサウンドが出るようになったと喜んでいたのも束の間?・・・(滝汗

導入直後の比較試聴では・・・眠い音のLuxmanに対して、SOULNOTEはかなり立った音が出ると明らかな差を感じていたのに・・・1ヶ月近く経って見ると・・・何だか導入直後のSOULNOTEの立った音を、あまり感じられなくなってしまった・・・(滝汗

果たして、新規導入のバイアスから耳が開放されたのか?はたまた耳が慣れたのか?・・・それともこの1ヶ月、新アンプで鳴らしつづけて、SPが少し動くようになったのか?・・・Luxmanのサウンドが、ちょっぴりSOULNOTEに近付いた?・・・(汗

と言うわけで・・・音会で部屋に篭るには勿体無いような秋晴れのこの日・・・オルフェのサンバさんとdaisiさんにおこし頂き、SOUNOTE A-2を導入しての拙宅音会を開いたと・・・(汗

で、お二人には・・・何が何だかわけわからなくなってしまって・・・ひょっとしたらSOULNOTEは導入する必要が無かったのかも?ってさえ考える始末で(滝汗・・・ちょっとお二人の客観的な意見を聞かせて下さいとお願いして・・・(汗

ますは、現在の機器構成を説明して・・・

【新旧の比較環境】
3783-01LuxmanとSOULNOTEの比較

フロントセンターに、今回新規に導入したSOUNOTE A-2を設置し・・・送り出しは、右のラック上段のESOTERIC UX-1と、DUSSUNのクリーン電源の上に置いたPHLIPS LHH2000と、アンプの上のTEAC VRDS-15の3系統を聞き比べられるようにしてあって・・・

A-2とLHH2000とVRDS-15はDUSSUNのクリーン電源から給電し・・・UX-1はLuxmanのセパレートと同じ別回路の電源のテーブルタップから直接供給で・・・

SOULNOTEとLuxmanは、それぞれゾノトーンのSPケーブルでSPに繋ぎ変えて鳴らせるようにしてありますと・・・(^^;

と、daisiさんから・・・これって増えたの?と・・・VRDS-15をご指摘いただいて・・・(汗

ああ、そう言えばそれも言ってなかったですね(汗・・・このタイムスタンプの頃、このブログには、まだ6月の日記をアップしてましたので・・・(滝汗

このブログでVRDS-15の増殖がアップできたのは、この日からまださらに1ヶ月余り後になってからと言うことで・・・この日がお二人へのお披露目だったのです・・・(汗

【3732】180701 また増殖?実家帰りにTEAC VRDS-15・・・(^^; [2018/11/25]
【VRDS-15の増殖】3732-04
3732-04結局増殖!

えっと・・・LHH2000は借り物ですし、貴重な機体ですので常用するには忍びない・・・ってかたまたまDACチップにFN1242Aを使った、このVRDS-15が・・・リモコンが無いから?と、超格安で転がってるのを見つけて(汗・・・思わずゲットしてしまいましてと・・・(^^;

と、オルフェさんから・・・このアンプの台は前からあった?と尋ねられ・・・

前はLuxmanのパワーアンプを棚板の上に御影石を乗せた上に置いてましたが・・・一時期、その上に今と同じくもう1段やぐらを組んでDUSSUN R30iを乗せて比較してました・・・(汗

【3751】180817 やっぱりアンプを修理に・・・(^^; [2018/12/15]
【DUSSUN R30iを修理に】3751-01
3751-01DUSSUN R30iを撤去

それがA-2に入れ替わったので・・・

【3765】180913 届いたCDと新アンプ(ソウルノート A-2)・・・(^^; [2018/12/29]
【SOULNOTE A-2に交代】3765-05
3765-05Soulnote A-2をセット

【3769】180917 アンプの設置変更&ラック準備&届いたレコード・・・(^^; [2019/01/06]
【アンプの位置を入替えて】3769-01
3769-01アンプの位置を入替えて

今回やぐらを作り直して・・・棚板を取っ払って、自作のボードを直置きして・・・A-2とVRDS-15を乗せてます・・・

【3771】180920-23 アンプ比較のためにラックの改修・・・(^^; [2019/01/08]
【組み直した右のラック】3771-11
3771-11ようやく右ラックが完成

で、DUSSUNのクリーン電源をフロントの機器に回して・・・フロントのラックから取っ払った棚板を右のラックに新たに組み付けて・・・Luxmanのプリとパワーを上下に置いて・・・パワーの位置にあったフォノイコの電源とか色々を、その隣のラックに押し込んだと・・・(^^;

と、daisiさんが・・・で、ゆくゆくはA-2だけにしはるんでしょう?と・・・(汗

ええ、そのつもりだったんですが・・・どうも最初感じた差が感じられなくなったので・・・一体どうしたものかと・・・(滝汗

ってわけで・・・まずはちょっと聞いて下さいと・・・つづきは次回へ(汗

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

【3782】181020-21 実家でRFTの再確認&自宅の実験環境テスト?・・・(^^; 

さて、なんだかすっきり進まない3ヵ月遅れのパラレルワールド・・・息継ぎネタでぐずぐず進んでますが・・・本日も似たようなもの?・・・(滝汗

この日は・・・実家の補修と町内会の勤労奉仕?・・・って一般的に書いてますが・・・(汗

その実・・・実家裏の農具小屋の屋根が、前の台風で剥がれかけたんですが・・・いつ潰れてもおかしくない小屋ゆえトタン屋根の貼り変えなんて勿体無さ過ぎ・・・(滝汗

なので、今度の突風でトタン屋根が飛んでって近所に迷惑がかからないように・・・防獣ネット3枚で覆ったんですが・・・おふくろから、風邪が強いと間がバタバタするとのクレーム(汗

で、まずは潰れそうな農具小屋のトタン屋根に上って連結する作業を・・・(疲

おつぎは・・・実家の前の空き地の生垣が鬱蒼としてるとおふくろからのクレームで・・・その刈り込みと・・・生茂るバランの引き抜きを・・・で、握力ゼロのヘロヘロ状態に・・・(汗

で、休憩がてら・・・Fさんから借りっ放しで、今度お返しするRFTのSPをちょい聞き・・・

【実家でRFTを再確認】
3782-01実家でRFTを再確認

って、このSPは・・・4ヶ月ほど前にお借りして・・・それまで借りてたSABAのSPと入れ替わりでお借りしたんですが・・・

【3711】180617 実家で試聴(ドイツSPとLHH2000とAC iPurifier)中編・・・(^^; [2018/11/02]

やはりこのバランスは、基本として耳に焼き付けておかないと・・・(汗

と言うのも・・・このとき大阪の自宅の音がだんだんわけ分からなくなって来てまして・・・と言うのは、音を立てるために導入したSOULNOTE A-2とLuxmanのプリ・パワーのサウンド傾向が、自分の中で上手く整理がつかなくなったと言うか・・・一長一短?って感じに・・・(滝汗

で、実は、このあといつもの音友達に来てもらって、どんなもんかな?って聞いてもらうことにしたんですが・・・(^^;

ま、自分の耳も、出来るだけニュートラルにしておかないとと・・・(汗

ってわけで、KEFのC95とRFTのバランスをしっかり聞いて・・・この夜は・・・

おやじの百箇日法要と兄弟家族とで夕飯食って・・・(^^;

で、翌日は早朝から・・・実家裏の川の川ざらえ、浜の草刈、堤防の草刈と・・・デスクワークのサラリーマンにはめっちゃ厳しい、超ハードな肉体労働を・・・(激疲れ

特に川ざらえで、おふくろがクレームを言ったばかりに・・・掻き出した泥を離れた場所へ運ばなきゃいけなくなって・・・例年の10倍以上の肉体労働に・・・(ヘロヘロ

ってわけで、一連の町内行事を終えて・・・もう体が持たないと、実家の雑用は放棄して・・・早々に大阪の自宅へ逃げ帰って即座に爆睡・・・(滝汗

で、ひと寝入りしてから・・・おもむろに翌日の音会に向けての準備を・・・(汗

まず、SOULNOTE A-2から直接と・・・LuxmanからのSPケーブル(ゾノトーン)を用意して・・・

軽く聞き比べ・・・あれ?・・・やっぱり、何かあんまり違いがない?・・・(滝汗

そう、SOULNOTE A-2を導入した直後は、立ち上がりが、以前に比べると随分カチッと立ったと大喜びしたんですが・・・(^^;

日を経るごとに?・・・いつしか気が付くと・・・何か、あんまりソウルノートとラックスの違いが感じられなくなってて・・・(汗

確かに、SOULNOTE A-2の方が音がカチッとしてるんですが・・・Luxmanの方は、響きが豊かで外の包囲感が高く、音自体も上質に感じられる気が・・・(汗

う~ん、困った!・・・これだと気持ちよくSOULNOTE A-2に一気に入替え!ってことには・・・どうも踏ん切りが付かない状態・・・(滝汗

と言うことで・・・いつもの音友達に来てもらって・・・客観的な意見を貰おうと・・・(^^;

で、次回は、拙宅音会のお話しへ・・・(汗

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

【3781】181017 実態顕微鏡作業時のツール入手・・・(^^; 

さて、リアルタイムの風邪症状はかなり回復基調で・・・あと少し喉と鼻がスッキリしてくれればいい感じになりそうなんですが・・・(^^;

で、タイムスタンプのこの頃・・・って、相変わらず3ヵ月遅れ・・・秋真っ只中?(滝汗

普段は事務方なんですが、たまたまこの時、埃やカビの多いところでの作業が続き・・・喉と鼻が不調?・・・なんか今と似てる?(汗

ちょっとヘロヘロだったこともあり・・・帰宅後は、ぼーっとCDを聞く毎日・・・いや、レコードをかけるだけの元気が無かったのが本音・・・(汗

で、一昨日の実態顕微鏡の導入で、ちょっと何とかしなければってことがあり・・・(滝汗

思いつきでぽちったモノが届いたと・・・(^^;

【部品の保持具と精密ピンセット】
3781-01部品の保持具と精密ピンセット

えっと・・・そのものズバリで・・・カートリッジの針清掃の際、シェルを何かで押さえないと針の掃除が出来ない・・・ってわけで、一つは、はんだ時の治具(左)をゲット・・・(汗

で、もう一つは・・・精密ピンセットのセット?で・・・

カンチレバーの隙間や針のゴミを取り除いたり・・・こそぎ落としたりできないかな?とゲットしてみました・・・(^^;

でもって、さっそく試してみたんですが・・・(汗

治具の方は・・・保持方法がワニ口クリップなので、シェルにキズが付く・・・(滝汗

ピンセットは・・・慣れれば使えそうですが・・・思ったよりピンセットの先端と針の先端のサイズが近く・・・実態顕微鏡の向こうの距離感が掴み難くて・・・危険と表裏一体(汗

ただ、どちらもあれば合ったで、使い方を工夫すれば、何らかの役には立ちそうなので・・・まあ、よしとしときましょうか・・・(^^;

と言うことで・・・ぼちぼち慣れつつ使いこなしていくってことに・・・で、本日のお話しはお終い・・・(滝汗

ま、こんな日もあると・・・お許し下さいm(_ _)m

じゃ。次回は?・・・なんですが・・・実家でプチ確認のみ・・・(滝汗

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

【3780】181014 やっぱりWFR外す&届いたCD+DVD・・・(^^; 

さて、リアルタイムの風邪症状は、ようやく改善方向へ・・・早く体力・気力減退からのグダグダ状態から脱出しないと!・・・やりたいことは一杯あるし!(^^;

と、さて置き・・・タイムスタンプの頃は・・・前日、実家のエンジン式の草刈機が不調で・・・ってもうかなり騙し騙し使って来たのでいよいよお役御免かと・・・

ってわけで、実家近所のホームセンターで草刈機をゲットして・・・実家の裏の農作業小屋と畑の周りの草刈を・・・う~ん、やっぱ無名メーカーの廉価機種はそれなり?・・・エンジンのバランスが悪く1時間あまりの草刈で、手がジンジンしびれる始末・・・(滝汗

で、大阪の自宅へ戻って翌日・・・う~ん、なんかガッツが減った?・・・(汗

何でしょう?・・・眠い音に感じちゃうσ(^^)私の耳が求めてるのがどうやら立ち上がりのトランジェントのようだと認識して・・・最後の一手・・・頼みの綱としてSOULNOTE A-2を導入したことで、弄り過ぎて眠い音になったうちのSPでも、辛うじて聞けるレベルにはなった・・・

はずだったのですが・・・何か物足りない?・・・もう耳が慣れた?・・・(滝汗

で、ふと気になり始めたのが・・・WFR・・・

音の純度?・・・濁り?滲み?が減るのか?見通しがよくなり、広がりが感じられ・・・特に低域の見通しがよくなるところは非常にいい感じなんですが・・・

雑味?濁り?が粗さ?強さ?に感じられるのか?・・・それともやはりこの手のアイテムの効果副作用?・・・立ち上がりのピークが大人しく感じられる?・・・(汗

ってわけで・・・やっぱりしばらく入れてたWFRを外すことに・・・

【WFRを再び撤去】
3780-01WFRを再び撤去

σ(^^)私の耳が欲する音が尋常ではない?現代の普通のSPでは出ない音を求めてる?・・・ま、そんな方向性の違いからか、無理矢理稼いだピークの刺激が弱まると物足りなく感じてしまうってことなのかなあ?・・・(汗

ま、結局のところ、今のσ(^^)私には、まだまだWFRの使いこなしが出来てないってことなんでしょうね・・・(滝汗

で、リジッドに戻したと言うバイアスからのプラシーボか?・・・何とか元のギリギリながらカチッとしたイメージに戻ったかな?と言う感じに・・・(^^;

と、この日はCD+DVDが届いてて・・・

【竹原ピストルのGOOD LUCK TRACK】
3780-02竹原ピストルのGOOD LUCK TRACK

これまで何度もポチろうかと思いつつ、何故か思いとどまってた竹原ピストルのアルバムなんですが・・・決め手は+DVDの方のライブソースに聞きたい曲が揃ってたこと・・・(^^;

多分、この人の魅力はライブだろうって認識はあって・・・それゆえCDをポチるのをずっとためらってたんですが・・・ライブ映像ソースはなくて・・・いずれもCD+DVDのかたちで・・・

で、このアルバムの+DVDでようやく聞きたい曲が一通り入ったライブ盤になってたので・・・

ってわけで、さっそく+DVDを見てみると・・・おお!いいですねえ!(^^;

出来るなら、ガツンと感じられる音量で聞きたいものですが・・・集合住宅では難しくて・・・やっぱそれゆえ立ち上がりのインパクトと中低域の厚みと濃さを過剰に求めてしまうのかもしれませんね・・・(汗

で、+DVDでとっても満足した後・・・止めとけばいいのにCDを聞いたんですが・・・

これをライブDVDなみにガツンと鳴らせないと駄目なんでしょうか?・・・今のうちのシステムでは、到底たどり着けないほど情けない音で・・・(滝汗

これが打開できる鳴りっぷりに出来たら、うちのシステムへの不満がほとんど無くなるんですが・・・まだまだ修行が必要なようで・・・(^^;

と言うことで、今日のお話はこれにてお終い・・・

次回は?・・・もっと息継ぎネタ・・・(滝汗

いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

【3779】181011 届いたのは実態顕微鏡!・・・(^^; 

さて、リアルタイムの風邪は・・・しんどさはましになって来たものの、まだ鼻がズビズビで咳も時折・・・しつこいなあ!・・・(汗

ってわけで・・・と言うわけではないのですが(汗・・・本日のお題も息継ぎネタで・・・

タイトルの通り・・・到着!・・・でお終いなんですが・・・(滝汗

まあ、毎度のごとく・・・備忘φ(..)メモとして・・・(^^;

モノタロウから届いたのは・・・こちら・・・

【モノタロウから】
3779-01モノタロウから届いた荷物

箱の中身は?・・・って、タイトル通り・・・(^^;

【実態顕微鏡】
3779-02実態顕微鏡

モノは、実態顕微鏡で・・・老眼が進行して細かい作業がおぼつかないので?・・・(汗

特に、カートリッジの針の清掃とか・・・LSIのはんだとか・・・って、もうはんだは無理ですが・・・せめて針の掃除にはと・・・(^^;

以前は、ルーペ代わりに単眼式の顕微鏡を使ってたんですが・・・(汗

一応、Kenkoの20倍~40倍の顕微鏡と書いてあったものの・・・プラスチック感満載のおもちゃでして・・・って、たかだか1,000円余りの金額に文句言っちゃ駄目ですよね?・・・(滝汗

で、単眼ゆえ、対象物を上手く固定して、目をいいところに持って行けば・・・針の清掃状況くらいは確認出来るんですが・・・

単眼で、上手く位置調整が出来ないと見えないので・・・見ながら清掃作業をするなんて到底無理でして・・・(汗

ってわけで、以前から実態顕微鏡が欲しかったのですが・・・NIKONとかのちゃんとしたモノは非常にお高いし・・・

で、偶然他のパーツを探してて見つけたのが・・・今回の実態顕微鏡!

何とモノタロウの特売とキャンペーンを合わせると2割引になって・・・KENKOの10倍程度で買えちゃうタイミングで・・・思わずぽちっと・・・(滝汗

【作業用なんでしょうね?】
3779-03作業用なんでしょうね?

なるほど、細かい組立作業とかで、工場で使うこともあるからか?・・・(^^;

で、発泡スチロールの箱から取り出してみると・・・

【意外に作りもしっかり】
3779-04意外に作りはしっかり

思ったよりも作りはしっかりしてて・・・直ぐに壊れる感はないみたい・・・(^^;

ま、厳密には・・・対物レンズと対象物の間が、作業するには少し狭いかも?とか・・・作業台がもっと大きい方がいいかも?とか・・・接眼レンズを変えて倍率が変えられたらとか・・・欲を言えばきりが無い・・・(滝汗

で、針先をブラッシングした状態のカートリッジ(SONY XL-MC5)の針先を・・・普段使いのコンデジで・・・マクロモードで片方の接眼レンズの上から撮影すると・・・

【掃除後の針先】
3779-05清掃後の針先

一応、ゴミは取れてますが・・・カンチレバーの腐食?は結構ありますね・・・(汗

それに・・・針先は、パッと見は透明で綺麗だけど・・・円錐状のところがはんだメッキしたみたいに銀色に光ってるのは?・・・これって何か付着物?それとも磨耗しているから?

ああ・・・この辺をしっかり見るのにライトがいるんですね?・・・さすがに蛍光灯の光ではハッキリ分からないし・・・

手で上手く保持しないとピントが合わないのは・・・単眼式のときと同じなので・・・何か対象物を固定する治具が要りますね・・・(^^;

ってわけで・・・針先の清掃状況チェックには使えるかな・・・で、お終い(^^;

次回は・・・実験結果とソースの話?で息継ぎ・・・(汗

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~